ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

世界最高峰
at 2019-01-16 23:47
AM DB2/4
at 2019-01-15 04:46
なんで古いアルファは右ハンドル?
at 2019-01-14 01:13
日曜日の午後に思う
at 2019-01-13 17:43
休むことも大事、なのだけれど..
at 2019-01-12 23:26
薪ストーヴのもたらすもの
at 2019-01-11 23:11
夏のイタリア日記 Vol.10
at 2019-01-10 23:15
BERLIN の写真をMac..
at 2019-01-09 19:47
2006年の8月
at 2019-01-08 23:32
夏のイタリア日記 Vol.9
at 2019-01-07 20:01
故き佳き西ベルリンの名残
at 2019-01-07 15:04
夏のイタリア日記 Vol.8
at 2019-01-06 23:01
夏のイタリア日記 Vol.7
at 2019-01-05 23:59
新年会2019
at 2019-01-04 23:27
アール・デコのテーブル
at 2019-01-03 23:22
正月元日 御節と初陣
at 2019-01-02 06:57
新年あけましておめでとうござ..
at 2019-01-01 01:23
クリスマス後の昼ごはん
at 2018-12-31 11:23
カトリックのクリスマスミサ
at 2018-12-30 19:45
壊れた冷蔵庫の様な近頃のベルリン
at 2018-12-30 13:05

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

コメントありがとう!書い..
by Toruberlin at 09:03
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 16:10
楽器が全てじゃなく大事な..
by Toruberlin at 00:44
楽器と深く関わると言うこ..
by 植木信勝 at 22:53
謹賀新年、今年も健康で楽..
by Toruberlin at 21:43
明けましておめでとうござ..
by 古橋貴正 at 09:19
yuさん、こんばんは。コ..
by Toruberlin at 02:41
徹さん、滞在中は色々とお..
by yu at 21:38
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 17:41
美食三昧の1週間でした(..
by 古橋貴正 at 23:08
午後に成田着、羽田に移動..
by Toruberlin at 17:33
今回は短いご滞在でしたが..
by Toruberlin at 17:29
ウエルカムビール、格別な..
by 古橋貴正 at 08:33
昨日遅くに津和野に帰って..
by 古橋貴正 at 08:30
そう思ったら、こんなに書..
by Toruberlin at 00:32
ただの棒ですよね。
by Riki at 21:53
古橋さん、ウエルカム!で..
by Toruberlin at 22:49
今回もお世話になります!..
by 古橋貴正 at 23:36
Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21

検索

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

WO Kantate Nr.1-3

c0180686_18505581.jpg
c0180686_18473785.jpg
c0180686_18504485.jpg
昨晩は満席のポツダムErlöser教会でクリスマスオラトリオ2公演でした。全てが素晴らしい至福の時でした。
時代考証を元に最近盛んなピリオド奏法でのバッハも演奏に依っては共感します。が、ドイツで長年継承されてきたバロック臭すぎない演奏は今を生きてる僕らの証で大事にし守られるべきと思います。60年代くらいまでドイツで普通だったロマンティックなバッハはちと違う。また、ハーノンクールの試みは拒絶するくらい嫌いですが、そこから始まった研究結果のおかげで今があるのも事実です。バッハは特別だがバロックをどう演奏するか?古楽研究を参考にしない愚は避けなければならない。
肝要なバランス、古楽奏法をどのくらい加えてどうとるか?とっても大事なこと+そこが音楽家の愉しみの部分でもあります。
その為に研鑽を積むのです。弾けることは出発地点、たくさんの要素を自分のモノにして豊富なフォルダからバランスを摂ることを愉しむ。それが多く出来た本番は幸せです。
c0180686_18503521.jpg
ベルリンとポツダムを結ぶグリニッカー橋を渡りErlöser教会へ。2001年からだから17年になります。
c0180686_18501789.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-23 23:46 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

J.S.Bach クリスマスオラトリオ

c0180686_19120722.jpg
c0180686_19120128.jpg
今日の17時からと20時からポツダムのErlöserKircheでバッハのクリスマスオラトリオ カンタータ1-3番を演奏します。
17時は完売、20時も良い席から売れてはいますが、まだ数十枚の当日券があるそうです。コンサートホールでの宗教音楽とは全く違う教会でのクリスマスオラトリオ、ドイツならでは!のひとつです。20時にいかがですか?Sバーンのシャルロッテンホフ駅から徒歩5分、駐車場所もありますが800人くらいのお客さんがおいでになるから、たぶん難しいです。RBを使えば車よりもずっと速くて便利、またはSバーンでWannseeを経由してポツダム中央駅乗り換えもあります。
テノールは本番間際のリハのみなので昨日は居ませんでしたが他のソリストは秀逸です。特にバス、これだけファインなのは滅多に聴けない、力強いだけじゃないバス、素晴らしいです。
合唱もエクセレント!子供の頃から親しんで、キリスト教徒で、この作品が大好きで(僕も、一番好きの一つ)Ud Joffeという素晴らしい指導者のもと何度も歌ってる。その合唱団とNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)も弦楽器65321+の編成は、やはりクリスマスオラトリオを知り尽くしてる仲間が多くUdも普段よりも僕らに弾かせるから心地よい。
c0180686_19525179.jpg
4人のオーボエは揃っている、音程やリズムなどはもちろん、音楽も。すぐ後ろに4人並んでますが、素晴らしい!まいちゃん率いるトランペットも◎、彼女はここ数年、どんどん上手くなってます。
今夜20時から、時間の都合がつく方は是非どうぞ!
c0180686_19115346.jpg
c0180686_19114326.jpg
バスをベタ褒めしましたが、アルトはいつものレギーネ。安定の素晴らしさです。ソプラノは初顔の可愛い女性、イスラエルからです。やはり力で歌わない、これが歌にどれだけ大事か!
宗教音楽における指揮の役割は合唱を完全掌握することです。オケは合唱、そしてもちろんソリストに、メインの歌に合わせる。これに反すると上手くいきません。
c0180686_19113516.jpg
オルガンが真後ろ、右にファゴット前にチェロ。ファーストヴァイオリンの真後ろにいるチェンバロもぴったり合って驚くほど良く聴こえできます。今日の2公演、楽しみです!
秋の日本公演でも使用した、大阪の見附さんに相談して製作していただいたエンドピンゴム。床の養生のためではありません。
床に無駄にエネルギーを奪われないし、エンドピンはすべての弦楽器にありますが、それらと同じように空気伝達をメインに音を伝える。これなしでは弾く気にならないし、余程床が良いコンサートホールでも、試しはしますが床に刺すことはしないと思います。実際ベルリンフィルハーモニーで試しましたが、ゴム付きが優ります。
見附さんはゴム加工は専門外で、少量の量産も出来ずにいます。ゴムブロックの加工さえ出来たら「欲しい!」ってコントラバス奏者のご希望に応えられるんですが、自分の分がタイプ別に4つあるので後回しになっています。
c0180686_19112884.jpg
さて、今から今日の本番用のシャツのアイロン掛けです。テノールアリアのリハ、合唱との直前リハのあと1時間の休憩で最初の本番です。弓はAugusteRauの元フレンチの短いタイプ。弦はガットコアのフランス娘C.Brugereの五弦で演奏します。
c0180686_19120128.jpg








# by Toruberlin | 2018-12-22 10:10 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.6

c0180686_04172353.jpg
c0180686_04171538.jpg
c0180686_04170430.jpg
お洒落で美味しいカフェを出て、海へ。8/18です。
予定よりは遅くなったけれどまだ早い時間、それでも朝から海!の人は多いです。
c0180686_04165388.jpg
Toru、魚市場やってるわよ!とカタリーナ。
c0180686_04164686.jpg
漁船ごとの販売らしい。
c0180686_04162719.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-21 11:06 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.5

c0180686_03323483.jpg
c0180686_03321080.jpg
c0180686_03322198.jpg
ベルリンがあまりに毎日暗く寒々しいので夏のイタリア日記を書いてます。まだ二日目(8/18)の朝ですがすでにVol.5、充実した楽しい旅でした。
c0180686_03313613.jpg
海に入るなら早朝!混み合う前に朝ごはん食べがてら街に歩いて降りる約束でした。
Buongiorno! 起きてるー?とカタリーナが下りてきた頃にはシャワーを終えて準備できていました。
c0180686_03312602.jpg
朝日を浴びながらリグーリア海を臨む、素晴らしいです。
c0180686_03311680.jpg
急な斜面に何段もの段々畑が敷地内にあります。数年放置されてたので生い茂った雑木や雑草を業者に撤去してもらい、段々畑の石垣と、また3世紀頃の石段も姿を現しました。石段は午後に段々畑や庭探検で撮りましたから午後編で。
c0180686_03310299.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-20 19:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.4

c0180686_04405518.jpg
c0180686_04410514.jpg
c0180686_04404299.jpg
c0180686_04402822.jpg
ベビーシッターも時間通り来てくれて奥様方の支度も完了、街へ降りました。
ミラノでもそうだったけれど2-3軒は一番と二番の(その季節に合った)リストランテを選んでいてくれるふたり。なんでも寒い時期だったら他に2-3箇所候補が増えたそうで、夏だからまだ決定は楽だったそうです。
c0180686_04401949.jpg
庭を行ったり来たりしてたから歩きやすい靴だったけれど、ここでハイヒールに履き替えるカタリーナ。この二枚の写真、気に入ってます。
c0180686_04395793.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-20 06:31 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.3

c0180686_03592232.jpg
c0180686_03581746.jpg
c0180686_03575811.jpg
橋が見えますか?そう、干上がってるけれど川です。雨季には水も流れるらしい。
子供たちを迎えに行ったカタリーナと合流して、もう一度街をお散歩、目的は極上ジェラートでした。
c0180686_03574858.jpg
c0180686_03574017.jpg
c0180686_03573020.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-19 19:53 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.2

c0180686_03051978.jpg
c0180686_03051032.jpg
c0180686_03045998.jpg
昼食後、子供達はヨットスクールへ。3時間以上かかるらしい。僕らはテラスでのんびり話したり、トマトなどの畑を見せてもらったり。そして街へ。クリスチャンが街を案内してくれました。これ、とっても良い+重要。オリエンテーションというか、自分が訪れた街を知るのは大事です。歩いてどこに何がある!は案内なくても散歩がてらするのが常ですがクリスチャンはこの街Noliの歴史から説明してくれる。そうすると興味が広がるし、また深くもなります。大事と知ってはいましたが、丁寧な案内はさすがクリスチャンでした。
c0180686_03045138.jpg
ゴミはこまめにゴミ捨て場へ。これ、大事な習慣です。家の傍に置いてあれば例えばイノシシが来る。溜めてしまうと一度に運ぶのは大変ですから車で街に降りるときは今あるゴミは持って出る!習慣になってました。
c0180686_03044345.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-18 23:48 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.1

c0180686_02152384.jpg
c0180686_02354873.jpg
c0180686_02141646.jpg
c0180686_02143230.jpg
冷凍庫並みの気温にならない今年のベルリン、今日も霧雨で気温は冷蔵庫。1-2℃の外気温で湿気あるのが一番嫌な寒さです、そして重く暗い雲に覆われています。鬱とは遠く、そうなっても吹き飛ばしますが、でもなかなかに暗い数日です。
こういう時のためにとっておいた(帰国までは帰国日記春編が終わってなく、その後もご覧の通り毎日びっしり書いてました)8/17からのイタリア日記、始めます。1週間ですが盛り沢山、きっとVol.10にはなります。
秋に一緒に帰国したヴィオラのカタリーナ、家族でミラノに住んでます。週末、特に春から夏は毎週末を過ごす為に購入した家がリグーリア海を見下ろす高台にあり、3年目にやっと遊びに行けました。
フライトはシューネフェルト空港から、早朝便が安いし時間を多く使えるから◎。今回は帰りも最終便、電車も無くなっちゃうかもしれない時間ですがTaxiを使っても良いと考え決めました。行きはもちろん電車で、拙宅から徒歩3分で駅ですから最大限活用しています。
c0180686_02134798.jpg
4時頃起きて出発。
c0180686_02133622.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-17 23:59 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANNクリスマスパーティー2018

c0180686_12282977.jpg
c0180686_12281301.jpg
c0180686_12282142.jpg
c0180686_12280520.jpg
2年連続で体調不良と本番と重なりで参加できませんでしたが土曜日、行ってきました。クリスマスパーティーは社員を社長が招待して今年を振り返り、皆をねぎらい、来年の話もします。アンペルマンは8つの直営店があり、社員のほとんどはショップスタッフなので会ったことないメンバーもいます。写真も撮りたいので角席、本社テーブルの隣のショップテーブルに座りました。可愛いお嬢さんだらけ、ってのも◎でした。
このレストラン、10月末までアンペルマンレストランでしたが良いチャンスだったそうで僕が帰国中に経営が移行しました。メルヘン小屋という近所の劇場(冬は大人気!)を経営してる会社で、その劇場は夏が弱い。アンペルマンレストランは全く逆で夏は大繁盛だが冬が弱かったので、新しい経営者はスタッフの配置も年間通して上手く手配できるメリットもあり、またアンペルマンのデッキチェアも残し食器も使うので、内装は変わりましたが名残は残っています。
c0180686_12275227.jpg
久方ぶり。良く言えばシンプル、でも地味になった外観。
c0180686_12274259.jpg
中もシンプル。これは裏口に緞帳を配し、ここでも劇をやる為だそうです。
c0180686_12273242.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-16 22:39 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

独り呑み、晩御飯

c0180686_22471856.jpg
福島の料亭ますふじの若旦那G君が炭火で炙ってくれたふぐヒレ、拙宅に大量にあります。Y子さんに箱の酒をお願いしたのはその為でした。初陣や他の純米や吟醸では勿体ない。さっそく、熱燗でいただきました。
ふぐヒレ酒は安い酒の方が良い、ってのは御大の教えですが、確かにそうなんです。なんでだろう?勿体ないに+して、どうも燗に向いてる酒ってのはあるけれど、だからかなー?
箱の酒2Lが1000円以下で手に入る日本、ベルリンにおいでになる方(帰ってくる方)トランクに余裕があったら(普通は、ないよね)一本よろしく!
c0180686_22473551.jpg
福島の誇り、この飛露喜は美味しかった!
c0180686_22472506.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-15 16:45 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

月曜の晩餐

c0180686_21461608.jpg
c0180686_21460637.jpg
Uご夫妻とクラシックカーの桃源郷を訪ねた後は拙宅へ。
仕入れは朝にしておきました。笊貝は入ってなくヴォンゴレはあったけれどムール貝を選択。鶏が大好物と知りメインはカチャトーラに決定、昼に仕込んでからホテルで合流しました。
奥さんのY子さんと出発前のメッセージ交換でふぐヒレ酒用の箱の酒やお餅をお願いしました。それに加えてお土産をいろいろ持って来てくださったんですが、上の写真は彼女の手作り。額を長年作ってらっしゃるそうで、写真ではわかりにくいですが木肌が美しい!ありがとうございます。
c0180686_21455653.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-14 23:37 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(2)

月曜日、小雨模様でしたが夕方からベルリン散歩

c0180686_02073307.jpg
c0180686_02072532.jpg
ご夫婦でドイツ旅行のUご夫妻、フランクフルトで一泊なさってから来伯、その夜にSavigny広場の店でウエルカムビールでした。奥様は何度も、ご主人も10月の文京シビックホールにはおいでくださっていたんですが、そしてブログなどでのお付き合いは長いですが会うのは初めてでした。ベルリンにおいでになるのに日曜日のCKOコンサート@ブリッツ城に予定を合わせてくれたんですが、その前夜にお会いできました。こういうのはSNSの嬉しいところです。
全く知らない人と会うのは、なかなかできないもの。事前にブログを読んでいただいてるしメッセージやLINEでのコンタクトがあれば会いやすいですね。で、案の定、すぐに意気投合したばかりか共通の近しい知り合いがいました。縁があると、こういうこと多いです。
c0180686_02071697.jpg
さて、月曜日の夜は拙宅にお招きしました。午後にホテルでピックアップして、まずは壁にご案内。イーストサイドギャラリーもありますが夕方に車で行くのは渋滞時間だから避けたほうが無難、そして本物の西ベルリンに面した壁が残されてるこちらBernauer通りの方が◎であります。
c0180686_02070700.jpg
c0180686_02065232.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-13 23:24 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

Britz城コンサート 12/9

c0180686_08252389.jpg
c0180686_08251300.jpg
c0180686_08250164.jpg
もう20年以上恒例のブリッツ城クリスマスコンサート、今年は12/9でした。お城の大広間から、元牛舎のコンサートホールに場所移して6-7年?お客さんはたくさん入るんですが城内の大広間で、満杯のサロンでのコンサートも懐かしい。音響はこちらの方が良いのでしょうが、昨日の日記に書いたことと重複します。
上は開演直前、今回弾いたトリノ生まれのDespineの五弦コントラバスとBPのデルジェス。
c0180686_08191932.jpg
今回は、かなり特別な演奏会でした。前日に69歳になった音楽監督BP、10年以上前から70までは弾かない、と言い続けてきました。それは弾きたくないんじゃなくて、いろんなことを考えてのことは間違いありませんが、末長く弾ける奏法は、まさに彼の奏法。力で弾かない奏法ですから演奏家寿命も長いはずなんです。
春の帰国中にY子ちゃんからBPがハンガリーの家で芝刈り機で左手の薬指を一部失った!との連絡がありました。
大事件です。数日後に電話で直接話し、それは4mmということ。また6月のお城での野外コンサートは初めて指揮者として出ることなどを知りました。弾けるようになるかは、今後の経過次第だとも。
ベルリンに戻って会い、手術の後、夏前には少しずつ弾き始める、とは聞いてました。
今年の12月は間に合わないか?!との見解もありましたが、見事に復活を果たしました。
c0180686_08191192.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-12-12 23:07 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)