人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

7月13日、59歳になりました。
at 2019-07-13 23:03
なんとWifi不具合
at 2019-07-11 23:50
全部て5本届いた、弓の話。
at 2019-07-10 09:43
ベルリンでの夏の昼ごはん。
at 2019-07-09 12:55
稀に新鮮な鯵が入った時は。
at 2019-07-08 23:20
来年3月、Paris-Tok..
at 2019-07-07 04:45
マイボトル
at 2019-07-06 14:45
クラシックカー好きですよ、も..
at 2019-07-05 23:01
新鮮な鰯とTボーン
at 2019-07-04 09:51
夏の普段ご飯。
at 2019-07-03 09:35
クロイツベルクにて 6/28
at 2019-07-02 14:40
日曜朝に届いた弓たちの試奏は..
at 2019-07-01 08:57
1年振りに。
at 2019-06-30 01:13
1993年から乗ってるMin..
at 2019-06-29 08:08
冷やし饂飩、シュパーゲル、T..
at 2019-06-28 08:08
また、声優仕事の帰りに。
at 2019-06-27 10:36
ボルンホルム橋駅で途中下車し..
at 2019-06-26 13:49
夏らしいベルリン、楽しまなきゃ!
at 2019-06-25 08:08
加仁湯仕込み!「岩魚が呼んだ」
at 2019-06-24 08:36
「岩魚が呼んだ」レビューを書..
at 2019-06-23 06:14

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19
喜んで頂けて何よりです。..
by Zeiss_Mania at 14:49
お、ラーメン仕込みますか..
by Toruberlin at 03:30
パスタとラーメン、とても..
by Zeiss_Mania at 01:18
おはようございます。公園..
by Toruberlin at 14:24
レンズ到着したら、MIN..
by Zeiss_Mania at 06:48
自分から入ることはまずな..
by Toruberlin at 15:34
令和になった、改元した日..
by Toruberlin at 15:25
私もたまにサイゼリアに行..
by みさ at 07:56
小岩に行かれて私も嬉しい..
by みさ at 07:51
ブログの花の写真、拝見し..
by Toruberlin at 22:55

検索

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:イタリアン ( 184 ) タグの人気記事

新鮮な鰯とTボーン

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by Toruberlin | 2019-07-04 09:51 | 美味しい楽しい話

真夏はハイボール?!

c0180686_17080841.jpg
c0180686_17074776.jpg
c0180686_17075778.jpg
ベルリンの真夏な感じが伝わるの、こういう写真と思いませんか?
バルコニーで好きな銘柄のハイボール。
ストレートで飲むのとは、またちょっとチョイスが異なります。かなり高級な酒で何度も試したわけじゃないですが、あまり意味がない。山崎のハイボールも、あまり美味しいと思ったことがありません。ま、作り方にも依るから、なんとも言えませんが。
角瓶のハイボールは確かに美味しい、ストレートに比べると、ハイボールにずっとずっと適してるのが判ります。
さて、ウイスキーはストレート!ハイボールなんかのためにあるんじゃあない、という意見も多くあるとは思いますが(そして共感できますが、というのは薄い水割りでその酒の場を無難に過ごす、なんて飲み方は好きじゃないからです。薄い水割りが好物なら良いですが)美味しいハイボールを究めるのも面白いです。
ドイツは日本よりもウイスキーが高い。これ、本当に面白く、ほとんどの名産品は「元高」と言って、自信ある商品は地元が高いことが多い。スコットランドでは、小売は高価です。ロンドンも同じ、ベルリンより高いらしい。で、それは税の所為?、もちろんそれは大きいが、でもそれだけじゃないのは空港の免税店を見れば判ります。東京の安い店よりもずっと高い。有楽町ビックカメラも安かったけど、銀座の裏通りのウイスキーがずらっと並んでる専門店のフレンドリー価格には秋に驚きました!Oban14年がベルリンのほぼ半額だった。
日本で安価なのは貿易均衡の影響とか、あまり売れないウイスキーを利益を薄くしてもの販売競争も、きっと理由でしょう。

ハイボール、美味しいのを飲みたいと思ったら自分で作るに限ります。
まずグラス、薄いスッキリしたグラスで飲むのも悪くない。美味しい経験が何度かあります。錫のはダメです。美味しくない。
僕はいくつかお気に入りを持ってますが、最近は写真のグラス一筋。80年代に求めたP.Picassoのグラス、吹きガラスで厚手ですが、これで飲むのが一番美味しいです。
真夏は、って書きましたが、例えばビールは春夏秋冬いつでも美味しいように、夏限定にしなくてもいいんですが、でも大好物の冷えた白ワインと同じくらい、夏にはハイボールが美味いんです。昨年、炭酸水を作る機械を買ったのもその為。
ペットボトル消費削減でマイボトルブームが来そうです。良いことです。喉乾いたときに、そこにある自販機は嬉しいけれど、その便利に慣れすぎてるのも贅沢すぎるのかもしれない。
マイボトル用の給水機、イタリアでも市営のを何回も使いましたが、でも大抵、美味しくない。多分、東京のも、そうじゃないかなー?僕は自販機がなかったら、やはり店にちょこっと立ち寄るのが好きです。せっかく店がそこにあるんだから。
話が逸れました。ベルリンの水は地下水なんです。浄水所ももちろんあり、川に流していますが、飲料水の取水口は川にはない。地下水なんです。だから、ベルリンの水道水は美味しい!です、買った水よりも。それに炭酸を加えています。
これもハイボールが美味しい理由の1つかもしれません。
c0180686_17073627.jpg


More
by Toruberlin | 2019-06-09 10:03 | ご馳走/料理 | Comments(0)

土曜日、拙宅にて。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by Toruberlin | 2019-03-17 23:32 | 美味しい楽しい話

(続)楽しい晩餐

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by Toruberlin | 2019-03-13 00:13 | 美味しい楽しい話

楽しい晩餐

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by Toruberlin | 2019-03-12 23:35 | 美味しい楽しい話

買い出しツアー

c0180686_21091537.jpg
c0180686_21082379.jpg
拙宅でイタリアンを召し上がり気に入ってくださったNファミリー、食材の話になりチェントロイタリアにご一緒しました。家の前で待ち合わせ、その数分、綺麗な街が見られました。
c0180686_21081540.jpg


More
by Toruberlin | 2019-03-03 23:58 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)

海系のToruスペシャル、完成!

c0180686_18424572.jpg
Toruスペシャル、知ってる人は知ってる(当たり前だけど)独自のパスタです。
1も2も、イタリアの普通の食材。だけど知ってる限り、存在しない様です。
それに加えて、イタリア人が考えつかないのが(やらないのが)肉と合わせること。ラグー以外にはほとんどありません。
そういう意味では80年代始めからの豚バラパスタも豚バラシャンピもToruスペシャルではあります。バター仕立てで美味いんです。
オリジナルでも、イタリアで長く培われたレシピ(+レシピアイデア)を拝借してのパスタ料理、大好きですしバリエーションは豊富になりました。
さて、お正月に欠かせない数の子。秋に戻ってくるときに運ぶんですが、昨年は戻りが早くて「ご贈答用」がまだ手に入らなかった。絶対にベルリンにあるはず!という思いは頭の隅にいつもあり、探しても1トン4000ドルってのは見つけましたが、他にはなかった。コンサートによく来てくれるT子さんから拙宅での晩餐だったか(餃子とラーメンの時か?)で数の子の話をちらっと聞いていて、年末にLineで尋ねたら、ヴァカンス中だったのにママ友仲間で調べてくれて(彼女は、速い!)そのお陰で2kgの美しい美味しい数の子が手に入りました。お正月はもちろん、数の子は基本的に大好物で、数の子と冷酒、なんて贅沢も年明けにしてました。
c0180686_18423689.jpg
その探した歴史は(笑)長く、秋の帰国前に手に入れたのが数の子ペーストでした。買ってみて(何にも詳しく書いてなかったので)塊じゃなく一瞬落胆したんですが、それをニンニクとペペロンチーノとだけで作ってみたら、あら美味しい!
塩辛いからバランスのコツは要ります。
で、当然なことに大好物のイカ、エビ、ヴォンゴレと合わすことも考えました。
イカスミも大好物だけど、黄色い粒ではなくなってしまう。でも美味しいイカスミは手に入るから隠し味には最高かもしれないと、いま書きながら思いました。
c0180686_18422806.jpg


More
by Toruberlin | 2019-03-01 23:39 | ご馳走/料理 | Comments(0)

金曜日の晩餐、晩餐編

c0180686_00553835.jpg
c0180686_00552891.jpg
c0180686_00551776.jpg
さて久方ぶりのベルリン日記、「さーて何を食おうかな?」にふさわしい巻です。
我がテニスクラブでの2回目の「鱒」を聴きに来てくださり、お誘いしたら翌日のブリッツ城コンサートにも4人で来てくれたNファミリー。ベルリン赴任は二度目だそうですが、「鱒」が初めましてでした。
後日、素晴らしいイタリアンにご招待いただき、何となく意気投合で次は拙宅で!となったのは自然な流れでした。
「腕自慢」でもないんですが、趣味が会う方々は拙宅に来ていただいて一緒に過ごすのが一番好きです。
c0180686_00543902.jpg
c0180686_00544902.jpg
いつも書いてますが晩餐は仕入れ、調理、準備からが楽しい!
準備編はすでにブログに書いてました。



More
by Toruberlin | 2019-02-28 23:21 | 美味しい楽しい話 | Comments(0)

五弦コントラバス

c0180686_00123554.jpg
4弦と5弦
前に結構有名な人が主張した話を聞いた。こう考えてる人は少なくないのです。
4弦のクリアな響きがマスト云々と来て
低音弾くためにエクステンション案がでる。
4弦をオケに混ぜると、確かにバス弾きにはクリアに聞こえる。バスがクリアなのは悪いことじゃないが、クリアって言葉にコンプレックスがある?
真面目に新作を好む傾向も、似ている。
弾きやすくクリアだから。
クリアが大事なら五度調弦にする手もある。かなりクリアになります。
c0180686_00153951.jpg
もちろん五弦領域の低音を、持っている良い楽器で出せるのは良い。その為のエクステンション導入を否定してません。
でも五弦の響きが必要な作品は、多いです。
c0180686_00141317.jpg
チェロと同じ五度調弦に、今の多くのバス弾きが目指してることを思うと、そうしないのが不思議です。
楽器が鳴りまくる、自然だから。
小振りな楽器を五度調弦にしてチェロ弾きがKB弾きたいからって小型イタリアンを探してるって話、前に書きましたが、チェロを目指すなら、KBも五度調弦が良いかと思います。
c0180686_00124329.jpg
でもKBの響きはなくなる。
だからやらないし、5弦の響きが好きなんです。
4度調弦という弦楽器(今の)たちとは違う(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロは五度調弦)ことがコントラバスという楽器の魅力の一つと確信しています。
それはクリアじゃない、鈍臭くもある魅力と重なっています。
え、まるでチェロみたい!鮮やか!
は最上な褒め言葉ではないんです。
c0180686_00125688.jpg










by Toruberlin | 2019-02-27 23:53 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

夏のイタリア日記 Vol.25 番外写真編

c0180686_10292495.jpg
可愛いEと前の海で獲れたイワシの味見中。
夏のイタリア、家内のカメラからの写真で綴ります。
c0180686_10291632.jpg
街に歩いて(ビーチ目指して)降りた朝。
c0180686_10201026.jpg
からのカフェ。
c0180686_10205421.jpg
チェントロでクリスチャンと。
c0180686_10211015.jpg
魚屋の孫娘と。
c0180686_10202551.jpg


More
by Toruberlin | 2019-02-25 23:28 | 旅行 | Comments(0)