ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

パスタ、新作。
at 2018-11-18 14:26
メンデルスゾーンのパウルス
at 2018-11-17 23:06
独り谷根千 10/26
at 2018-11-16 23:59
横須賀から金谷港、ドライヴの..
at 2018-11-15 23:58
銀座で乾杯 10/24
at 2018-11-14 23:55
九段仲間たちと神楽坂で 10..
at 2018-11-13 23:57
新橋ダイヤ菊 10/22
at 2018-11-12 23:54
成田から京成電車、なら柴又!..
at 2018-11-11 23:55
最後の夜は麻布十番で 10/21
at 2018-11-10 23:50
伊達から東京へ
at 2018-11-09 23:51
伊達の宴 10/20
at 2018-11-08 23:51
(続)戻り鮎の炭火焼
at 2018-11-07 23:52
戻り鮎の炭火塩焼き
at 2018-11-06 23:52
10/19の夜、伊達へ。
at 2018-11-05 23:55
根津界隈 10/18
at 2018-11-04 23:52
麻布にて
at 2018-11-03 23:55
江ノ島から腰越、根津から谷中..
at 2018-11-02 23:52
西麻布でフレンチ 10/15
at 2018-11-01 23:58
谷中に墓参、のんびりやから乃..
at 2018-10-31 23:36
銀座から麻布十番 10/13
at 2018-10-30 23:50

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21
徹さん、ナイスセレクショ..
by ルガーノ at 17:34
植木さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 03:32
10月3日 楽しい演奏会..
by 植木信勝 at 01:13
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

鶴居村2日目 9/27

c0180686_15354908.jpg
c0180686_15354112.jpg
c0180686_15353111.jpg
鶴居村はヒッコリーウインドの朝ご飯、朝粥で始まります。
10時までは各自練習、ギャラリーで12時まで午後のコンサート@病院の曲を中心にリハしました。
c0180686_15353698.jpg
c0180686_15352771.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-28 09:25 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

HNDで全員集合!

c0180686_07500518.jpg
c0180686_07500076.jpg
c0180686_07494909.jpg
おはようございます!7時過ぎ、鶴居村最初の朝です。
昨日は4人とも別のフライトで成田着、先に着いたY子ちゃんに「これに乗って!」と京成の発車時間を伝え彼女の機転で4人揃って14時前に僕とANAカウンターの前で合流できました。
ANAさんのチェックインは楽器用座席2とコントラバスケースがあっても、いつもスムーズ!です。ありがたい。
c0180686_07494224.jpg
11時にUNO君が車でアパートに来てくれて羽田まで送ってくれました、毎度ながらありがたい!
c0180686_07491582.jpg
カタリーナ、撮影。
c0180686_07492323.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-27 08:25 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンは羊子(ようこ)さん。

c0180686_23165524.jpg
今回のアンペルマン室内楽、ヴァイオリンはナイダム・星野羊子さんです。
シューベルトの「鱒」は室内楽の名曲、5つの楽器全てが大事ですが特にピアノとヴァイオリンは最重要(いや、全部大事だけど)です。彼女と知り合ったのは22-3年前、ベルリンに彼女が来たからですが留学に積極的ではなかった。
付き合っていくうちに知ったのですが、オーケストラとかドイツクラシックの曲が、問えば「わからない」という理由で好きじゃなく、だから試しはしたけれど指揮者のいる大オーケストラは、好きじゃないことが解ったようです。
話を戻すと知り合ってすぐにヴァイオリンも誰に習いたいか判らない、と先生は探してるが見つからない状態でした。
僕のイチオシのB.Pappに紹介しようとまずは彼とのアンサンブルコンサートに誘いました。
今ではそのCorelliKammerorchester(イタリアンを中心にバロック作品を演奏する弦楽アンサンブル)の第二ソリストとして活躍しています。もちろん20年ちょっと前にすぐに弟子入りし、たくさん吸収して、今はCKOと室内楽、スズキメソード・ドイツの副会長、ベルリン支部会長として指導にも力を入れてます。

スズキメソードのHPでも来週のアンペルマンピアノクインテットを取り上げていただきました。
c0180686_23164879.jpg
スズキで赤ちゃんからヴァイオリンを始め、今でもスズキに関わってるくらいだからメソードを信頼して、そこにベルリンでの20余年に学んだ、吸収して自分のモノにした彼女の音、音楽があります。
CKO以外ではしばらくご無沙汰でしたが10数年前は今回演奏するRossiniも一緒に弾いていました。
また家内とは長い間ピアノトリオを組んでいて、僕もそのアンサンブルのレッスンをよくしていました。
今回もカタリーナの音とものすごく合い、家内とも僕ともアンサンブル経験は長いのでご機嫌です。
今回はBERLIN1920sとRossini、鱒が出番です。
BP仕込みの音、楽器を鳴らさせるじゃなく、sempliceで柔らかさを持った力強い音をお楽しみください。

スズキメソードで勉強した礎があり、それに自分で重ねた、自分の色がある。

日本人の学生がドイツの教授陣に好まれるのは、とにかく基本が弾けること、その第一歩があるからです。
もちろんそれは必要ですが、それはスタートでもある。良いスタートを準備することは大事で、それがスズキメソードのお陰、そこにBPからの音や音楽が加わり、今の魅力的な彼女のヴァイオリンがあります。
鱒もロッシーニも、愉しいです。

少し前に「着きましたー!」と成田からメッセージがありました。
チェロのティルの便が2時間遅れ、カタリーナは定刻です。
昼過ぎに羽田で合流し釧路に飛びます!鶴居村で明日、合わせるのが楽しみです。

土曜日の鶴居村公演、そして東京は来週の水曜日と木曜日です。
どうぞ、お楽しみに!

c0180686_16381807.jpg

コンサート前売券は5000円、これで2名様ご入場いただけます。シビックチケットで各公演残り50枚くらいです。
メールにて事務局にご予約いただき当日に入り口でご精算いただく方法もあります。
チケットはせっかく印刷しましたからシビックチケットにおいでになれる方は是非!電話注文ですと代引きで郵送となり手数料がかかりますから、ご遠方の方は事務局枠をお薦めします。各公演50枚用意しています。

ampelmannkammermusik@gmail.com

今回席数が多いので満席にする為に前売り券5000円で2名様の試みなんですが、特にコンサートには独りで!を好む方が多いそうで価格差が大き過ぎるとの指摘がありました。
5000円で前売券をまず確保していただいて誰かを誘っていただく!ってプランなんですが
「お一人様」の為の前売券もコンサート事務局にメールでご予約いただけます。3500/1500 (学生さん)

お得な5000円前売券はシビックチケットと事務局へのメール予約限定です!
詳しくは(プログラムも)↓ブログをどうぞ!

メンバー紹介、ヴィオラのカタリーナ




























# by Toruberlin | 2018-09-26 10:20 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

川上さんへ 9/25

c0180686_09031859.jpg
c0180686_09030589.jpg
火曜日、連休明けです。
朝からガダニー二を弾いて13時からシビックホールで打ち合わせ。16時頃帰宅して、まだブランチを食べてなかったんだけど18時には川上さんだし、と練習したり明日からの支度をしてました、早起きだったからよく夜まで保ったものだけど、午前中に食べた豪華な月餅、あれのおかげだったな、きっと。
c0180686_09024254.jpg
c0180686_09024773.jpg
SちゃんとK持、A美ちゃんにY香ちゃんはすでに飲んでました。僕が着いたところで第一陣注文が並び良いタイミング、Y介は三番町町会の寄り合いで19時入りでした。刺身は鯖とクジラ、鰹がオススメでした。
このクジラは格別に美味しかったなー!
c0180686_09025913.jpg
c0180686_09025348.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-26 06:56 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

友人たちと横浜のMちゃん家で(9/23)

c0180686_07594396.jpg
c0180686_07592402.jpg
みなとみらいに住む4ファミリー、ひとカップルは不在でしたがMちゃんの家に2家族が集まりました(みんなご近所さん)。Mちゃんに会わせてくれたT下家は残念ながら不在、Tちゃんは海外、Mちゃんの高校の先輩であるR子ちゃん(ここが始まり)はお仕事でした。
「帰国するよー!」とメッセしたら彼女のスイスのお兄さんであるドイツ人が月末に横浜で「紹介するー!」と言ってくれたんですが僕は26から道東は鶴居村。23なら!と返信したら「えー、その日はI場さんが来るのよ!」とずっと前から会わせたい!と言ってくれていた彼女のトリノのお兄さんと、会えました。
c0180686_07592983.jpg
こちらがそのI場さん、元商社マン、イタリアに25年。世界中を飛び回っておいでです。
c0180686_07591548.jpg
スイスのKさんとは、きっとまたいつか!
c0180686_07590181.jpg
毎回持ち寄りPです、どれもとっても美味しい!
僕はニュルンベルガーと〆のパスタは、なんとイタリアからのI場さんリクエストで「カルボナーラ」でした。
c0180686_07585615.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-25 09:04 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

色が変わった反射板Steher

c0180686_08133815.jpg
c0180686_08134431.jpg
c0180686_08065601.jpg
AMPELMANNのReflektor(反射板)Steher (止まれ)の色が新しくなりました。
この反射板、ドイツではランドセルにぶら下げるのがポピュラーで様々な形があります。アンペルマン社製も数年前まではリング無し、紐でぶら下げる従来のタイプでした。2011年のANA国際線就航25周年のコラボでANAブルーのレフレクターを10万個製作しましたが、その時にリング付きを採用しました。今までの当たり前、からの変更は簡単ではないことですが、しばらくは紐とリング付きが共存し、3-4年前からは全てリングになってます。
キーホルダーとしても使えますし、犬の首輪やリードに付ければ夜の散歩の安全に繋がります。
c0180686_08065070.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-24 16:01 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

淡路町シシニイク→飯田橋太田福

c0180686_15383562.jpg
c0180686_15384255.jpg
c0180686_15383080.jpg
帰国した夜、春に続いて成澤文京区長との晩餐となりました。場所は、このボトルでわかりますか?
淡路町に先月開店した「シシニイク」本郷三丁目のマグロ料理店MEGROのゆーくんが津和野のイノシシに目をつけて東京で日本酒と(他にも美味しいビールからずらっと酒は並んでますが)イノシシ料理の店、というよりバルをオープンしました。
そう、猪鍋の店じゃありません。肴と酒のバルです。
津和野町東京事務所のM内さん(芋煮と地酒の会で初陣の古橋さんに会わせてくれた人です)と紅一点、可愛いT山さんもご一緒でした。
c0180686_15382119.jpg
楽器を調整して(ガット弦だし長く弾いてなかったから、音はまずは出ない)17時過ぎに一休みしたら(目覚ましは18時にかけてました)1757くらいに目覚めました。40分くらいか、深く眠りました。
神谷町から霞ヶ関経由で淡路町、駅からは1分です。
c0180686_15381681.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-23 15:33 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

CPN-NRT 9/22

c0180686_15123456.jpg
c0180686_15122929.jpg
9/21CPN-NRT
9時に成田着。来週の釧路行きフライトのコントラバスケースの確認とAB券の支払いをANAカウンターで済ませ京成羽田行きで大門乗り換え、赤羽橋。「高橋さま、お帰りなさい」といつものコンシェルジェたちが迎えてくれました。
部屋は毎回違うけれど調理器具などは毎回リクエスト通り、静かな部屋で心地よい。
ANAのAB券とはすでに5人分買ってある航空券の2席、カタリーナとティルお隣席の楽器用です。これに5万近くかかる+コントラバスの超過料金。細々と出費はあるもんです。
午後は楽器屋さんに預かってもらってるG.ガダニー二を迎えに行きました。
c0180686_15122413.jpg
c0180686_15122183.jpg
大雨のコペンハーゲンでした。
c0180686_15120408.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-22 15:58 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

NRT-CPN 5/3

c0180686_21492303.jpg
春の帰国日記、最後です。
いま、この写真と同じコペンハーゲンのSASラウンジにいます。
あと40分で日本に向けて飛び立ちます。
まだまだ夏の日記も書いてないのありますが、春は(やっと)終わりました。
秋のコンサートのメンバー紹介も東京で書きます。
11月初めまで、みなさんよろしくお願いいたします!
c0180686_21491535.jpg
c0180686_21481959.jpg
早起きして、白湯だけ飲んでベルリンからのフライト。ここでもサラダとチーズでした。
機内食が楽しみです。
c0180686_21484316.jpg
c0180686_21482772.jpg
c0180686_21483614.jpg
秋のアンペルマン室内楽も、どうぞよろしくお願いいたします!








# by Toruberlin | 2018-09-21 14:53 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

麻布「たこ八」 5/2

c0180686_21311022.jpg
c0180686_21305984.jpg
最後の夜はアパートのご近所「たこ八」さんに伺いました。
今回はkagodonと家内、ステファノたちとetc.4-5回伺いました。ご近所で遅くまで営業してくれてるから行きやすいんです。昨年秋に初めて伺ったのも茗荷谷でのコンサートの後コントラバスと帰って来て「さーて?」と歩き出して、前からあるのは知ってましたが、あまりに近くて入らなかった店(麻布界隈にはそういう名店、きっとまだまだあります)のひとつです。
c0180686_21305000.jpg
お好み焼き屋さんですが、鉄板があるから美味しいものを焼いてくれます。
c0180686_21303921.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-21 14:37 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

料亭千鳥にて 5/2

c0180686_23151541.jpg
「料亭千鳥」に帰国前日の昼、伺いました。お忙しい方ですから、この昼に伺えたのは幸運でした。
築地で、一時期どこか老舗の女将と思われていたくらいの目利き。
それは著書である料理エッセイ「思い出の先にはいつも家庭料理」を拝見してもわかります。
写真は「のれそれ」
穴子の稚魚です。築地の馴染みの仲買さんから入ったそうで、この旨さには驚きました。
c0180686_23150731.jpg
c0180686_23145930.jpg
c0180686_23145111.jpg
c0180686_23144369.jpg
あまりに美味しいものがずらっと並び、遠慮なく愉しみながら話も弾みますから時間はあっという間に経ってしまいます。
食べ終わるのを待って、坊ちゃんが飛び乗ってくれます。
c0180686_23143588.jpg
前述しました御本発刊記念にアンペルマン社が妃殿下をモデルにデザインしたアンペルフラウのTシャツを今回もお召しくださいました。
c0180686_23142631.jpg
c0180686_23140518.jpg
こちらがその御本。料理本でありますが、エッセイ集でもあります。
写真は青柳御大です。
c0180686_19310303.jpg

いま、コペンハーゲンの空港で日本行きを待ってますが、調べましたらアマゾンでまだ手に入ります!


「思い出の先にはいつも家庭料理」マガジンハウス刊、さすがの料理&エッセイです。
何度も素晴らしい「家庭料理」をご馳走になった私が、この御本を拝読して、その内容は納得!です。
エッセイとしても是非お読みください!伊達の御大の撮影による、撮影用に作られたんじゃない、ちゃんと食べて美味しい料理の数々が美味しそうに顔を並べています。

ベルリンのアンペルマンwebショップでも扱っていましたが残少で今は載ってません。日本での価格と同じですから、とってもお得でした。ショップにもありませんがベルリン在住でご希望の方はコメントをどうぞ!まだ数冊は在庫があります。
c0180686_19300877.jpg
ご公務にお忙しい妃殿下、この日を空けてくださりお招きいただきました。
ありがとうございました。
とっても美味しゅうございました。
c0180686_23141646.jpg
















# by Toruberlin | 2018-09-21 12:06 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

The Glory of Cremona

c0180686_10083372.jpg
9/29に道東鶴居村で行う室内楽コンサートの実行委員長は押味和夫医学博士です。血液内科の大家で大好きな釣りのためとアメリカ生活時代に知ってしまった雄大な自然を釧路湿原がある道東の鶴居村に見つけ、ここを住処となさいました。今も複数の病院で診療をなさっています。伊達のご出身で御大(写真家の青柳陽一)にご紹介いただきました。
押味先生には鶴居村公演だけじゃなく、10/3&10/4の東京公演@文京シビックホール小ホールも両晩で650席と席数が多いのでお仲間やお知り合いにオススメくださいました。
押味先生の恩師にあたる整形外科の権威Y先生はコンサートにご夫婦でおいでくださいますが、東大時代から室内楽を愉しんでらしたそうで(キャリアは70年近い!)ピアノをお弾きになります。そのお仲間に音楽プロデューサーの中野雄氏がおいでとメールで知り、ちょうど新刊が出たところでタイトルは「ストラディヴァリとグァルネリ」ヴァイオリン千年の夢(文春新書)タイトルに惹かれすぐにアマゾンで購入し、ベルリンを訪問した従兄弟に運んでもらいました。
読み始めると「我が意を得たり!」な内容で引き込まれました。
そこにルジエロ・リッチが15本のクレモナヴァイオリンを演奏したレコードの話がありました。
すぐに検索しましたがアマゾンのドイツ、日本、どちらにも記述はありますが完売、オークションでも無し。
そしたらなんとYouTubeにありました!
これを探し当ててから、本は先に進んでません。MacBookで作業しながら何度も何度も聴いています。
若い頃のリッチ、もちろんなんの文句もない、素晴らしい奏者です!



中野先生も書いてらっしゃいますが、ヴァイオリン比べのなんと無意味なことか!
新作と名器を同じ人が弾いて、その差を明確に当てられる人など居なかった!と言うのですが、そんなことはあり得ない?!
いや、あるんです。
だって、イタリアンオールドは誰でも弾けるわけじゃない。
簡単な例では僕の愛車Miniクーパー、または御大の50歳近いジムニー、運転できない人多いです。古いフェラーリ、アルファetc.運転免許を持っていても素人では扱えないし、また活かせない。
楽器比べの愚は、音を出しやすい新作が得意な奏者に、魂がこもったイタリアンオールド名器から音を出すことができないのに、比較させることです。
中野先生も書いておいでですが、このR.リッチというイタリアの名手がストラディヴァリとグァルネリを15本を弾いた録音は素晴らしいです!どれがどうというんじゃなく、個性を持った名器たちを楽しめます。

コントラバスでもそうなんですが、新しい楽器を弾くのは簡単、でも、「その先」がない。音の羅列はできても魅力がない。
それは時間が作るのか?そう思わないと新作を作る人はやってられないでしょうし、ちゃんと作られた楽器はそうなんだと思います。でもクレモナの特別な楽器たちには、そういうセオリーは(あったとしても)通用しない特別な魂があるのは間違いないです。

楽器は大事、いつもこのブログにも書いてます。
同じように奏者も大事。いつも最重要はバランスです。
演奏家で言えば、良い楽器と出会えば、相乗効果で自分を高めて行く可能性は広がる。
それが広がらなければ、才能がないってことになるんでしょう。
なにより、良い楽器と過ごす時間は愉しい。
良いって定義は?って話になると面倒ですが、柔らかく深く色の多い音をこちらが上手く求めたら出してくれる、わかりあったら可能性がどんどん広がる、これが良い楽器です。
もちろん、その人に合う合わない、はあります。
ありますが、良い楽器との出会いを期待して(異性と似てる)自分をその時のために高める努力、勉強をして、
僕らは人前で弾くのだから、常にアップデートして演奏活動をするために生きているのだったら、とっても大事なことと思います。

縁あって、幸運で9本のオールド楽器とそれを弾くためのたくさんの名弓に恵まれてます。
それでも、満足はしてますが、まだ出会いの予感はしています。
もちろん、バランスのために腕も磨きながら。

私の今の音楽活動のメインの一つが自分で企画してる室内楽です、
9/29の鶴居村、ここにも伊達や東京から多くの方が来てくださいます。
10/3&10/4はアンペルマン信号機を鷗外所縁のベルリンミッテ区が春に贈呈した文京区のシビックホールで行います。
素晴らしい音響で室内楽には最適な小ホールですがキャパは370席、
どうぞお誘いあわせてのご来場を!
アントニオ・グァダニー二のヴァイオリン、KBはガエターノ・グアダニーニ。グァルネリと同じジェノヴァ生まれのカステロ作のチェロ、カタリーナのイタリアンオールドヴィオラは無名ですが、イタリアンオールド弦楽器の重なる音もお楽しみいただけます。


















# by Toruberlin | 2018-09-20 03:37 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

神楽坂で 5/1

c0180686_09384227.jpg
c0180686_09383473.jpg
春の帰国日記続いてます。明後日の朝には「秋の帰国」です。
5/1は先日ベルリンを訪れていたいとこ二人と神楽坂で会いました。Mとは菩提寺に墓参、私たちのルーツである築地町にほど近い居酒屋の口開けから呑みN子ちゃんも加わっての夜でした。
c0180686_09382428.jpg
愛器ガダニーニを楽器屋さんに預かっていただき有楽町線の江戸川橋で下車。神楽坂の家には飯田橋から行くか、または神楽坂駅からが小岩からは常でしたが、江戸川橋からも牛込はすぐです。
まだ其処此処に懐かしい街並みが残っています。
赤城神社下の江戸初期からご先祖様が住んでいた辺りを通り、横寺町の菩提寺へ。
ここは円福寺の本院、神楽坂の檀家でかなり古いのに墓は新高円寺の別院にありました。そこにあった頃は帰国ごとの墓参は欠かしませんでしたが数年前に移転、広大な別院から「引っ越し」ということですが本院入り口の共同墓地に納骨されたそうで、檀家はみんな一緒。意を唱えるつもりはありませんが、足は遠のいてました。
c0180686_09381416.jpg


More
# by Toruberlin | 2018-09-19 02:34 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)