ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

日曜日、晴れ!
at 2018-02-25 13:10
昨日はアイゼナハに行ってました。
at 2018-02-24 18:20
初陣しぼりたてとふぐひれ酒
at 2018-02-23 00:00
AMPELMANN室内楽 初..
at 2018-02-22 14:57
日曜日の晩餐
at 2018-02-22 11:45
土曜日、夕方は御近所散歩でワ..
at 2018-02-21 14:20
旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

小林さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:05
4月6日16時開演に、2..
by 小林豊 at 16:44
それは嬉しい!ありがとう..
by Toruberlin at 11:29
おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:アンペルマン・ベルリン ( 163 ) タグの人気記事

AMPELMANN社20周年記念!

c0180686_22111426.jpg
7/27水曜日、アンペルマン社は20周年を迎えました!

記念としてベルリンのオンラインショップ限定で、本日のみ20%オフで販売します。
シーズンごとのバーゲンや値下げを定期的にしないアンペルマン社では滅多にない、20%オフです。
本日限定ですが日本時間なら28日の早朝まで時差の関係で可能なはずです。
どうぞ、ご利用ください!

Liebe AMPELMANN Freunde,

Wir würden gerne unser Jubiläum mit euch feiern und euch auf ein Stück Kuchen einladen! :) Nur geht das über Facebook nicht, deshalb gibt es eine andere Überraschung: heute bekommt jeder 20% Rabatt im AMPELMANN Onlineshop!

🎉

www.bit.ly/AMPELMANNWebshop



c0180686_22052220.jpg





by Toruberlin | 2016-07-27 15:00 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN KIEZ Tシャツ

c0180686_15464961.jpg
c0180686_15461928.jpg
KIEZはベルリン独特の言葉です。和訳はDudenでも「地域」と記されてますが私なりの見解を先日ブログに書きました、まだの方はご覧ください。
AMPELMANNはご存知の通り、東ベルリン生まれで若きデザイナーマルコス・ヘックハウゼンが愛らしいデザインの信号機が廃棄されていたのを貰い受け、ランプを製作し、製品化することによりメディアに注目され生みの親のペグラウ博士と一緒に東独生まれの歩行者信号機を、新生ドイツの首都ベルリン州の正式信号に制定されることを実現し、東独生まれの(東独人馴染みの)デザインが他にはほぼ皆無なことから、統一の、復活のシンボル、ベルリンのシンボルとしてお陰様で有名になりベルリンミッテ(中央区)に6店舗とレストラン、壁のど真ん中であったポツダム広場、西ベルリンの目抜き通り、ベルリン銀座クーダム、そしてKaDeWeとWertheiimという二大デパート、またデパートチェーンKaufhof各店にも売り場が設けられるほど、ベルリンの顔になってきました。
アンペルマン社創立20周年にあたり、その顔はそのままに、東独生まれの歩行者信号機のキャラクターではあるけれど「ベルリンっ子の一人としてのアンペルマン」世界中から人々が集まってくる国際都市ベルリン生まれのアンペルマンの信号機の緑と赤だけじゃない魅力を打ち出していきます。
c0180686_15454920.jpg
その一つがKIEZ、ベルリンおらが街のTシャツ制作です。
正式には今日の創立記念パーティーでメディアにも発表されますが、27のベルリンKIEZ、各KIEZのTシャツを20枚づつプレゼントします。おらが街KIEZ自慢をしてください!という企画で、もちろん販売も数は限定ですが近日予定しています。
でもベルリンKIEZ自慢ですから、ベルリン関係者が対象となりますね。でも昔住んでいたとか留学してたとか、ベルリン生まれで日本在住!歓迎します。
生まれ育った、または思い出のベルリンKIEZ、写真で自慢してください。
c0180686_15444929.jpg
僕のKIEZはもちろんシャルロッテンブルグです。日本人でありながら、人生で一度しか住所が変わってない僕は、今の建物に住んでもうすぐ36年、シャルロッテンブルクが「おらが街」です。
c0180686_15452051.jpg
c0180686_15432830.jpg
アンペルマンのKIEZ、中央区はこんな感じです。
27デザイン全て、表にはKIEZ名だけ、背中の上部にアンペルマンと各KIEZの「特別」が入っています。
間違いなく、超レア物Tとなります!
c0180686_15425947.jpg




by Toruberlin | 2016-07-26 23:50 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

舞台「星空ロック」

c0180686_00184153.jpg
AMPELMANNベルリンは那須田淳原作の「星空ロック」舞台化にあたり特別協賛で参加します。
この春に原作を拝読し、東京とベルリンを結ぶ、場所だけじゃなく過去と今を結ぶ素敵な物語です。
新春1月にはアンペルマン室内楽と「星空ロック」のコラボコンサートも東京で予定しています。
今週の金曜日がプレミエですがすでに完売、
土曜日の16時、日曜日の1230と16時開演分はまだあります。
どうぞ、下のサイトからお早めに席を確保してください!

ぼくたちの『音』を探す旅が、今、はじまる♪

新感覚音楽劇『星空ロック』2016年7月29日(金)〜31日(日)

29日(金) T18:30
30日(土) B12:30 / B16:00 / S19:30
31日(日) T12:30 / T16:00

劇場:ザムザ阿佐谷

チケット:指定席5500円 自由席4800円

チケット販売ページ:https://hoshizorarock.com/info/

出演:

関谷春子/西園みすず(T/S)・藤田知礼(B)/井手彩音(T)・木下綾菜(B/S)

田中里佳(T)・堀有里(B/S)/岡部遥(T)・平松香帆(B/S)

山本美紀子/斉藤茉優/玉村拓夢

山田梨奈/石川周/前中りさ/西脇里佳/山下みなみ

安藤瞳/亜立大和

脚本・原作 那須田淳

演出 杉山恵

音楽監督 大垣知哉

プロデューサー 山中勝博


特別協賛のAMPELMANN、様々に関わりますがまずは劇場での関係者、また一部の出演者の衣装がアンペルマンTシャツです。そして会場入り口にはベルリンから運びました本物の信号機が設置されます。劇場のどこかに新発売(ベルリンで)のルームランプが置かれる予定です。

そしてコラボグッズ第一弾は上演記念ステッカー!です。

c0180686_00185755.jpg
主人公レオの弾くエレキギターをアンペルマンが持ったモチーフ、そして緑は東京、赤はベルリンの街並みが描かれたアンペルマンベルリン本社デザインチームの自信作です!

発売開始は劇場「ザムザ阿佐ヶ谷」にて7/29からです。もちろんベルリンでは手に入らないステッカーです。

BERLIN-TOKIO、「星空ロック」の舞台である街、二枚セットでどうぞ!

c0180686_00190481.jpg







by Toruberlin | 2016-07-25 17:16 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Trackback | Comments(0)

TAG3 エストニアの首都タリン

c0180686_19540353.jpg
c0180686_19531806.jpg
@ベルリン、7/27水曜日です。今日はアンペルマン社20周年記念日。17時からパーティーがあります。
ブログはタイムリーにも書いてますが、先週のクルーズ日記も並行して続けます。
今日も、キャビンで書いた文章に写真を合わせ、補足します。
c0180686_19524986.jpg
目覚めたらすでに港でした。バルコニーからはお隣に入ってくる船が見えた。
c0180686_19521823.jpg
エメラルドプリンセス、これも大きな船です。
c0180686_19514893.jpg

TAG3


タリン。エストニアの首都タリンではブラスバンドの歓迎演奏で入港、

古都の中心まで徒歩15分で、もちろん歩きました。

天気は良く、真夏!

スカイプが生まれた町で、ネットが進んでると聞いてましたが

港の、普通に遅いFreeWifi以外には、町では発見できなかった。

c0180686_19511847.jpg
パニーニの朝食。エメラルドプリンセスと反対側にはアイーダが入港しました。

c0180686_19504840.jpg



More
by Toruberlin | 2016-07-18 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

Kiezというベルリン語。

c0180686_18203109.jpg

KIEZ 「おらが街」

Kiezってどういう意味ですか?とヴァイオリン弾く娘と歩いていて突然尋ねられたことがあります。それこそ、写真の界隈でした。ドイツ語で理解してることを、とっさに日本語に置き換えるのは難しいことがある。

日本語にぴったりの語がなければ、尚更です。

c0180686_18201826.jpg
ベルリン独特の表現で、「区域」なんだけれど、生活区域という意味合い強く

徒歩圏内にパン屋や肉屋、牛乳屋に炭屋などがある様子

下町らしい街、と僕は昔は理解していたけれど「おらが町」

c0180686_18271986.jpg
c0180686_18270662.jpg

ドイツの辞書Dudenによれば区域、Bezirkだから大ベルリンの区となるのか?

Kiezを区と訳すのは、でも乱暴な気がする。

c0180686_18282967.jpg

池波正太郎先生がエッセイに、子供の頃お住まいだった下町を例に

「その頃は、ちょっとした娯楽、例えば映画も含め、買い物はもとより外食も自分の生活圏から出ることは稀だった」

と書いてらっしゃいます。

浅草からそうは遠くない場所に住んでらっしゃったから少しは他と違うかもしれませんが、でも先生曰く、東京はどこでも、生活圏にほぼなんでも揃っていて、わざわざ他に出かけることは、他に用事がない限り下町の人間はしなかったのだそうです。

後に仕事を持ってから、それで訪れた銀座などに驚き、また通う様子が書かれているけれど、先生よりは30も40年も後の僕の少年時代も生活圏でほとんどを済ますのが普通だった。だからたまの「お出掛け」が特別だった。

日常では徒歩数分圏内に馴染みの八百屋、豆腐屋、肉屋、魚屋、乾物屋、漬物屋、さつま揚げや、餅菓子屋、酒屋があったのも場所もはっきりと覚えてます。(酒屋さんは、まだどれも健在だなー)駅まで行く途中に鰻焼いてる川魚料理専門店(いまでもある!)さつま揚げなどのおでん種を毎日揚げてる店が2-3軒あったし、寿司屋も中華料理でもなんでも、近所だった。唯一鰻だけは、柴又が遠くなかったから、小岩で食べた覚えはないけど、と思ったらトンデモナイ!近所に柳という名店がありました(やはり引っ越したけど健在)。コンビニや近所にスーパーが無く、ちょっとモダンな形態は小売店がひしめくアーケードだけでした。

もちろん、越境通学をしていましたから神保町に寄り道したり、11.2歳からは世界は広がりましたが、でも「何でも」じゃないけれど小岩で普段は充分だったというか、Kiezで毎日を送るのが当たり前だったと覚えてます。

c0180686_18282320.jpg

Kiezというドイツ語のベルリン独特の表現は、たとえば町の様子を描いたH.Zilleの絵とか、世界大戦前の市井の人々の暮らしの様子の写真や映画などで、その舞台を想像してしまうから「下町」とイメージしていたけれど、そして今は、たんに「地域」という言い回しのベルリン独自の表現とされてるようだけれど、「おらが街」と表現したくなる。

c0180686_18275686.jpg
東京では、僕の知る限りでは「谷中銀座」とか「戸越商店街」御徒町から浅草方向に歩くと佐竹商店街とか鳥越商店街があるが、観光で有名になって栄えてるか、または少し寂れているかですね。

他のたくさんの下町と同じく、大資本の台頭とコンビニで、どこも同じような顔になってきてますね。

柴又とか巣鴨とか、門前町は比較的変わらないでいてくれてるか。

根津や千駄木のあたり、また神田の一部や長期滞在の時はアパートを借りる麻布界隈にも昔の雰囲気があるので自然と足が向きます。

c0180686_18265606.jpg

Kiez、ベルリンだと拙宅そば、とくにKaiserdammから北は僕が来た35年前とあまり変わらずにいてくれてます。

旧東は、あまりにその雰囲気が統一後26年で大きく様変わりしたから、逆に残っていないか?プレンツラウワーベルクは、良い意味で再開発されてからもKiez感が濃いです。

c0180686_18200774.jpg

旧西のクロイツベルク、ノイケルンも統一後にかなり変わったけれど、まだ所どころ雰囲気が残ってる。Tiergarten,MoabitやWeddingも同じように大戦後にトルコ人始め外国人が多く住んだから、Kiezの雰囲気も少し違う、クロイツベルクはミッテと並び30年代は、その代表だったろうに。

そう考えると、昔ながらのベルリンらしいKiezって拙宅があるシャルロッテンブルク、あとはシューネベルク、戦前はベルリンじゃなかったけどシュパンダウあたりなのか?

ここに住んだ当初はアパートも石炭ストーヴで500キロとか地下室に配達してもらってました。近所に、買いに行ったこともあった。秋から春先までが石炭で、確かそれ以外はジャガイモなんかが並んでたなー。

2-3軒あったんですが、最後の石炭屋も5-6年前には無くなっていました。でも、街を歩くと雰囲気はまだまだ残っています。

いま人気のMitte,プレンツラウワーベルク、クロイツベルクに、ノイケルン、フリードリヒスハインも良い雰囲気の場所がたくさんありますが、シャルロッテンブルクやシューネベルクの方が変わらない街並みが多い。

いや、たまに行く旧東の奥地にも、戦前のままの雰囲気のKiezが、しばらく行っていませんが、まだまだあるかと思います。

c0180686_18280992.jpg

1980年にはベルリンには23区あり東京と同じだな!と思ったものですが今は統合されて行政区分は12区です。

ダブルネームもありますが、23区時代から段階的統合で名前が表記されてないKiezもあります。


AMPELMANN社は今月末に20周年を記念してTシャツプロジェクトを行います。

Kiez、つまりベルリンの地区の名前をフロントに、背中には各Kiezのシンボル(かつての区の紋章とはかぎらない)がアンペルマンと描かれます。フロントにはKiez名だけ。

「ベルリンおらが街Tシャツプロジェクト」

詳しくは近日!人気投票と各デザインの販売も予定しています。


KIEZ 

下町っぽい生活圏、区域、

「おらが街」


ベルリン語 KIEZを考えてみました。

c0180686_18515777.jpg





by Toruberlin | 2016-07-07 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(4)

ベルリンミッテ(中央区)散歩

c0180686_07051957.jpg
c0180686_07054938.jpg
c0180686_07031283.jpg
AMPELMANNレストランからシュプレー川沿いを歩き大聖堂があるウンターデンリンデンまで来て左に曲がるとすぐにアンペルマンショップがあります。
c0180686_07024267.jpg
ここに来るのは年に数えるほどです。シルクシカーフ、夏帽子に巻きつけたコディネートはオシャレで「これ誰がやったの?」と問うたけど振り向いたのは見たことない若い娘、カウンター内のもう一人も初対面でしたが、彼女は僕のことを知っていてくれて笑顔で答えてくれました。どんどん増えるスタッフ、レストランや店に行くごとに「初めまして!」があります。
ハッケッシャーヒューフェの本店、ウンターデンリンデン店はよく行きますが、この大聖堂店、コンチェルトハウスがあるジャンデルマン広場店、ポツダム広場アルカーデン店、そして近所だけど意外とご無沙汰ベルリン銀座クーダム店の6店舗+レストランですが、今週末に遂にベルリン中央駅に、そしてミッテ最大のショッピングモール、アレキサンダー広場のAlexaにもショップがオープンします。8店舗、新空港がオープンしたら既に店舗は完成してますのでレストランを入れるとベルリンに10店舗です。
c0180686_07014525.jpg
ベルリンミッテの地図がモチーフのシルクスカーフ、残りは200枚+になりました。アンペルマンショップ直営店とWebショップでしか扱っていません。プレゼントに良いですよ!価格もギリギリの低い設定です。イタリアの製造元の言では同程度のクオリティのシルクスカーフの小売価格は120ユーロだそうで、アンペルマンショップでの49,90ユーロはお値打ちです!日本でも限定で少量販売しています、税込み12960円です。Webショップページで商品検索にスカーフと入れてください。
c0180686_07011492.jpg
c0180686_07004438.jpg
大聖堂の前、東独時代はプロシア王家の宮殿を壊したあとに国会がありました。それを更地にして随分と時間が経ちますが、ベルリン宮殿再建(もちろん外見だけ、新築です)かなり進んでて驚きました。
c0180686_07001562.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-28 10:13 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

Euro2016 スロバキア戦。

c0180686_19063334.jpg
日曜日、太陽は出てましたが前日までの35℃クラスの真夏とはガラッと変わり10℃以上気温が下がり、快適な夏でした。18時からドイツ対スロバキア、日曜なのでマルコスのファミリーとご近所さんとレストランで観戦しました。
c0180686_19062686.jpg
アンペルマン社の駐車場もあるんですが日曜日は博物館島は無料で駐車できるし夕方は空いてるはずで先にそちらをトライしたらガラガラでした。橋を渡れば2-3分でSバーン高架下のアンペルマンレストランです。
c0180686_19062088.jpg
c0180686_19061204.jpg
ドイツ戦は満席!
c0180686_19060394.jpg
早速、ボアテンの素晴らしいロングシュート17.5mで1-0 !
c0180686_19055749.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-27 11:01 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

Euro2016 ドイツはベスト16へ。

c0180686_23384713.jpg
c0180686_23381897.jpg
昨日は18時からEuro2016 ドイツ対初参加の北アイルランドでした。
アンペルマン社のサッカー観たいメンバーは早く仕事を始めたそうで、僕もマルコスと観戦の約束をしていました。ブランデンブルク門前から戦勝記念塔までがファンマイレで通行止め、それで東(ミッテ)への車移動は時間がかかります。Miniで細い道を抜けキックオフ2-3分後に到着!
c0180686_23374810.jpg
c0180686_23371822.jpg
ビーチチェアがスラッと並んで壮観でした。
c0180686_23364827.jpg
裏には炭火焼屋台。肩ロースを焼いたのをパンに挟んだのがマルコスのオススメでした。(後で!とビールばかり飲んでて結局食べ損ねました!日曜に!)
c0180686_23361881.jpg
c0180686_23354891.jpg


More
by Toruberlin | 2016-06-22 16:23 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

天候不順、ベルリンはまだまだマシだけれど。

c0180686_15251775.jpg
マルコスとMTGすることは特にないけれど一つ用事があり、13時以降1730頃まではOKと朝メールをしたら、じゃあ13時過ぎにレストランで!となりました。
MINIを運転して(そういう感じ)ミッテへ。旧市街を走るのは楽しい!
上の写真はマルコスのグラス、僕は生ビールより美味しい瓶のアウグスティーナ。(日本で感じましたが、生ビールは最近味落ちた?日本では圧倒的に瓶の方が美味しい!いや、恵比寿のアンペルマンカフェでだしてたEdelpilsは生でも美味しかったけれど)
c0180686_15244850.jpg
ドイツで瓶ビールを飲むことは(缶ビールも)ほとんどありません、生のが美味しいから。しかしこのアウグスティーナは美味い!アンペルマンレストランのBeachBarで呑めます!
乾杯したあたりで雲が広がりマルコスのiPhone気象レーダーも数分後にレストラン上空に大雨の予報!テラスの大きな傘に守られてる席以外は中に入ってもらい、椅子のクッションをスタッフと避難させていたら。土砂降りが来ました。
春らしいとも言えますが、ここ数日、夜に雷と大雨が多い。週間予報も金曜まで晴と混ざっています。
ベルリンはそれでも大した被害はありませんが南ドイツは洪水、鉄砲水でひどい被害になっています。水は生活に不可欠だけれども短期間に降る大雨、そして専門家がやってるだろうけれど治水事業の弱点に不運が合わさってしまうと、大地震と変わらないような、写真ではそれ以上の瓦礫の山に車が巻き込まれたような景色が報道されています。
100年に一度の大水も大変でしたが、水位が上がるのはまだ備える時間がありますが、鉄砲水は怖いですね。
平地で湖にも川にもキャパがあるベルリン、ここに大都会を作った先見の明は素晴らしいです。
c0180686_15241801.jpg


More
by Toruberlin | 2016-05-31 07:15 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN本社とランチ。

c0180686_04181007.jpg
c0180686_04180392.jpg
木曜日、6/6のKAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioの会場で打ち合わせしてから、その近所のラーメン屋MenMenさんにもポスターを貼ってもらい、さて家に帰るか?それともマルコスに電話してみるか?
c0180686_04195444.jpg


More
by Toruberlin | 2016-05-29 00:14 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)