ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Britz城コンサート 12/9
at 2018-12-12 23:07
クラブハウスコンサート
at 2018-12-11 23:24
美味しいことはたくさんあるけ..
at 2018-12-10 15:33
湯島のBARへ 11/2
at 2018-12-09 14:18
妻恋坂けい吾 11/2
at 2018-12-08 14:39
土曜日の室内楽
at 2018-12-07 19:15
古橋さんとの週末Vol.2
at 2018-12-06 00:13
今年初めてのクリスマスマークト
at 2018-12-05 19:33
古橋さんとの週末Vol.1
at 2018-12-05 10:04
初陣Tasting@SAKE..
at 2018-12-04 16:37
津和野地酒初陣の古橋さん来伯
at 2018-12-03 23:59
森の中の湖畔散歩
at 2018-12-02 23:28
味噌ラーメン
at 2018-12-01 23:10
飯田橋の「島」から靖国神社を..
at 2018-11-30 23:52
昼は谷根千、夜は有楽町から飯..
at 2018-11-29 23:54
Mozart 歌の伴奏は楽しい。
at 2018-11-28 23:51
長いリハーサルの〆はラーメンで。
at 2018-11-27 23:56
Renzが造ったコントラバス弓
at 2018-11-26 23:42
アパート晩餐 10/31
at 2018-11-25 23:47
東麻布の極上鮨へ 10/30
at 2018-11-24 23:55

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 17:41
美食三昧の1週間でした(..
by 古橋貴正 at 23:08
午後に成田着、羽田に移動..
by Toruberlin at 17:33
今回は短いご滞在でしたが..
by Toruberlin at 17:29
ウエルカムビール、格別な..
by 古橋貴正 at 08:33
昨日遅くに津和野に帰って..
by 古橋貴正 at 08:30
そう思ったら、こんなに書..
by Toruberlin at 00:32
ただの棒ですよね。
by Riki at 21:53
古橋さん、ウエルカム!で..
by Toruberlin at 22:49
今回もお世話になります!..
by 古橋貴正 at 23:36
Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21
徹さん、ナイスセレクショ..
by ルガーノ at 17:34
植木さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 03:32
10月3日 楽しい演奏会..
by 植木信勝 at 01:13
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2018年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

飯田橋の「島」から靖国神社を抜けて 11/1

c0180686_19273640.jpg
c0180686_19270867.jpg
c0180686_19270031.jpg
この界隈は長年知ってるはずなのに、知らなかった。沖縄料理「島」
c0180686_19265286.jpg
お隣は焼き鳥屋、ここにSちゃんの実家があったそうです。
c0180686_19264302.jpg
c0180686_19263417.jpg
沖縄といえばソーキそば、ミミガーなんてのも美味しいが、空腹なわけじゃない。
c0180686_19262683.jpg
c0180686_19260784.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-30 23:52 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

昼は谷根千、夜は有楽町から飯田橋etc. 11/1

c0180686_19331847.jpg
c0180686_19330985.jpg
c0180686_19330059.jpg
11/3のフライトでしたから東京を楽しめるのもあと2日だった11/1、最後の買い物(しかしまだ良い数の子は入らずでした、少しだけ早かった!)に御徒町、そこから日暮里に抜けました。
c0180686_19324683.jpg
夕焼けだんだんで陽にあたりながら、しばし休憩。
c0180686_19323764.jpg
c0180686_19322827.jpg
そしてやはり馴染みの店へ。さんさき坂カフェ。
c0180686_19321841.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-29 23:54 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

Mozart 歌の伴奏は楽しい。

c0180686_22503793.jpg
c0180686_22501786.jpg
c0180686_23000614.jpg
c0180686_22502817.jpg
歌の伴奏くらい楽しいことはない、と書いても良いくらい。
これは素晴らしい合唱と一緒も楽しいけれど、ソリストとはもっと楽しい。
パウルス、エリアス、ブラームスのレクイエム2回、ストラヴィンスキーの詩篇交響曲、MozartのレクイエムにH.C.Petitの交響楽的カンタータ(1966) 、毎週末2回本番は続いています、今週末はサンサーンスのクリスマスオラトリオを2回です。
H.C.Petitはポツダムで活躍した合唱指揮者で作品は世界的には無名といって過言じゃないですが、佳作でした。アルトソロと合唱のカンタータですがアルトのレギーネが素晴らしい。彼女は前日のMozartでも一緒でした。
ストラヴィンスキーの詩篇交響曲は名作です!ストラヴィンスキーは大好きで、オーケストラ初舞台に火の鳥、少し後にプルチネラ組曲をソロバスで弾く機会がありましたが(トロンボーンはW.アーント、後のベルリンフィルソロ)詩篇交響曲はリアス室内合唱団という世界トップクラスの合唱団との初共演の作品でした。
今回の合唱団には少し荷が重すぎて残念でしたが、、、。
合唱団はポツダムの2つが良かった、特にパウルス。
c0180686_23002087.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-28 23:51 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

長いリハーサルの〆はラーメンで。

c0180686_03094421.jpg
c0180686_03093405.jpg
c0180686_03092537.jpg
木曜日、昼から22時までの長いリハーサルinポツダムの後、拙宅ラーメンでした。ダーリンがベルリンにいると知ったEちゃんには声をかけず。ステファノはかなり来たがってたがA嬢曰く風邪ひきさんだからダメ!、気をつけないと悪くなりやすいのは彼女はよくご存知。リハは長かったので様子見でしたがホルンのA嬢とあーちゃんと帰りました。
c0180686_03091749.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-27 23:56 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Renzが造ったコントラバス弓

c0180686_02071593.jpg
G.W.Renzが造ったコントラバス弓、かなり希少で貴重な筈ですがWitt先生からのイタリアンを弾いてる友人に2本、近年でも3-4本手放しましたが、それでも現在8本持っています。このところ弓の良いオファーがなくて買わないで済んでいたんですが晩夏にまた極上が来ました。
Renzは一代限りの弓職人、Renz工房製なんてのもH.R.P.と違ってありません。前にこのブログに「そこまで有名じゃないから贋作はないんじゃないかなー?」と書きましたが、どうもあるようです。ある東京の楽器店で撮ってくれたと友人が送ってくれたのは「どうも怪しい」実物は見てないですが、写真で見る限りは良い弓じゃありません。他にも写真ですが例がありました。
前にも書きましたが(すでにRenzのことを書いた日記は多く↓に3つ貼りました。ご興味がある方はどうぞ!)Renzはペンツェルの工房で学んだ後に自分の工房を持ちましたが、(オーダーメイドを受けていたとしても)明らかに初期は長めが多い。良い材料で美しい弓を作っています。周りに影響を受けていたフシがありますが1930年代以降と思いますが自分の形が確立し、ほとんど弓は(初期以外、との表現であってると思います)長さは同じで頭も同じ形になりました。ただ材料に依って、その材料を生かすために丸と角があり、また太さも違いますが長さは統一してます。この長さ、良い長さなんです。バランスよく力をかける(重さを乗せる)のに良い長さ。
速い弓で全弓使い切ることも、遅い弓でも良い音を出してくれます。
Witt先生は長い弓を好みました。フレーズを歌うのに良い弓なら長い方が良い。でもオケでは普通の長さを使っていたのは、実は弟子入りして随分経ってから知りました。全弓使っての演奏が多いベルリンフィルでは、長すぎる必要はなかったんでしょう。マーラーの1番、メタモルフォーゼンでは長めの愛弓をお使いでした。
オーケストラのメイン弓は引退なさった5年後に拝領しました。拙宅にあります。その長い弓は先生の家にそのまま(ベルリンフィル引退時には5弦をオケに年残した以外は一切何も手放しませんでした)イタリアン4弦と一緒に在ります。
さて、先日の日記に「マイブーム」があり「スランプor馴れ合い」もあるから良い楽器と良い弓を多く持ってるのは◎と書きました。Renz4-5本でも充分に仕事できてます。H.R.PやWeidhaasなどは最近ご無沙汰ですがこの秋の室内楽in日本は全てA.Rauで弾きました。Guadaniniと相性が良いのです。
ブラームスのレクイエムが日曜にポツダムでありましたが楽器はHillを持って行きました。並行していたMozartにはHawkesでどちらの楽器にも2本のRenzでしたが、上の写真の棚の上でふと目があってRenz作でも一本だけ持ってる長い弓(初期の作)をポツダムに持っていきました。もう一本はオケで弾くには最高の昨年手に入れたRenzです。最初のリハで両方を試したら、その長めのRenzの良いこと!
音は速い、発音も速く、しかも響は深い。かなり長い間置きっぱなしでしたが(Busanなど4弦にはあまり合わない)新鮮な驚きでした。


More
by Toruberlin | 2018-11-26 23:42 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(2)

アパート晩餐 10/31

c0180686_01001100.jpg
c0180686_01000297.jpg
東京東麻布での生活、この日は夜に予定が入るかも?でしたが、結局入らず。
のんびり+アンロン掛けもして
c0180686_00595387.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-25 23:47 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

東麻布の極上鮨へ 10/30

c0180686_23573296.jpg
c0180686_23574173.jpg
c0180686_23572558.jpg
秋の日本滞在日記を続けます。
春に教えていただき、気に入ったのとご近所なのですでに春と秋合わせて5回伺った東麻布魚治鮨。教えてくださったFちゃん先生と伊達で予定合わせて「是非一献」が実現したのがこの日でした。
c0180686_23571179.jpg
間際まで楽器と過ごし、部屋を出て3分くらいで到着します。
Fちゃん先生と、医学書の編集者であるMさんと3人の晩餐でした。Mさんは歯学書編纂でFちゃん先生の担当をなさってます。文京シビックホールでのアンペルマン室内楽に「ひとりで来ないでくださいよ!」と私がベルリンから言ったんですがMさんと一緒に聴きにきてくれました。
お二人は少し前に来ていて肴から始めてました。僕は握りを食べたい!は大将もご存知ですが、オススメの肴!握るよりも美味しいのが良いなー?と言ったら
c0180686_23570371.jpg
大好物のアワビ、握りはコリコリが大好きなのは母と前回来た時にご存知で、旨味の煮貝を出してくれました。渋いスタートです。
お二人とビールで乾杯!
c0180686_23564204.jpg
Fちゃんは早速「こんなクオリティの高い本は滅多にありませんよ!」と伊達で力説し、花工房でもう一冊購入して写真を担当した御大にサインしてもらった「思い出の先にはいつも家庭料理」(寬仁親王妃信子殿下著、マガジンハウス刊)を贈呈してました。編集者であるMさんへの最高のプレゼントです。
Mさんはお酒好きで美味しいもの好きな素敵な女性、3人で楽しい宴の始まりでした。
c0180686_23562645.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-24 23:55 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

将来、かなり有望

c0180686_00205380.jpg
c0180686_00204119.jpg
日曜日は17時からティアガルテンの教会でブラームスのレクイエム、20時からフィルハーモニーでメンデルスゾーンのエリアスでした。教会とフィルハーモニー、全く違う会場で、どちらの響きも楽しめました。
c0180686_00195239.jpg
ティアガルテンのErlöser教会、特に小さい教会じゃなんですが後ろに一列立ったままのお客さんがいるほど満席でした。
ブラームスのレクイエムの管楽器が一人づつに編曲された版でした。教会で演奏するには良いアイデアではありますが、やはり厚みと深みが減ります。
この教会の音楽監督はエッダ、夜のフィルハーモニーでのコンサートCamerataVocaleの監督はエッタ、女性指揮者が続いたコンサートでした。
c0180686_00203171.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-23 16:18 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

愛車たち。

c0180686_04471938.jpg
c0180686_04461038.jpg
30歳のメルセデスW126と25歳のMini Cooper13i、どちらも長い付き合いです。
メルセデスが15年、MINIは25年。
車は安全に移動するための便利な道具で、突き詰めたら排ガス出さない電気自動車がベスト!、との考えもあるかもしれない。
公害とか人類の未来を考えると、どっちを選択するのが正しいのか?いま在って使えるものにお金をかけて排ガス規制にもクリアして大事に乗るのも、また選んで良い方法と思います。
それに加えて、そりゃ選び放題なら良い車はたくさん新車でもありますが、でも「面白み」はあるか?運転して楽しいか?
愛せるか?
これは、新車のVWだって愛情の対象にはなるから良い例じゃないかもしれませんが、長年一緒に過ごしてきた愛車に乗り続ける、可能な限りそうしたいと思ってきました。
ドイツは凍結防止に塩を撒きます、冬になると。もちろん事故を起こすよりは良いのだけれど、この進んだ世でなんか別の手はないのでしょうかねー?その所為で車は錆との戦いから逃れられません。
どっちの車も「あたり」で錆以外の交換は消耗品がほとんど、もし錆がなかったら維持費は数分の一となってるでしょう。

収集癖があること、自覚してます。もし余裕があったらクラシックカーもアストンマーチンやジャガーなど10台くらい欲しい(笑)
時計も空き巣に持っていかれるまでは30数個のアンティークがあった。
楽器と弓も必要以上にあるけれど、これはまたちょっと違う。実際に「極上」は仕事の伴侶として役に立っているし、良い楽器、良い弓からは学ばせてもらうことが多い。また自分の中でブームがあって(自分の楽器が鳴らない!ってこと、経験あるはず)時には大問題になるんだけれど、これだけ楽器と弓を持っていれば、見渡せば「私がいるわよ!」と誘ってくれる。だから、もし出会ってしまったら、これからも可能なら楽器も弓も手に入れると思う、仕事のパートナーだから。
だけれど、時計をごっそり盗まれて気づいた、コレクションがたくさんあっても活用しなければ活きない!のも事実。
上に書いたように楽器と弓は違うが、他のほとんどは、コレクションは自己満足にはなるけれど、ベストに幸せな状態じゃない。
モノだって、使ってもらわないと輝かないのである。
c0180686_04460027.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-22 00:37 | 趣味の話 | Trackback | Comments(2)

完璧、美味しい!


c0180686_21593668.jpg
c0180686_21582140.jpg
c0180686_21575726.jpg
昨晩は餃子と中華そばの晩餐でした。上の美しい餃子はSさんがタネと皮を持ってきてくれました。
僕の仕込み様子は昨日のブログにあります、今回は粉はディヴェラの強力粉だけを使い、トラーパニの塩10gと灌水15gを800gの粉に320gの水と共に加えました。湿度が関係しますから、最終的には様子を見て加減します。
c0180686_21574580.jpg
バルコニーでキンキンに冷えたプロセッコでまずは乾杯。このラーメン餃子宴の約束をしたのは、なんと6月だったそうで驚き。僕が日本から戻ってから!と言ったのは覚えていて10日前にみなさんに打診(T子さんは6日間の帰国中でしたが)実現しました。
c0180686_21573627.jpg
出来上がった8玉の麺をみなさんに披露。
c0180686_21572884.jpg


More
by Toruberlin | 2018-11-21 14:37 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)