ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

土曜日、夕方は御近所散歩でワ..
at 2018-02-21 14:20
旧暦の元日、金曜日。
at 2018-02-21 10:00
AMPELMANN室内楽 デ..
at 2018-02-20 13:48
アンペルマン室内楽2018 ..
at 2018-02-19 15:15
AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近所散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16
氷点下の日々ですが、天気良く..
at 2018-02-08 23:30

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:アンペルマン室内楽 ( 132 ) タグの人気記事

帰国日記@ベルリン 29 東京公演打ち上げ

c0180686_04203382.jpg
サロン・テッセラから徒歩2-3分のお店、ここは人気店で弦楽クインテットの時は入れませんでしたが早い時間ならOKなのは2013年の春に知ったので、この日も本番前にまだ準備中でしたが伺い、予約しておきました。
〆には雲丹の炊き込み御飯が◎なお店です。
11/9はYッキーの誕生日でした。ベルリンの壁崩壊と同じ日です。
c0180686_04201744.jpg
僕は片付けとKBをSちゃんに車で運んでもらったので少し遅れて店へ。演奏者組とベルリンコミュニティーを上手く分け、Hちゃんと僕がその真ん中という上手い具合の振り分け、きっとパッパと決めたんだろうなー。誰が仕切ったかは想像できます。
c0180686_04195594.jpg
クインテット+作曲家夫婦。乾杯、お疲れ様でした!
c0180686_04193677.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-16 20:13 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン 28 AMPELMANN室内楽東京公演

c0180686_22313319.jpg
アンペルマンクインテット2014東京公演です。今回は三軒茶屋のサロン・テッセラさん、4回目です。正直言えば、今回のプログラムには空間が狭すぎたかなー?白寿ホールの方が良かったのは間違い無いですが、それには予算が足りない。
曲も(編成も)会場を選びます。近々になんとかしたいテーマです。
でもしかし、今回の「社交界の愉しみ=サロン」というテーマにはぴったりの会場でした。
c0180686_22325243.jpg
曲目はポスターの通りです。
クラシックのセビリア(ロッシーニ)から始め、イタリアつながりで美しきマスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲、高橋幸代の新曲「光の降る夜に」そして自身の作品を編曲したBerlin1920's。
後半は「通常なら5人での演奏は有り得ない」タンホイザーの序曲、そしてハーゼンエールの「もう一人のティル」でした。
最初と最後以外は、全てに作曲家高橋幸代に関わってもらいました。
c0180686_22311040.jpg
サロン・テッセラに到着。三軒茶屋の駅前にある個人のお宅の最上階2フロア吹き抜けのホールです。歌の友人の紹介で知ったのですが、昔から関わりのあるサントリーホールの音響も手がけた永田穂音響設計事務所の作品というのも、縁があります。
c0180686_22305555.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-16 18:35 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(6)

帰国日記@ベルリン 27 伊達保原コンサート

c0180686_08233350.jpg
秋の帰国日記、続きます。
11/7、トラットリアLaWasabiでの昼食後、散歩がてら会場まで戻り、各自自由時間。
そして少しだけリハして1730開場、18時公演でした。
c0180686_08284968.jpg
c0180686_08213487.jpg
コンサートのはじめに寛仁親王妃信子殿下から伊達保原のみなさんにお言葉がありました。
c0180686_08231410.jpg
c0180686_08230048.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-16 00:12 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

帰国日記@ベルリン26 アンペルマンクインテット伊達保原公演。

c0180686_09204526.jpg
帰国日記@ベルリン、昨秋の日記を伊達保原公演前(No.25までは11月をご覧ください)までで中断し、欠落していた2013年秋のアンペルマン室内楽2013の最後の数日を番外編として①から⑧まで載せました。
では、昨秋の帰国日記、続けます。
c0180686_09201831.jpg
晩御飯がすごいけれど、朝ごはんも毎回楽しみな飯坂温泉の青葉旅館。朝風呂の後、朝からたっぷりと食して保原町へ。
c0180686_09200676.jpg
この編成では初めての会場なので、1時間前に少しリハ。写真はその前の各自の音出し。
c0180686_09195295.jpg
生徒さんの入場が終わり(実に迅速)
c0180686_09193903.jpg
写真がないのですが、寛仁親王妃信子殿下のお言葉からコンサートは始まりました。


More
by Toruberlin | 2015-01-13 01:54 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)

番外編⑧帰国日記@ベルリン Gustav Riviniusとデュエット。

c0180686_21392496.jpg
番外編帰国日記@ベルリン2013秋、最後です。
東京公演の写真、すでにたくさん載せましたが、チェロのグスティとの写真、良いのが大量にあるのです。
今回はバリエール(原曲は二本のヴィオラ・ダ・ガンバ)を前半に、チェロとコントラバスと言ったらこの曲!のロッシーニを後半に演奏しました。
Tちゃんが撮ってくれた写真、時系列になってますので写真を眺めてると曲のどこを弾いているか、判ります。
グスティが弾いてるのはジェノバのCastello作のチェロ、友人のご厚意でお借りしました。AMPELMANN室内楽のオクテットでミシャが使わせてもらった楽器です。
僕が弾いてるKBは1851年フィレンツェのFrancesco Bracci作です。
コレクターが100年くらい持っていた楽器でダメージなし。日本においてあるので年に2回しか会えませんが、いつも素晴らしく鳴ってくれます。
c0180686_21384406.jpg
カルテットの後、二人で舞台に登場。バリエールです。
c0180686_21382480.jpg
c0180686_21380266.jpg
c0180686_21374079.jpg
まだ弾いてませんね。


グスティとのデュエット、写真集。
by Toruberlin | 2015-01-10 15:21 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

番外編⑦帰国日記@ベルリン 2013年秋 東京

c0180686_19185017.jpg
さて、東京公演の翌日、僕はホテルに荷物を置いて友人と箱根に日帰り入浴。
そして夜はY嬢と「お疲れさま会」でした。新橋の炉端焼き「うだつ」さんにて。
コートをハンガーにかけてカウンターの角に座ったら、コートに帽子が良い感じ。Y嬢に戻ってもらって撮った一枚、気に入っています。
c0180686_19183226.jpg
「お疲れさま!」楽しいのは間違いないけれど、大変でもある室内楽。そして演奏以外の「大変なこと」もある。かなり疲れていただろうとは思いましたが少し強引に食事に連れ出しました。
やはり行ってよかった。締めくくりは大事です。
ここはY嬢とも2回目、昨年の秋には行けなかった、というかY嬢の日本滞在時間が学校の関係で短く、東京では本番後の打ち上げだけ、翌日はドイツに戻ったのです。
c0180686_19181716.jpg
c0180686_19180281.jpg
ここは刺身も良い。でもメインは野菜たち。
c0180686_19174385.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-10 10:47 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

番外編⑥帰国日記@ベルリン 2013年秋 東京公演 (11/2)

c0180686_10245478.jpg
c0180686_10253158.jpg
東京公演終了しました。すぐに着替えてロビーへ。
c0180686_10243319.jpg
元ペンタックス社長のTさん。
c0180686_10241591.jpg
奥様とグスティも。
c0180686_10235868.jpg
お世話になったT川さん。


More
by Toruberlin | 2015-01-10 00:59 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

番外編⑤帰国日記@ベルリン 2013年秋 東京公演 (11/2)

c0180686_05165794.jpg
2013年11月2日、アンペルマン室内楽「もうひとつの弦楽四重奏」東京公演です。
昨年秋の日記も伊達公演の前で止まっていますが、番外編として2013年秋の書き残していた数日を綴っています。
伊達保原公演の翌日に東京へ移動し柴又を散策。夕方に白寿ホールに入ってリハーサルし夜、本番でした。
c0180686_05164203.jpg
たくさんのお客様においでいただきました。
c0180686_05162990.jpg
ロビーはアンペルマングッズを見てくださり買ってくださる方々で満杯だったようです。
c0180686_05161129.jpg
白寿ホール。素敵な、そして音響の良いホールです。使用料が半分くらいだったら、いつもここでやりたいなー!仕方ないんだろうけれど。
c0180686_05155519.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-09 23:10 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(0)

番外編③帰国日記@ベルリン 2013年秋の伊達公演(11/1)

c0180686_22402916.jpg
c0180686_10052403.jpg
夜は初めての伊達保原公演でした。寛仁親王妃信子殿下はじめ伊達市長、地元の皆さんでチケットは早くに完売、満席でした。
c0180686_22395700.jpg
c0180686_22393852.jpg
午前中は小学生の皆さんに、そして夜のアンペルマン・カルテットコンサートには一般の皆様に寛仁親王妃信子殿下からお言葉を賜りました。
c0180686_22391411.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-08 18:39 | AMPELMANN Japan2013 | Trackback | Comments(2)

帰国日記@ベルリン 19(続続々) コンサート翌日@アルチジャーノ

c0180686_08573299.jpg
c0180686_08571518.jpg
コンサート翌日の晩餐は古橋さんの御蔵の一部で営業してるイタリアン、アルチジャーノさんでした。ここもコンサート開催前、初めて津和野を訪れた時に昼に伺い、美味しいカーショエペペを作ってもらった馴染みの店です。
J君とCちゃん夫婦のお店。生パスタがウリのイタリアンですが、夜はいつもコースです。やはり2年前だったかな?あのときはJ君の師匠pinorossoのAシェフもお手伝いにおいでになっての賑やかな晩餐でした。東京から聴きに来てくれた九段中の同期生たちも実行委員会の計らいで一緒の晩餐でした。また昨年の打ち上げもこちらの料理を奥の蔵で大勢で食しての打ち上げでした!
c0180686_08565233.jpg


More
by Toruberlin | 2014-11-24 23:59 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)