ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

現代曲 Ensemble U..
at 2019-02-17 23:57
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-16 23:53
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-15 23:53
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-14 23:50
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-13 23:47
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-12 23:59
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-11 23:49
夏のイタリア日記 Vol.1..
at 2019-02-10 23:59
ベルリンSavigny広場界隈
at 2019-02-09 23:18
金曜日の晩餐
at 2019-02-08 18:10
三つ子の魂百まで
at 2019-02-07 16:59
青柳陽一「岩魚が呼んだ」とJ..
at 2019-02-06 23:58
(続)TAPバーから拙宅晩餐..
at 2019-02-05 23:27
TAPバーから拙宅晩餐の日曜日
at 2019-02-04 23:56
ヴァイオリニスト諏訪根自子さん
at 2019-02-03 23:51
豚肉2種類でボッリートミスト
at 2019-02-02 21:52
1/31 今年もWitt邸で。
at 2019-02-01 23:13
Kern社のCマウントレンズ..
at 2019-01-31 17:20
オールドレンズ
at 2019-01-30 23:38
Cマウントレンズ
at 2019-01-29 23:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

古橋さん、酒造りお疲れ様..
by Toruberlin at 06:35
羨ましく夏のイタリア日記..
by 古橋貴正 at 02:00
コメントありがとう!書い..
by Toruberlin at 09:03
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 16:10
楽器が全てじゃなく大事な..
by Toruberlin at 00:44
楽器と深く関わると言うこ..
by 植木信勝 at 22:53
謹賀新年、今年も健康で楽..
by Toruberlin at 21:43
明けましておめでとうござ..
by 古橋貴正 at 09:19
yuさん、こんばんは。コ..
by Toruberlin at 02:41
徹さん、滞在中は色々とお..
by yu at 21:38
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 17:41
美食三昧の1週間でした(..
by 古橋貴正 at 23:08
午後に成田着、羽田に移動..
by Toruberlin at 17:33
今回は短いご滞在でしたが..
by Toruberlin at 17:29
ウエルカムビール、格別な..
by 古橋貴正 at 08:33
昨日遅くに津和野に帰って..
by 古橋貴正 at 08:30
そう思ったら、こんなに書..
by Toruberlin at 00:32
ただの棒ですよね。
by Riki at 21:53
古橋さん、ウエルカム!で..
by Toruberlin at 22:49
今回もお世話になります!..
by 古橋貴正 at 23:36

検索

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:イタリアン ( 167 ) タグの人気記事

夏のイタリア日記 Vol.17 Buongiorno in Apricale

c0180686_04370744.jpg
c0180686_04372111.jpg
Apricale 2日目の朝です。良い天気でした!
c0180686_04365741.jpg
c0180686_04364858.jpg
c0180686_04363500.jpg
バルコニーから左、正面、右。
c0180686_04362540.jpg
まずは朝ご飯へ。
c0180686_04361771.jpg
c0180686_04360970.jpg
c0180686_04360137.jpg
c0180686_04355310.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-16 23:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.16 晩御飯

c0180686_22273932.jpg
c0180686_22274884.jpg
c0180686_22272166.jpg
夏のイタリア(まだ8/20、続いてます)日記、どんどん行きます。
立ち上がれば泊まってる部屋も見える広場のテーブルに着きました。もう一軒のレストラン、その先の景色と変わりゆく空の色を眺めながらの晩御飯です。
2軒を見比べて(メニューと様子)もう一軒の方はリストランテ、きっとちゃんとしてるけれど、こちらを選びました。これは勘です。スタッフはみんな最高だったしワインも美味しく料理も良かった!
最初の決定的な決め手は眺めか?
c0180686_22264453.jpg
建物を背にするのは落ち着きます。翌日もここで食べたんですが、この席は無く、もっと左側でした。それが幸運だったんですが、それは次の日記に書きます。
c0180686_22260917.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-15 23:53 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

夏のイタリア日記 Vol.15 Apricale

c0180686_18251344.jpg
c0180686_18311506.jpg
c0180686_18312443.jpg
古都には猫が似合いますね。部屋でお茶飲んで着替えて、晩御飯を何処にするか探しつつの散歩に出ました。普段から散歩好きですが旅行のメインは街散策です。
c0180686_18310680.jpg
お隣は土産物屋でした、たぶん唯一。
c0180686_18305532.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-14 23:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.14 山上の古都Apricaleへ

c0180686_17233585.jpg
c0180686_17241948.jpg
ノーリでSさんEさんと知り合い、カタリーナたちとAliceのフリットとVermicelli alla VongoeメインのPranzoのあと海沿いを西へ向かいました。しばらくは良いんですが下の海沿いの道といっても海が見える景色が良いのは一部+混雑なので途中からAutostradaを走りました。
c0180686_17285883.jpg
8月の下旬ですが、さすがの僕も常時日向はきついくらいの日差しでした。7月から8月初めはもっと強力!でも、それもまた懐かしい。
ニースに向かうアウトストラーダから一般道を北上しApricaleに到着。ご覧の通りの(そんな高い山ではないですが)山岳都市。中世は街を守るのが第一義でしたから、有効な方法だったんでしょう。
ここには貸アパートも多く、ドイツ語も度々聞こえました。ハンブルクからのファミリーと隣のテーブルになって、何度か会話しましたが、アパートに長期滞在だそうです。古いこういう街ですからホテルは並んでない。街の外にも旅籠、街を眺める場所にホテルが一軒、ネットで探してもイチオシは僕らが泊まったホテルでした。
c0180686_17231928.jpg
駐車場に車を置いて(町営で無料が嬉しい)街に入る(であろう)一本道の手前に
c0180686_17225154.jpg
ここが泊まったホテルのレセプションです。
c0180686_17223745.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-13 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.13 (続)ノーリをひとまず離れた日

c0180686_01160923.jpg
ノーリの魚屋で。海沿いの街で魚屋は珍しい、と書くほどでもないですが市場で漁師が直接売るから魚屋はないという場所、多いです。シチリアでも魚買うなら青空メルカートだった。チンクエテッレで魚屋をさんざん探したが肉屋しかない。朝から漁師が売って、昼前には売り切れちゃうから店も仕舞ってなくなる、って感じでした。ここはレストランも多いし需要があるのでしょう。地物を買うのが一番だけどアドリア海のヴォンゴレを買っての昼ごはんでした。
Vol.11&12ですでに書いた8/20なんですがApricaleに着いた時の写真をiPhoneで探したら、ノーリの写真たちもぞろっと出てきたのでVol.13もノーリです。
c0180686_01155902.jpg
その昼ごはん、aliciのフリットの後に。家では良い材料で単純な食事が嬉しい。彼らの家はロケーションがこの上ないから嬉しいです。次回はリグーリア鮪に鯵も美味しそうなのがあったから
c0180686_01162038.jpg
烏賊もあるし、次回は鮨を握るか?!
c0180686_01154700.jpg
Sさんたちと出会った海沿いの店。
c0180686_01153879.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-12 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.12 Pranzo

c0180686_04201955.jpg
c0180686_04195348.jpg
Aliciを冷蔵庫から出したら、ベルリンで市場で仕入れたくらいの新鮮さ。そう、1日の差があるのです。前夜はグリル?と思ってたけれど、このサイズならフリットが絶対に美味しい!言うと、私やったことないからToruお願い!
いや、あれだけ揚げ物上手なんだからできないわけないけれど(ミラノに泊まりに行った時にフルコースは見事でした!)僕がさっと揚げました。
c0180686_04194593.jpg
c0180686_04192903.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-11 23:49 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.11 ノーリをひとまず離れる日

c0180686_04243856.jpg
c0180686_04242948.jpg
唐突ですがイタリア日記続けます、夏を懐かしんで。
なんともうVol.11、一気に書きます、あと4-5本かなー?お付き合いください。


前回は8/19日曜日、夕方にはクリスチャンもミラノへ。月曜日の朝はカタリーナたち車がない。まずは買い出しにお付き合いしました。僕らはイタリアについてから見つけた山の上(高い山じゃないけど)にある街に2泊することにしてました。ニースに向かって海沿いを走りフランスに入る手前を北上です。
さて、まずは浜で海に入り、それから街にお買い物。
c0180686_04240197.jpg
烏賊、美味しかったよー!と挨拶。この日はうまそうな鯵が並んでましたが(刺身で食べたかった!)ベルリンから持っていったお米も食べちゃったし、前日に用意していたAliciをまだ全く食べてなかったので昼にフリットするつもりでした。だから残念ながら見ただけ。
c0180686_04240926.jpg
彼が売ってるのはこの船で獲ってくるのです。
c0180686_04235281.jpg
c0180686_04233945.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-10 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

金曜日の晩餐

c0180686_23135480.jpg
久しぶりのLindenberg、アンペルマンがレストランを手放してしまい、ドイツ人らしい事務手続きで登録番号も返却(なんの弊害もなんだから、普通はしないよなー)、一般客と同じ額でしか買えなくなると、回数はやはり減ります。2-4割価格が違うってのは大きいです。でもね新鮮な魚介類、野菜、肉も美味しいからKaDeWeなどと並んでベストな食材が手に入る場所として一番のオススメです。
c0180686_23125620.jpg
c0180686_23124761.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-08 18:10 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

豚肉2種類でボッリートミスト

c0180686_12513204.jpeg
ボッリートミスト、イタリアおでん。上の写真はAMPELMANN.jpでも使わせていただきましたが料理教室arno主催のAyumiKawaiさん撮影です。洗ったままかけておけば自然な良いシワが出る!体にピタッとくるから好き!と長年ご愛用いただいてます。
僕も5-6枚は確保しましたが、売り切れて久しいこの製品、もう手に入りません。持ってる方は大事にしてください。
また出せば良いんですが、なんども本社デザインルームに提案しても、新しいことがしたいようで、でも試作を重ねても気に入らないetc.また、私(とこのブログを読んでくれる料理好きな方々)は特別で、そこまでエプロンの需要というか売れ筋ではなかったらしいんですが、私はアンペルマンのベスト5には入るオススメでした。子供用も可愛く、でも残念ながら全て贈ってしまい、いま差し上げたい相手はたくさんいるのに残念です。
c0180686_12562066.jpg
c0180686_12560899.jpg
c0180686_12555064.jpg
さて、今日はイタリアおでんのボッリートミスト。これ、肉と野菜のおでんで、臓物以外ならなんでも好きに入れる!ってノリらしいんですが、もちろん美味しさのために組合わせは考えます。前回と野菜は同じ、肉をオックステールと仔牛のタンから豚バラとアイスバイン(骨つきスネ肉)に変えてみました。
c0180686_12553760.jpg
これは一昨日Witt邸で奥様にいただいたガチョウのリレット。ガチョウ脂はクリスマスに焼いた時に作り、まだ保存してますが、奥様は残った肉(僕はおつまみにしちゃいました、冷えたガチョー肉、美味いのです)と脂を混ぜて瓶詰めに。1L弱、用意してくれてました。
ボッリートミストの作り方などは前回のブログをどうぞ




More
by Toruberlin | 2019-02-02 21:52 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

イタリアのおでん、ボッリートミスト

c0180686_21225282.jpg
ボッリートミスト、名前からして混ぜこぜ(ミスト)茹で。定義は肉と野菜で内蔵以外なんでも良いんだそうです。内蔵もうまく使えば別の味にはなるけれど美味しいんじゃなかと思いますが、まだ試してません。
超有名ブログ「フィレンツェ田舎生活便り」の千穂さんの御宅でご主人のアントネッロの料理教室に参加した時


彼の故郷プーリアでは三種類の別の動物の肉を一緒に煮込む!って料理でした。豚バラ、仔牛のインヴォルティーニと子羊。ボッリートミストでは、豚のソーセージやパンチェッタ、鶏を煮込むのが一般的な様です。
が、最初から思いました。鶏出汁は美味しくて大好きですが、煮込んだら美味しくない。鶏鍋でも茹だって直ぐが美味しい!醤油味だと手羽先の煮込みなんて美味しいけれど、あれは手羽先に味をつける単独料理。基本的には具から出た味に+塩の料理のボッリートミストに鶏は向かないと判断しました。
また子羊も強すぎる?まあ家内があまり好きじゃないのもあって、まずは却下。豚はきっと美味しいです、次回に考えてます。
オックステールとパンチェッタ、仔牛のタンで作ったのが最初でしたが、これが美味しかった!
野菜は好みで自由です。でも肉と同じ様に相性ってもんがありますよね、これもセンスと好みです。
また最初に材料全部入れて茹で上がったのから出していくっていう本にあった料理法は、やはり違うと思いました。
それで野菜は時間かかるものから順に時間差で入れてます。
c0180686_21220397.jpg


More
by Toruberlin | 2019-01-25 23:20 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)