ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

日曜はTI VEDO 最終日..
at 2018-07-17 13:21
Cangoxinaと、お休み..
at 2018-07-16 23:09
土曜日、誕生日晩餐
at 2018-07-15 18:13
誕生日の夜はStaatsop..
at 2018-07-14 23:51
7月13日、58歳になりました。
at 2018-07-13 13:13
(続)ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 10:21
ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 09:39
手軽だから、安易ではいけない。
at 2018-07-11 10:22
Salvatore Scia..
at 2018-07-10 19:43
Hohenlohe 音楽祭
at 2018-07-09 23:46
立派な桐の箱
at 2018-07-08 23:35
7/6 義父の誕生日
at 2018-07-07 23:45
続ちょい呑み。
at 2018-07-06 23:57
ちょい呑み、おやつ代わり。
at 2018-07-05 23:38
この秋のAMPELMANN室..
at 2018-07-04 09:02
WM vs.ベルギー
at 2018-07-03 20:20
ラグーの仕込み
at 2018-07-02 17:52
プレミエ前にシャリーノオペラ..
at 2018-07-01 09:49
カラヤン指揮でバイエルン国立..
at 2018-06-30 17:05
土曜日、10時からですin文京区
at 2018-06-29 23:16

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56
ありがとうございます!L..
by Toruberlin at 23:25
yuさん、コメントありが..
by Toruberlin at 17:18
お、コメントありがとう!..
by Toruberlin at 21:00
激しく同感だったわ(#^..
by 材木屋茶人 at 02:16
みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01
TORUさん 帰国..
by S野 at 10:22

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2018年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

カラヤン指揮でバイエルン国立歌劇場!のチャンス。

c0180686_00182028.jpg
c0180686_00180458.jpg
昨日、金曜日からシャリーノオペラはステージリハでした。
改装終えてオープンしたベルリン国立歌劇場、ピットには上の写真の建物から入ります。
その地下通路を(当時はまだ古い地下鉄の通路みたいな雰囲気で水漏れ箇所もあった)通って歌劇場に案内してくださったのは80年代のインテンダントでした。そう、30年以上前の話ですが、それ以来初めて!いや、オペラ観劇には来てましたが舞台やバックステージ、オケピットは30数年ぶりでした。
c0180686_00175182.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-30 17:05 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

土曜日、10時からですin文京区

c0180686_07120293.jpg
Tokyo2020オリンピック・パラリンピックのドイツホストタウンである文京区。
地下鉄茗荷谷駅から近い教育の森にある文京区スポーツセンターリニューアルオープンに合わせて、ドイツ祭りが9/30土曜日、1日限りで開催されます。
4月にアンペルマン生誕の地であり、半生を文京区に暮らした鴎外が留学中に居住したベルリン・ミッテ区から贈られたAMPELMANN信号機もお披露目されます。
文京区観光協会によるアンペルマングッズ販売。またスタンプラリー「アンペルマンを探せ!」もお楽しみください。

詳しくは文京区HP↓をご覧ください!
「鴎外の縁で繋がる日独3自治体の友好交流」
森鴎外が生まれた津和野町、留学時に住んだベルリンミッテ区、半生を過ごした終の住処・文京区。
信号機贈呈は鴎外記念館を有する日独3自治体の友好交流の一環でもあります。

10月3日、4日は鴎外の留学生としての後輩である私がベルリンの仲間たちと訪日して室内楽コンサートを文京シビック小ホールで行います。メインはF.シューベルトの名曲、ピアノ五重奏「鱒」
近日、ご案内いたします。
c0180686_07214811.jpg










by Toruberlin | 2018-06-29 23:16 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

Ensemble L'estroArmonicoBerlin

c0180686_08100317.jpg
c0180686_08095523.jpg
Ensemble L'estroArmonicoBerlin(ベルリン調和の幻想アンサンブル)ヴィヴァルディの作品から戴いたアンサンブル名です。バロック作品を演奏するときの僕のアンサンブルの名前で、KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioとアンペルマン室内楽と同じです。室内楽のための集まりです。
7/7にフランケンの音楽祭で演奏します、場所はWeikersheim。ロマンティック街道に近い古都、街の中心の大教会でバッハからモーツァルトのプログラムです。
トランペットの友人ヨハンがレオポルトMの協奏曲を吹き、ソプラノとトランペットが活躍するバッハのカンタータとモーツァルトのExultate Jubilate、そして私が選んだAdagio e Fugeを弦楽器5人で演奏します。
2012年のアンペルマン室内楽でも演奏しましたが、Mozartにしては重い作品です。エレガントでsempliceに弾かなければいけないのは変わらないのですが「軽やかさ」とは無縁。柔らかい音で荘厳に演奏するAdagio。フーガはかなり複雑ですが、やはり丁寧にかっちりと、しかし各人は自分のパートを長いフレーズで歌い、周りの音楽と絡める。複雑ながらもクリアに聴こえてくる瞬間が弾く度に増えていきます。フーガはテーマだけ出てきてもダメ、テーマは放っておいても聴こえるくらいのバランスで、テーマ以外もしっかりと歌い弾ききる。そしてフーガも、やはり軽やかに先に行く音楽じゃなく、たっぷりと弾きながらハーモニーが重なり音楽が広がっていくのを楽しむ。素晴らしい作品です。
アンペルマン室内楽、この秋はピアノ五重奏でヴァイオリンは一人。弦楽五重奏の編成の時にEine kleine NachtmusikとこのAdagio e Fuga、同じモーツァルトでも全く違う作品を対比させるプログラムはいつかやろうと考えています。それにヒンデミットを加えての前半、後半はドヴォルザークかシューベルトの弦楽五重奏。来年か再来年か、、、。
c0180686_08094715.jpg
昨日はこのAdagio e Fugeを中心に練習しました。メンバーも僕は知ってるけれどお互いは初顔合わせ。
c0180686_08093588.jpg
c0180686_08091145.jpg
音楽へのアプローチはたくさんあります。それをオーケストラでは指揮者が担うわけですが、室内楽では全員で。でも方向を決めるのは音楽監督、みんなの力を借りて今回は(僕が主催のアンサンブルは)僕が担当します。
c0180686_08092740.jpg
みんな弾けるメンバーですから必要最小限の提案をし、どうしたらコンセプトに近づけるか?問題箇所は分解して弾いてみる、全曲をテンポはそのままでpで弾くのも◎です。それを二回やったら、かなりクリアに、お互いが理解できます。
日曜日は全員でのリハをクロイツベルクの教会で行いますが、ほかの3曲のあとにAdagio e Fugeも各人がこのコンセプトで研究して来ての合わせをやります。
c0180686_08092029.jpg

18時集合で90分かけて10分足らずの作品を練習し、あとはバッハをさらっと通しました。20時前に終了。
c0180686_08085587.jpg
ヴァイオリンのTは拙宅は初めて(チェロのTも2回目ですが)ソファに座って赤ワインで乾杯しました。
c0180686_08084760.jpg
シチリアのネロダーヴォラ開けて、歓談。さらっと飲んで皆さん帰宅。チェロのTには残ってもらい新しく届いた楽譜を渡しました。そう、彼がこの秋、一緒に日本に行きます。まだ経験は浅いけれど、きっと楽しいコンサートになります。
8月はベルリンにいるというので、ロッシーニのデュオ、ロンベルクのトリオなどを二人でじっくり研究します。
この時はヴィオラのY子ちゃん(本当はヴァイオリン)たちは廊下で立ち話でした。それで男三人でお先に乾杯!
楽しいリハーサルでした。
c0180686_08083741.jpg










by Toruberlin | 2018-06-28 23:05 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

シュターツカペレ

c0180686_07505400.jpg
ベルリン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ)で今月多く弾いてます。イタリアの作曲家シャリーノのオペラですが、僕が出る5回のリハ(今のところ)の倍以上のリハと5-6公演が7月にありますが、7/7のプレミエだけ時間の都合がつかなく、お断りしました。二年前も行ったフランケンの音楽祭、弦楽器は僕が集めたし、先約のそちらを断るわけにはいきませぬ。ちょっと残念だけど、、。KBはピットに3人、舞台横に並ぶソリストアンサンブルに1人。3人が交互に出られない日があり(団員のA.S.だけ、ちゃんと全てに出てる)その代わりに僕がリハに出ています。プレミエに出られないからオファーを受けられなかったのですが、ほかの公演でももしもの時には、これはリハに出てないと飛び入り参加は難しいから、もしかしたら改装後のオペラハウスでの出演もあるかもしれません。そしてオケとソリストアンサンブル両方の経験は、僕だけです。
c0180686_07504601.jpg
初めて弓を忘れた火曜日、水曜日は忘れませんでした。
c0180686_07503634.jpg
もう30年近く弾いてるヘドヴィヒ大聖堂のお隣です。真ん中の建物にたくさんのリハ室があり。その地下からオケピットに続く通路があります。金曜日はピットでの演奏ですが、あの通路を前回通ったのはまだ東独時代でした。当時のインテンダント(支配人)にご案内いただいたのでした。きっと改装後は見違えてるでしょう。楽しみです。
c0180686_07503058.jpg











by Toruberlin | 2018-06-27 23:44 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

cangoxina

c0180686_10033564.jpg
今日もベルリン国立歌劇場でリハーサルでした。
ミラノ・スカラ座で初演され7月にStaatsoperで演じられるSciarrinoのオペラ、その時期にバレンボイムとシュターツカペレはブエノスアイレス公演があり、現代曲に明るい奏者が多くゲストに入ります。
KBは舞台上(ソリストアンサンブル)にひとり、ピットに3人。前回はソリストアンサンブルでしたが今日からはオケで弾きました。
3週間前に急のオファーを受けた時、プレミエだけが南ドイツの音楽祭と重なっていて変更できず断ったのですがリハに1回出て(指揮者は僕が出演すると思ってた)今週はオケパートでリハに3回、土曜日にはまたソリストアンサンブル、と5回のリハに出る予定です、少なくとも。本番には出ないので何とも変な感じですが、でも他の弦セクションも前回とはかなりメンバーが違う。急になんかあっても代役で初見では弾けない(スタンダードじゃないから)からかもしれません。僕も、もしもの時には代役となります。7/7のプレミエはヴァイカースハイムでバッハやモーツァルトを弾いてますが、その後に5公演あります。
今日は歌手も勢ぞろい、オケだけとは全く別モノ、なかなか面白い通しリハでした。コントラバスのハーモニクスで歌手が音程を取る箇所がいくつかあり、最後の15分はオケのコントラバス3人、ソリストアンサンブルのチェロ二人と歌手三人で合わせでした。スカラ座での公演を生かし、作曲家が書き加えた音を試しました。僕らが出す超高音(ハーモニクス)と歌が同じ音程で、ソリストアンサンブルのソロチェロは四分の一音ずれる。歌が僕らと同じ、そこに加わるもう一人の歌がソロチェロと同じ音程、書いてある通りに合うと、面白い効果がありました。
ハーモニクスを飛ばして、離れた歌手に伝えるとは、なかなか面白い使い方です。
c0180686_10035031.jpg
今日は公共交通で出かけました。オペラ座の練習所に楽器は置いておけるしワールドカップでブランデンブルク門近辺は通行止めで車での移動はいつもより混んでいるのと、駐車場所を探すことを考えたら、と電車を選びました。
しかし大失敗。
1981年12月にフィルハーモニーでオーケストラ初舞台を踏んでから足掛け37年のコントラバス奏者生活で
今朝は初めて、弓を忘れました。
Hillの五弦はケースに入れたままでした。DSOに置いてあるHawkesパノルモのようにネックにくくりつけておいたと思ったら、前回は革製の弓ケースだったのか?、その弓で他の五弦を弾いたときに出したのだと思いますが、無かった。家を出る前に確認するのが常ですが、今朝は何故か怠りました。
今日は隣で弾いたカンマーフィルで昔一緒に弾いてたA.S.がロッカーに持ってる予備を借りました。
普段は必ず2本は持っていて、それは常に舞台にも持ち込んで、DSOの本番直前にグレゴアが弓を張ったらオールドプレッチナーのネジが折れ弓が使えなくなり、僕のを渡してオケを邪魔することなく本番が始まったことありましたが(これは経験から、ベルリンフィルで一度、自分の弓のネジが折れ、もう一本持っていて支障なかったことがありました。それ以来必ず舞台には予備を持ってます)楽器を持って行ったのに弓が入ってない!?なんてことをしでかすとは思いませんでした。気をつけなければなりませぬ。

夕方帰宅して、やらねばならぬことはありましたが、呑んじゃいました。
c0180686_10355070.jpg
前割りってご存知ですか?焼酎は25度、それを水割りやお湯割りで呑む人は多い。飲むときに割るんじゃなく、先に割っておいて2-3日は置いて馴染ますと、美味しくなるんだそうで九州では知られた呑み方らしい。前割り、大石酒造の検定酒でやってみました。40度の焼酎だから、20度くらいになったのかな?
c0180686_10360920.jpg
この写真は今夜じゃありません。
確かに美味しくなる!お湯割りじゃなく、これをお燗にしたら良いかもなー?僕は焼酎は基本割らないので少し物足りなくなりました。普通の焼酎は25度、それを割ったらもっと軽くなる。もともとウイスキーでも水割りは好みませんが、前割りしたのは燗で飲んでみます。
で、今夜はKagodonの鹿児島からのお土産Cangoxinaを開けました。
もちろんロックで。かなり芋っぽくて美味しい!Cangoxinaは「せごどん!」で薩摩の殿様がせごどんに渡した布に書かれていた文字ですが、大河ドラマよりも前にこの焼酎はあったそうです。クセのない酒も良いですが、芋焼酎はこのくらいあるのが美味いなー。
ボトルもお洒落です。Kagodon、ありがとう。
c0180686_10032588.jpg








by Toruberlin | 2018-06-26 21:58 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

SAMURAI BLUE 善戦しましたね!

c0180686_05430621.jpg
同じ街ベルリンで日本を応援してれたイタリアの友人の書き込み「日本素晴らしい!良く戦った!」とインスタに記してくれました。
c0180686_05425937.jpg
僕らはKneipe(呑み屋)で応援しました。天気が良ければ外で観たかったんですが、ベルリンらしい寒々しい小雨の日曜日でした。アイリッシュパブでレッドエールとギネスを楽しみながらの応援でした。
男三人で。左は北九州出身のK大くん、右はお馴染みの時計職人Kagodon、鹿児島出身の彼も「大迫半端ない」の大迫くんです。
c0180686_05425289.jpg
日本戦ですから店は空いてました、特等席確保。試合が始まった頃には3-4テーブルフルに埋まりました。そして嬉しいことにみなさん日本贔屓、点が入るごとに大歓声!本田のゴールあとは「もう一本!!」の声。
c0180686_05424538.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-25 22:38 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

1日練習しないと、、、。

c0180686_22142668.jpg
1日練習しないと1週間後退する

って、まことしやかに言われてます。
まあ、練習しない若者への戒めとして使われるのだけれど
そして初心者には「毎日」は必要かもしれない。
いつでも大事なのは時間や回数じゃなくて、その質だけれど。


More
by Toruberlin | 2018-06-24 10:07 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)

(続)お菓子教室ランチ編

c0180686_04535762.jpg
c0180686_04533129.jpg
2時間ちょっと前までは胃痛からの体調悪しだったんですが、気分良ければ(「喉元過ぎれば熱さ忘れる」の例え通り)お茶も白湯も飲んでないのに、早速プロセッコです。しかも冷えていて美味かった!
c0180686_04531371.jpg
写真はAちゃんと交代。ホルンの彼女、近頃上手くなったなー、と思ってたら2年間北のほうのシュターツカペレの契約団員となりました。帰国しようか?と迷ってたギリギリの快挙!これでオペラ勉強して2年の間にきっと就職決まります。
c0180686_04533919.jpg
T子さんとふたりで。行動力あり溌剌な彼女、室内楽コンサートにもよく来てくれます。
c0180686_04530483.jpg
c0180686_04525530.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-23 13:37 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

お菓子教室

c0180686_04582271.jpg
不定期開催のお菓子教室、水曜日でした。
10時から約2時間、そしてランチを楽しんで、作ったケーキを紅茶と(またはお持ち帰り)デザートまでの5時間の会です。メインは毎回2種類のケーキ作り、なのですが、ほぼ同等のメインになってるのがランチです。なぜか僕が担当。
楽しいから良いのですが、お肉を食べられない方の参加があったので朝に市場に行ってあんず茸かトリュフ、もう一皿はヴォンゴレか?と考えてました。
しかし夜中に胃痛、胃痙攣。背中まで広範囲に痛んで、ツボを押しながら4時過ぎに寝入り、しかし7時過ぎにまた痛みで目覚めました。完全にお休みか、僕だけ皆さんに会わないか。とにかく買い出しは無理でした。
ありがたいことに9時過ぎには収まり、材料があったアンチョビとケッパーでトマトソースを作り、ほぼ回復したので0945にシャワーを浴びてみなさんをお出迎え。その後は痛むことなく、でも食べる気にもならなかったのでランチは6人に僕がサーヴするというスタイルにしました。一緒に食べるのも楽しいのだけど、調理してサービスに徹するのは、ある意味楽です。自分が食べないから話と手を動かす余裕が増える。
夜中の胃痛は、晩ご飯に鯖の押し寿司を食べたのでアニサキスを疑いました。目視では居なかったけれど、、、。でも3時間、その後も短時間で治るわけがない。その後も復活、1日半、ほとんど不食でしたが、それもまた心地よかった。
c0180686_04564968.jpg
さて、お菓子教室はプラムタルトとティラミスでした。
c0180686_04564233.jpg
c0180686_04563444.jpg
c0180686_04562608.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-23 00:13 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(0)

真っ赤なスポーツカー

c0180686_01071020.jpg
サマートリュフが美味しい季節です。
有名なトリュフは秋の白と黒ですが、僕は今のトリュフも好き。香りが低いから価格も低いのでしょうが、そこが良い。香りが控えめだと味が引き立つ。ナッツのような味!そして安価だからたっぷり使ってパスタを食べられます。
100gで24ユーロ、これで30gくらいですから6ユーロくらいです。
c0180686_01060064.jpg
さっき横から聞こえた朝の連ドラの台詞
還暦には赤いチャンチャンコじゃなしに
赤いスポーツカー、買う!

いーなー、僕も2年余り。
赤いスポーツカー、買おう!
古いジュリエッタが赤が一番似合うか?
またはジャガークラシックのE-Type (フル電化)
新車に縁がなかった人生、新車をもし買うなら、そんくらい極端なのも良い。

この真っ赤なトマトのようなイタリアンレッドのスポーツカー。
ま、希望です。
c0180686_01054947.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-22 18:01 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)