人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:アンペルマン・ベルリン ( 200 ) タグの人気記事

Always with AMPELMANN 拙書「アンペルマン」日本版

Always with AMPELMANN 拙書「アンペルマン」日本版_c0180686_19111365.jpeg

2015年に文京区本郷東大前にある、ドイツに強い老舗出版社郁文堂さんから刊行された日本版アンペルマンブック❣️

私の著作です。

ドイツ語版オリジナルからベルリン事情に特に明るくない日本のみなさんにアンペルマンを軸に世界でも稀な壁に依り分断されてたベルリン、東西ドイツの壁があった1961-89を挟んだベルリンの歴史を書きました。

音楽家になる為に80年に来て、今年で40年のベルリン、壁の存在も10年近く知っています。


アンペルマンは可愛いキャラクターで、グッズも販売され私はアンペルマン日本大使として広報活動を担当し、名を冠した室内楽シリーズも今年の秋で10年になりますが、アンペルブック執筆では東西に分断されていたドイツ🇩🇪、再統一から今年の秋で30年、その歴史を書きました。

アンペルマンは復活のシンボル、再統一シンボルでもある、信号機として生まれたキャラクターなんです。キャラクターとして生まれたんじゃない、大事件の歴史と共に歩んで来ました。

東西ドイツ🇩🇪の歴史の一面をアンペルマンを通して書きました。

キャラクターとしてアンペルマンに興味を持ってくださった方は多いですが、くわえドイツに、東西ドイツや壁、ベルリンに興味がある方に是非読んでいただきたい!です。


ある著名な経済学者でベルリンにもなんどもおいでになってる方から(母の友人です)嬉しい批評を母宛に頂戴しました。



「大変優しさに満ちた、読みやすい、絵本にしても綺麗な本ですね。

徹さんの話や、アンペルマンレストランでお会いしたマルコスさんの話や、制作者のカールさんの話など。

伝わってきたのは、まるでいきている人間のようにアンペルマンが丁寧に優しく書かれている、という観想です。

それは、英雄とか成功者をかたるようなものとしてでなく、また悲劇の被害者をかたったものでもなく、喜劇の伝い手としてでもなく、

アンペルマンをとおして、そこに、そのとき、くらして、苦労してきた人達への、丁寧な思いと優しさが伝わってくる、そんな本だったと観想させられました。


この本に感じたのは、カールさんが言っていたこんな言葉に要約されるのではないかと思いました。

「歩行者の通行は免許制ではなく、参加への規制が全くない」・・・「車両交通とは異なり、歩行者は、年齢、精神、健康状態、身体能力の制限もなく、試験も受けずに、誰もが交通に自由に参加できる」(17頁)という言葉でした。

歩行者信号の話には「あれ?」と思うように展開される「壁崩壊の話」や「世界の歩行者用信号の紹介」また徹さんの「日本語版への後書き」「マルコスさんの自分史」、などにつうじたのはカールさんの話への共有があったのではと思いました。

この本がくれた私へのメッセージの一つがここにあったと思います。

それは「東」も「「西」も「性」も「国籍も」・・・・・「無く」ではなく、ひとりひとり」が「自由に参加できる」。ここに歩行者信号のアンペル君の物語があったように読みました。


とても市井の話ですね。「すばらしい感動」というではなく、ふつうの一人一人のひと達が振り返るような、「ジワー」ッとくるようないい本ですね。

徹さんは新しいジャンルでまた一つ、いい仕事をなさいましたね。

こうした本にであえたことは喜びです。

ありがとうございました。」


嬉しいご高評をありがとうございます、


アンペルマンブック、このブログを読んでくださってるみなさんはご存知とは思いますが、まだでしたら是非!

またベルリン、ドイツ🇩🇪ファン、関係者の皆様にご紹介いただけましたら幸いです。



























by Toruberlin | 2020-06-26 12:09 | AMPELMANN | Comments(0)

京都柊家にて

京都柊家にて_c0180686_19571959.jpeg
京都柊家にて_c0180686_19575588.jpeg
マルコスの次女Hちゃん、柊家にて朝ご飯。
僕は嬉しいが、3泊もすると和の朝ご飯は彼女達にはキツイ。いや、欧米人の日本通でも、キツくなくてもタマには洋の朝ご飯が恋しくなるはずです。
旅行中にはホテルは問題なし、宿屋も、お願いしたら可能な場合が多い。が、洋にも好き嫌いというかイタリアフランスドイツイギリスetc.の違いも、各家庭の違いもあり、好みがある。
柊家さんは格別、だから翌日はドイツ組は全員洋風で、かなり満足してました。
初日の夜、素晴らしい晩餐のあとに尋ねられ、僕が遠慮させちゃったか?全員は洋じゃなかった。子供ふたりだけ。
京都柊家にて_c0180686_19564685.jpeg
可愛いHちゃん、和を選び、ミューズリーは別にお願いしました。それを狙うお姉ちゃん。
ものすごく嬉しいのが身体から溢れてたけど、嫌でも言えない次女。
京都柊家にて_c0180686_19561061.jpeg
しばらく可愛い姿を見てました。
マルコスとは二回目の柊家。
せっかくの旅館を楽しむ!もこの時は実行しました。本読んだり、他の部屋を見せてもらったり。
京都柊家にて_c0180686_19552936.jpeg


More
by Toruberlin | 2020-05-24 13:53 | 日本で何を食おうかな? | Comments(0)

AMPELMANN@ドイツ旅行ガイドブック

AMPELMANN@ドイツ旅行ガイドブック_c0180686_20593858.jpeg
AMPELMANN@ドイツ旅行ガイドブック_c0180686_21003569.jpeg
今日は日本でいちばん有名なガイドブックのドイツ編改訂版取材@アンペルマン Unter den Lindenショップでした。
アンペルマン日本大使の私も同行、今回は音楽家としてドイツのご案内コーナーがあります。
AMPELMANN@ドイツ旅行ガイドブック_c0180686_21142966.jpeg
女の子の一人旅に便利なガイドブックの改訂版は6月発売、またご案内します!
AMPELMANN@ドイツ旅行ガイドブック_c0180686_21083990.jpeg










by Toruberlin | 2020-02-15 20:58 | AMPELMANN | Comments(0)

アンペルマンブック日本版!

アンペルマンブック日本版!_c0180686_07520048.jpeg
1920年、周りを併合して今の大ベルリンが誕生しました。今年は今の大ベルリンになって100年!
ドイツ再統一30年!
アンペルマンがドイツを代表するキャラクターになった理由、知りたくありませんか?
日本のみなさまに親しんでいただきたいと私がドイツ版から日本語版を書き直しました。
紀伊國屋書店Web、Amazonなどで扱っていただいてます。書店さんに実物が置いてないと手にしていただく機会は少ないですが戦後のベルリン史の1ページ「アンペルマン」の全てを書きました。
デザイナー集団アンペルマン社の力作、美しいページをめくり誕生から壁崩壊・再統一から今にいたる歴史をお楽しみください。ベルリンがもっと近くなるかもしれません!
初版、まだ在庫あり〼。
まだ読んでない方、是非どうぞ!
よろしくお願い申し上げます。

アンペルマンブック日本版!_c0180686_07455386.jpeg
出版元郁文堂さんのHPからどうぞ!





























by Toruberlin | 2020-02-11 23:13 | AMPELMANN | Comments(0)

新年初めての外食。

新年初めての外食。_c0180686_08133226.jpeg
火曜日、新年初めての外食はマルコスとでした。
アンペルマンの顧問弁護士(僕も旧い知り合いです)が拙宅前の湖畔に事務所を構えていて、そこでのMTG前に、抜群に美味しいドイツ料理店Engelbeckenのお向かいのカフェで待ち合わせしました。
とっても良い天気で、湖畔公園を楽しみながら店へ。
新年初めての外食。_c0180686_08154190.jpeg
新年初めての外食。_c0180686_08150917.jpeg
黒板には今日のおすすめがずらっと並んでます。同じのが早く出てくるからとラザーニアで意見が合いました。なかなか美味しかった!数年前はフランス系カフェでしたが、イタリア人経営に変わってました。
新年初めての外食。_c0180686_08144310.jpeg
新年初めての外食。_c0180686_08585400.jpeg
MTGよりも久しぶりなので近況などなどがメイン。大事な案件だけは店を出てから弁護士事務所に行きがてら話せました。
ティムのオフィス、素晴らしいとは前から聞いてました。
彼らのMTG前に中を拝見しましたが、まだこんなアパートベルリンにあるんだなー!
外観通り、内部もまるでお城のようでした。玄関ホールには暖炉、大広間にも暖炉がそのまま残されてました。その大広間だけ、バロック調を少し取り入れた様式で、他は1900年頃の様式でした。
この湖はもともとは個人所有でした、まだシャルロッテンブルクがベルリンじゃなかった時代です。1920年に周辺都市が併合され大ベルリンが形成されました、今年100周年です。
華やかな大都市だったベルリン、この湖は街に寄贈された後に今の公園の姿になりましたが、湖畔に集合住宅建設計画がありました。この建物と隣のホテルを合わせて3つの、Kant通りの南にある湖の半分の(東側)湖畔には、その計画通りずらっと集合住宅などが並んでいます。
拙宅側の建築計画は頓挫し、今の好環境がありますが、このオフィスがある建物のオーナーは、その都市開発に関わっていたそうです。頓挫して、良かった。
高橋幸代さんに作曲してもらったBERLIN1920sは、今年100周年を迎える大ベルリンが生まれた年号をタイトルに掲げた、ベルリンが街としてきっと最も華やかだった黄金の20年代を描いてくれています。今年もまた、聴いていただく機会があると存じます.。
今年もアンペルマン室内楽シリーズをよろしくお願いいたします。

マルコスとの最重要課題は2021年の案件でした。実現したら面白い案ですが、さて。
日本での販売はアンペルマン社としては2018年春から行っておりませんが、是非ベルリンのアンペルマンショップへどうぞ!
またはWebショップ ampelmann.deをご利用ください。
新製品、続々と登場しています。

令和2年の初外食は親友のマルコスとでした。
新年初めての外食。_c0180686_08133226.jpeg




























by Toruberlin | 2020-01-23 23:59 | AMPELMANN | Comments(0)

かなり久々になっております。

かなり久々になっております。_c0180686_22284465.jpeg
僕が戻って来てから久しぶりに散歩、数日後には食事に出かけ、先週は久々の美容院に行った母、昨日は初夏の事故後、初めて公共交通機関で拙宅まで往復しました。実に半年ぶりに車使わずの移動でした。
後遺症一切無し、ちゃんと歩けますから後はのんびり(でも着実に)毎日力を付けていけば外出多い日常に戻れます。春に帰国、も不可能な夢ではなくなりました。
かなり久々になっております。_c0180686_22292022.jpeg
かなり久々になっております。_c0180686_22295102.jpeg
かなり久々になっております。_c0180686_22320839.jpeg

日曜日はCKOコンサート、BP70歳の誕生日でもありました。聴きに来てくれた友人ファミリーと。
かなり久々になっております。_c0180686_22352117.jpeg
終演後みんなで初めて行ったイタリアン、これがまた素晴らしい店でしたがアンペルマンの仲間、買い付け責任者Rが隣のテーブルで偶然お仲間と60歳を祝ってました。彼は20年来の常連だそうです。
かなり久々になっております。_c0180686_22304868.jpeg
かなり久々になっております。_c0180686_22311054.jpeg

ベルリンの日常も秋の帰国10/18以降も(抜けてる夏のイタリアとか日本も)僕のメインであるブログに書く気満々なんですが、今度はMacBookが起動しない!昨日税務申告作業終えてやっと!だったんですが。いろいろ試みてます。
暫しお待ちを!
かなり久々になっております。_c0180686_22383078.jpeg
なかなか美味い店でした。C嬢の前菜はブッラータ。
かなり久々になっております。_c0180686_22415507.jpeg

SNSも流行があるようですがインスタは手軽過ぎでブログには代れないし、またブログはカメラで撮った写真使うからiPhoneでは、やはり書けない。写真も文章の多くもストックはリッチなんですが、、。
だから今日は、さーて何して遊ぼうかなー?
かなり久々になっております。_c0180686_22424536.jpeg












by Toruberlin | 2019-12-12 14:18 | 日常の出来事 | Comments(0)

Royalbaby with AMPELMANN

Royalbaby with AMPELMANN_c0180686_14261421.jpeg
英国から皇太子エジンバラ公とカミラ夫人がベルリンを訪問なさいました。大統領官邸ベルビュー宮殿でシュタインマイヤー連邦大統領からの贈り物は新しいAMPELMANNベビー服でした!
Royalbaby with AMPELMANN_c0180686_14263100.jpeg
Royalbaby with AMPELMANN_c0180686_14270964.jpeg
日本には公式Webショップ、直営店ともに昨年4月から存在しません。
現在は文京観光協会さんと津和野の古橋酒造さんだけがベルリン本社が認める日本での取扱店ですが、アンペルマンショップではないので多くは販売できません。ご要望を出していただければベルリンから取り寄せられるかもしれませんが


ベルリンWebショップでのお求めをどうぞ!大量じゃなければ送料も3-4千円で済みますし、お客様がベルリンから取り寄せる個人輸入ですから関税免除になることがほとんどです。価格は、以前に日本で販売した経験から(大量に販売しなければ)日本では3倍くらいの販売価格になってしまってましたから、ベルリンからがお買い得なんです。
ドイツ語と英語のみのページですが(↑は英語ページをご案内しました)是非トライしてください!
英国の王子様とお揃いのベビー服、手に入るのはベルリンWebショップとベルリンのAMPELMANN直営店だけです。
Royalbaby with AMPELMANN_c0180686_14265007.jpeg













by Toruberlin | 2019-05-09 10:00 | AMPELMANN | Comments(0)

NRT-WAW-TXL 5/6

NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02080176.jpg
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02075305.jpg
千駄木のホテルから歩いて日暮里駅へ。早く目覚めたので予定よりもずっと早いスカイライナーに乗りました。日暮里から39分、Wifi完備!1000円くらいの+ですから、これは◎です。
トランクは東麻布から1つ、千駄木から2つすでにピックアップサービスを頼んでたので機内持ち込み荷物だけで空港に向かいました。
朝の谷中銀座、昼の混雑とは全く別の景色です。
そう言えば朝蕎麦を逃しただけじゃなく、今回は銭湯も、温泉も逃しました、、、。
カウンターで3つ受け取り、すぐにチェックイン。受け取りカウンターのまん前がLOTカウンターというのも良いです。
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02074428.jpg
ラウンジで2時間近く時間があるというのも久しぶり。朝ビールと、まずはお稲荷さん、おにぎり。
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02073687.jpg
とんこつラーメン。これが悪くないのは知ってましたが
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02071857.jpg
カレーうどんが美味しいのは知らなかった!
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02072686.jpg
2杯目ビールはサンドイッチと。
NRT-WAW-TXL 5/6_c0180686_02071011.jpg


More
by Toruberlin | 2019-05-07 23:01 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(2)

文京シビックセンターで出会ったのはベルリンからのTAPE THAT 4/11

文京シビックセンターで出会ったのはベルリンからのTAPE THAT 4/11_c0180686_15445337.jpg
文京シビックセンターで出会ったのはベルリンからのTAPE THAT 4/11_c0180686_15444925.jpg
コンサート終わって4日の木曜日です。朝の柔らかい光が増上寺さんの方向から差し込んで、それは程なく部屋に広がります。ワンルームではありますが、快適な住処in東京です。
テレビは今回、ほとんど点けてないのでポスター掛けにしています。
文京シビックセンターで出会ったのはベルリンからのTAPE THAT 4/11_c0180686_15444435.jpg
文京シビックセンターで出会ったのはベルリンからのTAPE THAT 4/11_c0180686_15443770.jpg


More
by Toruberlin | 2019-04-17 23:50 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)

文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31

文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08294598.jpg
文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08295447.jpg
文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08295925.jpg
文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08300630.jpg
成澤文京区長にお誘いいただいて播磨さくら坂で行われていた「文京さくら祭り」に行ってきました。
富坂警察署交通課長がアンペルマン信号機の展示を申し出てくれて区が貸与、パトカーや白バイが並ぶ警察コーナーにアンペルマンも紹介されてました。
文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08291075.jpg
成澤区長、ピーポ君と記念撮影!
文京さくら祭り@播磨さくら坂 3/31_c0180686_08351898.jpg


More
by Toruberlin | 2019-04-07 23:49 | AMPELMANN Japan 2019 | Comments(0)