人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

書斎/練習室、ほぼ終了。
at 2020-07-12 06:41
Stayhomeな日々に
at 2020-07-11 07:03
牛肉饂飩
at 2020-07-10 16:43
フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2019年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

12/23月曜発売の週刊ポスト

12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21260262.jpeg
現役写真家として50余年活躍する伊達の御大、青柳陽一。麻田奈美さんの「りんごヌード」があまりに有名だから一般にはそこまで広く知られてませんが、JAL、サントリー、MAZDA etc.と広告写真でも大活躍した稀な写真家です。
花も猫も撮りますが、いちはん多いのはヌードなのかしらん、一番有名です、ヌード写真が。
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21315404.jpeg
新年号の表紙、特別付録はA1ポスター二枚。
モデルは
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21335353.jpeg
左の麻田奈美さんは御大が発掘、最近も写真集が人気ですが、アグネス・ラムを初めて撮り、日本に、日本のプロ写真家たちに紹介したのも御大です。
日本のヌード・水着写真、特別な背景でパッと有名になったり、個人的趣味による記憶は除くと、この二人がツートップ?!奈美さんは48年間輝き、アグネスも広い範囲で記憶に残ってるかと思いますが、どちらを(初めて)撮ったのも青柳御大なんです。

編集部からベルリンにも送る手配をしてくださったそうですが、まだ旅の途中です。

秋の帰国、夏の二回もまだまだブログに書けてませんが10月には鮎の炭火焼きを伊達保原でご一緒しました。
↓は東京組、Sちゃん先生と絶品中華桜華楼にて。
12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21480709.jpeg

12/23月曜発売の週刊ポスト_c0180686_21471519.jpeg















by Toruberlin | 2019-12-22 23:19 | これはおすすめ! | Comments(0)

iPad2019


iPad2019_c0180686_21195964.jpeg
前から気になってました、iPad.
3-4年生活を共にしてくれたMacbookProはたしか3代目、しばらくはiPadがメインになります。
iPad2019_c0180686_21234839.jpeg
前から気になってました。MacBookとiPhoneがあれば使わない?から、日常で便利なシーンが多々あるのは感じ、MacBookがキーボード不調から不具合は出てきてましたが落としてしまい起動はするがハードディスクが見つからず使えない。500GB積んでるから2000ユーロは大きく超えるMacBook、次はどうするか?考えてました。
iPad2019_c0180686_21311972.jpeg
iPhoneが高価なのは小さいボディにいれるから。WifiのみのiPadは機械として余裕があるそうです。
だから長持ちで安価。最大の利点は軽いこと。
MacBookは素晴らしいが軽くはない。カメラとオールドレンズはiPhoneの次に必須携行品、その次のデバイスは軽い方が良い!
キーボードを付ければ僕のブログメイン、あとは企画書やPDF書類、メールという使用範囲ならiPadで充分事足りる筈です。
iCloudやiPhoneからiPadはすぐに使える状態にできます。聞いてましたが驚く程早かった。
たぶん、この日記がiPhoneからの最後になります。
iPad2019_c0180686_21392208.jpeg










by Toruberlin | 2019-12-21 21:17 | これはおすすめ! | Comments(0)

いつでも、どんな時でも。

いつでも、どんな時でも。_c0180686_19544454.jpeg

何があっても大事に生きる毎日を。

いや、問題がある時だからこそ、それが大事。

ピンチはチャンス、でもある。

「ゆったり落ち着き楽しんで!」

この最重要を忘れたり、二の次にするのは間違いである。

未来を見るばかりでなく

この一瞬が大事だから、それが未来を創るから。

悠々として急げ、矜持を持って!


丁寧に生きること、肝要です。


いつでも、どんな時でも。_c0180686_20032963.jpeg















by Toruberlin | 2019-12-20 23:51 | 日常の出来事 | Comments(0)

みんなで歌うWO

みんなで歌うWO_c0180686_09021166.jpeg
WOはバッハのクリスマスオラトリオのことです。日本ほど略語を使いませんが、Die Weihnachts Oratorium だからWOです。
教会が数多あり、ホールでも12月には多く演奏されますから何年も前からシュテファンMが指揮する合唱団はコンサートじゃなく、シングインスタイルをとってます。
たくさんある教会ですが、どの合唱団も毎年WOをやる訳ではありませんから、歌自慢で教会は満員になります。そう、全員が楽譜を持ってのリハから抜粋でのコンサートです。
みんなで歌うWO_c0180686_09110270.jpeg
今回は子供合唱団も60人くらいか?参加しました。ひとりの少女が5本?と話しかけてきて、この学校はみんな楽器を弾きますから、これなんの音?と弾いて調弦の話をしようと思ったら、30人くらいがどっと集まってきました。大きなコントラバスは子供に人気です。
これ、フルサイズ?なんて質問も出ます。学校に分数KBはあるからですね。
上から弦を弾いて、なんの音?と訊けばG! 上三本はみんな正解。でも聴いて答えるから4度幅というのは気づかない。
低い弦は慣れてないらしく、答えに時間がかかりました。
みんなで歌うWO_c0180686_09192092.jpeg
しかし可愛い。
開始前の発声練習。
みんなで歌うWO_c0180686_09211328.jpeg


More
by Toruberlin | 2019-12-19 23:46 | 音楽の話 | Comments(0)

自家製ラーメン初心者の為に レシピブログ

自家製ラーメン初心者の為に レシピブログ_c0180686_22000646.jpeg
ホルンのAちゃんから「オケの仲間に年末ラーメン作りたいんです!」と相談されました。
日本に居る方には(美味しい店に行けば良いから)関係ないですが、美味しくない店に食べに行きたくない海外のみなさん、一番簡単な美味しい方法を考えました。

まず必要なハードは、キッチン以外には
ドンブリと箸、卓上白胡椒(笑)
大きめな鍋2つ、中鍋も1つ。
大鍋はスープ鍋と茹でる鍋、もう一つは醤油ダレ鍋。

材料はニンニク、ネギ、生姜、卵4-5個
鶏手羽先1kg 、昆布(10cm-15cmくらい)
豚バラブロック1kg

ラーメンの魅力は麺とスープ。あとはおまけです。
大事なのは、まずこれ。

麺は簡単ではありません。だから今回は美味そうなのがあったら買う or 灌水(LyeWater、アジア食品店にこっそり売ってます)か代用に重曹を入れてパスタを茹でる。
これ、ヘタな高い中華麺より美味しいです。
湯を沸かしパスタいれ、美味しい塩入れて茹でるのですが、灌水をティースプーン2杯くらい加えて茹でます。
2人分がラーメン作る鉄則だが、乾麺なら4人分でもオッケーです。
麺は食べる時に茹でる、まずはスープの仕込みです。

大縄に手羽先全部、卵、昆布、ニンニク、生姜、豚バラを水から入れてスープを取ります。鍋の大きさにも依りますが全部がちゃんと隠れるくらい。
手羽先、卵は軽く洗い、ニンニクは皮付きで良いが状態を見る為に真ん中を半分に切る。生姜はもちろん皮付きで2ー3ミリに切って加える。
豚バラブロックは、まず皮を剥ぎます。
皮を下にして、皮下を少しカットして、皮を押さえて魚の身を皮から剥がす様に削ぎます。皮の下は脂だから意外と簡単です。
豚バラブロックに骨が混ざってる部分があれば、そこもカット。皮と骨付きは出汁になります。
豚バラ本体はスープが熱くなって(沸騰前で保つ、これがずっと大事)10分くらいで菜箸で取り出して冷まします。

スープはパスタを茹でると同じく、沸騰させない。
じっくり摂ります、1時間くらいか。
クタクタになる前に昆布は取り出します。

触れられるくらいに冷ました豚バラは適度な厚さに切り、これを小鍋に。スープ鍋から小網で濾しながら小鍋に注ぎ、これが醤油ダレになります。
弱火で加熱、茹だった卵も殻剥いて加えて煮豚と卵が隠れるくらいのスープに塩少し、醤油を多めに入れます。
分量は好みですが、醤油ダレはかなり濃い色、辛くてOKです。スープ鍋には塩などは一切いれてませんから。
お玉1のタレにスープ3の割合が良いかと思います。
10分後には火から下ろして馴染ませます。

ネギは小口切りにしておく。
卵は半分に切り
あとは海苔が一枚あっても良いですね。
僕と親しい方はご存知ですが、緑の野菜茹でたの加えるのはラーメンへの冒頭です(笑)

スープ鍋はずっと弱火加熱で。
麺が茹で上がるタイミングで、ドンブリに。
醤油ダレを加えて、よく湯切りした麺を鎮座させます。
魚醤、タイやヴェトナムのニョクマムがベルリンでは安価で売ってますが、加えるの◎です。

ネギ、煮豚、卵の配置は各人のセンスでどうぞ!


西山製麺謹製、冷凍生麺、またはパスタでも美味しいですが、スープが美味しく出来たらきっと自家製麺!となります。
パスタマシンがあれば出来ます!
小麦粉500g 水200cc (加水率40%) 塩10gに灌水15g
混ぜて練って、何度も伸ばして。
かなり力要ります。
3時間くらい乾燥を避けて袋で寝かし
この量なら6つに分けて(6人前)パスタマシンのローラーで何度か畳んで鍛練します。3-4回。
最終的には好みの厚さにしてカットです。
スパゲティの幅は決まってるから、この厚さで太さがきまります。僕は太麺好きなんで3つ目の厚さにしています。

自家製ラーメン初心者の為に レシピブログ_c0180686_23344344.jpeg














タグ:
by Toruberlin | 2019-12-18 13:56 | ご馳走/料理 | Comments(0)

日曜日、PerlebergからWittenberge

日曜日、PerlebergからWittenberge_c0180686_17393234.jpeg
日曜日、PerlebergからWittenberge_c0180686_17403927.jpeg
と言っても2つの街は15kmしか離れていない。だからホテルを選びました。地球温暖化騒ぎでCO2削減が狙いじゃないですがガソリンに限りがあるのは間違いなく、ホテルとコストは同じだし楽でした。
朝ご飯はいつも通り摂らなかったからレストランには結局座らなかったんですが、写真のごとく老舗ホテルらしかった。
日曜日、PerlebergからWittenberge_c0180686_17481768.jpeg
旧館に泊まりましたが車は新館側、そこに続く廊下も同じデザイン。
日曜日、PerlebergからWittenberge_c0180686_17505550.jpeg
前夜は22時前には寝入っていたので6時前に目覚め、8時頃には散歩に出るつもりでしたが大雨。10時過ぎまで寝ました。シャワー浴びてチェックアウト前には雲一つ無い晴天!
日曜日、PerlebergからWittenberge_c0180686_17542140.jpeg


More
by Toruberlin | 2019-12-17 17:35 | 音楽の話 | Comments(0)

贅沢な悩み

贅沢な悩み_c0180686_21210888.jpeg
ホンモノで未使用だったAugust Rauの弓をひと月の猶予で預かってます。一緒に来たRenzは直ぐに購入したんですが、Rauは既に書きました様に今まで見たことないくらい長い!まあそれは大した問題じゃありませんが、フランス娘ブルジェーには良いが他の楽器ではそうでもない。また扱える奏者は多くはないか?売る為に買うことはしないけど20年後には手放すことも考えなければいけない。
いや、それは二の次か?!自分が気に入れば、誰か気にいる人も、また出てくる筈です。
悩みは、新年にもう1本同じとこからRauが来ること。そちらは標準サイズ。前から持ってる二本、同じ作者なのに全く違うから、楽しみです。悩みでもあります。
スティーブンソン製のフライトケース、2009年春が日本に持って行った最後らしい。
今では福島と東京にイタリアン二本置いてあるから重いケースで楽器を運ばなくて済んでいるけど、9本も持ってるからの悩みでもあります。
本当は室内楽はBusanで、ソロチューニングはScarampellaで弾きたい、日本でも。
ね、贅沢な悩みです。
伊達の御大邸にあるBracci、今年は弾かなかった。
来年は伊達保原、郡山と会津を実現せねば!
北海道はまた最初から、だから暫くは難しいな。
↓はフランクフルト空港で東京行きに搭乗前に偶然のショット!これから積まれる自分のフライトケースとANA777。
贅沢な悩み_c0180686_22060233.jpeg















by Toruberlin | 2019-12-16 23:20 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

東独デザイン、まだまだ残ってます。

東独デザイン、まだまだ残ってます。_c0180686_03242428.jpeg
土曜日のコンサート会場はPerleberg、その教会の椅子が実に東ドイツでした。100を超えて並んでる様と、この色。60年代か?お洒落でした。
東独デザイン、まだまだ残ってます。_c0180686_03284112.jpeg
今日はWittenbergeに移動して本番でした。様子は次の日記に書きますが雨雲を追い払ってくれた風、その風がかなり強くって寒かった。
東独デザイン、まだまだ残ってます。_c0180686_03341377.jpeg
エルベ川畔に港があり、堤防上を歩きましたが日向でも寒かった。何故かベースとフルートデュエットが居ました。
駅は新しいから旧市街にある教会までは徒歩20分、駅に仲間を迎えに行きました。泊まったのは僕だけでしたが車なら空いていて2時間、電車は便良く1時間だったそうです。
終演後独り帰宅、渋滞無く21時着。
御徒町吉池から持ってきた「おでん」を肴に熱燗(フグヒレ酒)を楽しみ、塩鯛出汁茶漬けで〆ました。
東独デザイン、まだまだ残ってます。_c0180686_03423486.jpeg












by Toruberlin | 2019-12-15 22:21 | 街で見つけたこんなもの! | Comments(0)

第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて

第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて_c0180686_13531187.jpeg

第3アドヴェントの土日はブランデンブルク州の北西に位置するPerlebergとWittenbergeでコンサートです。
Saint-SaensのクリスマスオラトリオとDebussy: Sacred and Profane Dances、2つの教会の合唱団合同で両教会でコンサート、指揮者も二人。オケはNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)です。33221の弦楽器+オルガンとハープ。

第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて_c0180686_13502740.jpeg
160km離れてるので2時間の所要時間、1045リハだから0740にフランス娘ブルジェーの五弦をメルセデスに載せて出ました。
第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて_c0180686_14034342.jpeg
今年も超暖冬、氷点下まで気温がなかなか下がらない。湿度高くて嫌な寒さの冬です。予報も最低気温が5ー6度なんですが、流石の田園地帯
第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて_c0180686_14064010.jpeg
アウトバーン下りて最後の30kmは国道を走りますが(下道でも郊外は制限時速100km/h)霜が降りてました。
旧市街地が残る古都、中心にあるSt.Jacobi教会にはリハ70分前に到着!
第3アドヴェントのコンサート@ブランデンブルクの古都にて_c0180686_14115713.jpeg


More
by Toruberlin | 2019-12-14 23:47 | 音楽の話 | Comments(0)

A. Rau 作の弓

A. Rau 作の弓_c0180686_01184522.jpeg
かーなり希少で貴重なAuguste Rauの弓。TAXE(価値が記載された本、参考に出来る指針です)にもフランスの最高クラスの弓と同等のレベルで、その価値がある、と記されています。
弦楽器の最高峰はイタリアン、弓はフレンチ、は揺るぎない事実なんです。
さて、ドイツ人ではあるが最高評価のRau、コントラバス弓は希少です。Renzも希少ですが、更に。またRauは有名なだけに贋作もある。
昨年の秋に日本で鱒を弾いたコンサートでは最高のRauを使いました。20年以上前にBPが探してきてくれた名弓、良い弓は嬉しいことにたくさん持ってますが、手放すなら最後の最高の5本にWitt先生からのWilhelmyと共に入ってます。
春に120年くらい前に作られた未使用のニュルンベルガーを手に入れました。
滅多にないことですが、ブルジェーの五弦に挟んでるRauも、同じ所から出てきました。
いや、正確に言えばこちらはRauから仕入れたのをずっと持っていた北ドイツの大都市の元楽器屋らしい。
ニュルンベルガーも二本あって12000ユーロでWienにどちらも行ったそうです。極上だからの価格?
初代HRといいヨーロッパでの極上弓高騰は驚きますが、実際に欲しい人は多いそうで極上は直ぐに行き先が決まるそうです。数百万から大台を超えるのが他の弦楽器弓では前からある訳ですから、自然なのか?楽器商曰く、まだまだ上がるそうです。
A. Rau 作の弓_c0180686_01422409.jpeg



More
by Toruberlin | 2019-12-13 17:17 | 楽器と弓の話 | Comments(0)