人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フランス娘 C.Bruger..
at 2020-07-10 07:13
弓の話、まだ続きます。
at 2020-07-09 09:00
強火で焼きなさんな、じゃない..
at 2020-07-08 23:00
A.Nürnberger
at 2020-07-08 14:47
弓って面白い!Hoyer編
at 2020-07-08 07:52
パーフェクトな虹
at 2020-07-07 11:11
そら豆のパスタ レシピブログ
at 2020-07-06 07:51
土曜日晩餐限定公開編
at 2020-07-06 00:13
土曜日、再会晩餐
at 2020-07-06 00:01
Stufato di Man..
at 2020-07-05 08:23
土曜日のマークト
at 2020-07-04 16:20
60歳記念にカブリオレ⁉️
at 2020-07-03 20:41
シュパンダウから北に向けて
at 2020-07-02 11:06
ベルリン・ブランデンブルク州..
at 2020-07-01 16:11
Youtube ベルリン・ブ..
at 2020-07-01 07:58
鶏味噌ラーメン
at 2020-06-30 15:58
ベルリン州規制緩和翌日に拙宅晩餐
at 2020-06-29 15:50
日曜日は料理の日
at 2020-06-28 14:06
丁寧に生きるには。
at 2020-06-27 07:20
Always with AM..
at 2020-06-26 12:09

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
旅行
昔の話
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鴎外の縁
AMPELMANN Japan 2019
AMPELMANN Japan 2020
1920-2020 大ベルリン百年
2021 独日友好交流160年

最新のコメント

こんにちは!いただいたコ..
by Toruberlin at 17:05
はじめまして! ..
by 菅野陽一 at 16:03
こんばんは、はじめまして..
by Toruberlin at 23:11
はじめまして、こんば..
by 菅野陽一 at 22:29
日本食屋には必ずある枝豆..
by Toruberlin at 22:03
おー、そういう話か⁉️あ..
by Toruberlin at 21:58
う〜んと久しぶりにフォイ..
by charlie1030 at 21:49
そうでしたか、あの屋台で..
by Puku at 21:37
あーちゃん、まさにそのポ..
by Toruberlin at 11:01
徹さん こんにちは! ..
by Puku at 18:52
なかなか良いよね。 ベ..
by Toruberlin at 22:45
良いなぁ、このグラス(^..
by charlie1030 at 21:50
おはようございます。悩ん..
by Toruberlin at 14:19
いいですね(*´-`)羨..
by wakadesuyo0911 at 08:31
おはようございます。福島..
by Toruberlin at 09:28
あいきちゃん、先日は久々..
by Toruberlin at 00:48
岩本くん、コメントありが..
by Toruberlin at 00:43
こんにちは❗ コロナ禍..
by wakadesuyo0911 at 20:11
素敵ですね。新鮮です。こ..
by あいき at 22:49
中先生とお話したときに仰..
by 岩本桂 at 18:21

検索

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
写真機持って街歩き、クラ...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:コントラバス ( 418 ) タグの人気記事

フランス娘 C.Brugereマシン交換

フランス娘 C.Brugereマシン交換_c0180686_02563189.jpeg
フランス娘 C.Brugereマシン交換_c0180686_02565287.jpeg
たとえ7本在ろうと、五弦コントラバスが目の前に5本並んでようと、要らない楽器はない。どれも違って素晴らしい。

また、ガットコア弦が切れた。
狂牛病の所為で原料の扱いが弦製作にはダメになったのは残念至極。いまでもガットコア弦は、五弦には最高と思っているが、切れやすいと高価のダブルの欠点は深刻です。
加えて、これは僕が気づいてしまい気になってる大事なポイント、あまりに弦の個性が強いからか?誰が弾いても音が同じに聴こえる、弦の音になってる。たくさんの方々に薦めた過去がありますが室内楽に使うイタリアン四弦たちにはGGガットコアはやめました。
五弦はグループとの和も大事、だから2本はスチール弦です。
切れる、は上2本に限られてます。切れなければ最高!とくに低音が。3本の五弦、Cavalliはフルにガットコア、他の楽器から外した弦もあり、予備はたくさんあります。
Despineは上2本、シルクコア。東京のG.Guadanini、ベルリンにある2本の四弦と同じ弦を張りました。混ぜてもOK、というより混ぜて大正解❗️です。
フランス娘 C.Brugereマシン交換_c0180686_02591081.jpeg


more
by Toruberlin | 2020-07-10 07:13 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

弓の話、まだ続きます。

弓の話、まだ続きます。_c0180686_15592118.jpeg

良い弓、の中で楽器に合うか?もありますが

演奏スタイル、求めるモノがあまりに違うから室内楽(ソロ)とオケではベストは変わります。

数ある作者でもG.W.Renzは、まずハズレがない(ホンモノなら)どちらにも◎が特徴です。

弓の話、まだ続きます。_c0180686_16050371.jpeg

自分が持ってる範囲での話ですが、ソロや室内楽、イタリアン四弦を弾くなら

Weidhaas

Nürnberger (長い一本だけしか持ってないが)

Rau

少し下がって初代のHRか。いやHRにもいろんな弓があるから、上記と同等か。


オーケストラなら、

Renz

H.R.Pfredzchner

どちらも極上です。

あとは加わる予定の超長いRauNürnberger

今後はブルックナー以降は超長いRau一色になるか?オケで弾く3本の五弦には合う。

Nürnbergerも重めでベートーヴェン以降のクラシック作品にはかなり◎です。

弓の話、まだ続きます。_c0180686_16064370.jpeg



More
by Toruberlin | 2020-07-09 09:00 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

A.Nürnberger

A.Nürnberger_c0180686_21474562.jpeg

A.Nürnberger_c0180686_21481116.jpeg

ドイツの弓職人はKnopf Rau Nürnbergerが最高峰です。ヴァイオリンからチェロまでは。

コントラバス弓だとKnopfはほとんどないから

Rau, Renz, Weidhaas (やはり超希少)

Nürnberger に初代HRPか。

Dölling Hoyer 初代以外のPfredszchner.が続きます。初代HRPにも僕はまだ弾いたことないこんな弓もありますし

A.Nürnberger_c0180686_22041486.jpeg

まだまだ知らない弓はある筈です。

ハズレがないのが(贋作じゃなければ)名工の証。

ですが、木に従った、またはオーダーがあったとしてもRauNürnbergerは、初代HRPも様々なコントラバス弓を作りましたから、スタイルはかなり差があります。そのなかでRenzは若い時代はHRPに似た形の長めでしたが熟年作品はほとんど形や長さに差がない。だからこそ11本あっても、その同じ中での材料や、僅かな違いが面白いのです。

A.Nürnberger_c0180686_21502822.jpeg



More
by Toruberlin | 2020-07-08 14:47 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

弓って面白い!Hoyer編

弓って面白い!Hoyer編_c0180686_15535525.jpeg
それは、やはり見る目がない!と言われたら、それまでなんですが、、、。
たくさんの素晴らしい弓に恵まれています。
もちろん、吟味して手に入れて(手放す為に、はありません、友人からの依頼以外は)集まったんですが、そして極上しか残していないですが、それでもずっと使ってない弓があります。
Günter Hoyer ファンが多い弓です。
弓って面白い!Hoyer編_c0180686_16030548.jpeg
4本持っていて、下の明るいGünter、当代の父親作はBusanに合う、写真にないその前の代の初期作品、頭が小振りの弓も手放そうと思ったことはありません。
弓って面白い!Hoyer編_c0180686_16064580.jpeg


More
by Toruberlin | 2020-07-08 07:52 | 楽器と弓の話 | Comments(0)

パーフェクトな虹

パーフェクトな虹_c0180686_19123288.jpeg
最近はショボい夏のベルリンです。夜中に晴れが多いのか?昼間は曇り時々、いや稀に晴れ。梅雨の日本よりはマトモなんでしょうが湿度高く蒸し暑い日も多い。
平坦だから九州で大被害が出ているほどではないが局地的豪雨も少なくない。
拙宅周りは最近2-3度ゲリラ豪雨がありましたが短時間、でもベルリンでも場所によって被害が出ています。
昨日、練習を早めに終えてスーパーに(冷凍でも)枝豆目当てに出ようとしたら(売り切れ、でした)真っ暗になり、出掛けでしたが去るのを待ちました。
まだ雨音は強かったが所謂天気雨、かなり明るくなった途端、部屋に入ってきた家内が、あー虹🌈❗️
パーフェクトな虹_c0180686_19120799.jpeg
iPhoneで撮影、家内にカメラを持ってくるよう頼み、上のJにハンズフリー通話で教えながら撮りました。Voigtländer15mmSuperwide 使えるレンズです❣️
さて、吉兆。
どんな良いことが❣️

今日は七夕様ですね。ベルリンは天気予報では曇らしい。
パーフェクトな虹_c0180686_19113639.jpeg
さて、8日休んで、昨日からコントラバス弾きはじめました。
Auguste Rauの元フレンチに小振りなドレスデンフロッシュ、Paul Weidhaasの丸棒(コントラバスオールド弓では珍しい)が素晴らしい。
30本あると、自宅でお宝発見できます。
数日前に久しぶりビール🍻しにヴァイオリンのBPが寄ってくれました。出掛けるまえに、まだ迷ってる弓を見てもらいました。長いRauは決めてます(メタモルフォーゼン弾いた弓)が、ニュルンベルガー。僕の長いニュルンベルガーのが格上だが120年前のに間違いない、と同意見。良いんですが、硬い。典型的ニュルンベルガー。僕の長いのは稀な出来、よく未使用で120年待っていてくれました❣️ヴァイオリン弓よりfine、最上な良い仕事だそうです。かなり高価でしたが、音で決めました。
何本か並べて弓談義となり、楽器と弓に造詣深いBP、これだけのレベル高いコレクション、素晴らしい!と改めて。
楽器は決める前に彼にも見てもらって来ましたが弓は大半、自分で。その感覚は、好みじゃなく、間違っていない様です。
良い弓、自分の都合や補足は考えず、音楽の為に選ぶ。
音が第一。楽器と弓を選ぶときの最重要です。
健康状態は大事だが二の次。
人間でも、健康第一、ですが健康なのに生きてるだけじゃ意味がないのに似ているか?
イタリアン🇮🇹ヴァイオリンには、バランスの為に木を三枚継いだり、五枚使って表板を作った例も、美しい楽器の表板を割って意に反する圧を抜く方法までもがあった。
健康状態馬鹿な無知な楽器商や教授先生が少なくないから千載一遇な出会いを逃さねばならない事態が起こる。自分が演奏するんだからアドヴァイスは聞いても自分で決めないとならないが、それも含めて運と縁なのか。利が絡んでるのか?
もちろん、行きつけの楽器屋で買わないで、出会った楽器の相談をするなんてのが行きつけだから当然!と思ってる例があるんだろーな。プロにアドヴァイスして貰ったら礼の代価は当たり前です。
自分で見極められるのがベスト。
Witt先生、当時のベルリンフィル、そしてBP。
楽器をわかる、を培ってくれたお陰様です。

故郷に城を持つBPとしばしのお別れビール🍻でした。
パーフェクトな虹_c0180686_20044750.jpeg



















by Toruberlin | 2020-07-07 11:11 | 最近のべルリン写真 | Comments(2)

60歳記念にカブリオレ⁉️

60歳記念にカブリオレ⁉️_c0180686_03465929.jpeg
60歳記念にカブリオレ⁉️_c0180686_03472727.jpeg
昨日は早朝に決まったマルコスのボートでの北上、久しぶりに美しい水からのベルリンを楽しみました。ブログが中途ですが、近日続けるとして、今日はいまずっと模索してる話です。
昨夏レンタカーしてイタリアに行ったメルセデスのカブリオレ、かなり気に入りました。
60歳記念に赤、赤いカブリオレ❗️なんて言ってましたが、どうも現実的ではない。
ガレージない。
いま既に2台もっている。
無理してまでカブリオレ買う?
予感してる、次のイケてるイタリアンオールド(KB)が来たら、どうする?!
長年の付き合いの2台、この夏車検です。が、新しいカブリオレの為に別れる気は、ない。
60歳記念にカブリオレ⁉️_c0180686_03462421.jpeg


More
by Toruberlin | 2020-07-03 20:41 | 趣味の話 | Comments(0)

Youtube ベルリン・ブランデンブルク州で最初の再開コンサート!

Youtube ベルリン・ブランデンブルク州で最初の再開コンサート!_c0180686_02252610.jpeg
6/11木曜日&12金曜日、コンサート禁止だったベルリン・ブランデンブルク州で初の定期コンサートを本拠地ポツダム(ブランデンブルク州都)で行いました。
リハもコンサートもマスク無し。お客さんも義務じゃない。
その為のソーシャルディスタンスですから。
まだ行政指導で75人までしか許されず、写真で満席です。
しかし久しぶりのオーケストラコンサート、
楽しゅうございました。
2日目の公演をZOOMQ4(動画撮影機能付き録音機)で録りました。編集無し、舞台である祭壇から遠いオルガン前での内蔵マイクでの録音は生に近いと思います。
Youtube ベルリン・ブランデンブルク州で最初の再開コンサート!_c0180686_06030495.jpeg

R.シュトラウス 「メタモルフォーゼン」です。




More
by Toruberlin | 2020-07-01 07:58 | 音楽の話 | Comments(0)

久しぶりの。

久しぶりの。_c0180686_07095189.jpeg
仕事後のビール🍺、美味しい。
いや、家で例えば楽器弾いた後も美味しいんだけどバリっと仕事を終えた充実感、久しぶりでした。
1週間前に実現した定期コンサート。満席の定義は特殊でしたが久々のオーケストラは楽しく、ビール🍻も美味しかった。
昨日はミュージアム特別展示のナレーション、映画の吹き替え仕事も今年は未だ無しですから、初の声優仕事でした。
久しぶりの。_c0180686_07092920.jpeg
どちらもプロ、と言っても僕のスタンス、関わりのウエイトが違うからか?楽しいコンサートでも課題は必ず残る、見つける。残るモノが作品じゃなく、常にその演奏が作品で「これで良い!」がない、完成がない。
そこが面白くもあるが、終わりなき、でもある。
声の録音は出来上がりが全て。どの言語もだいたい予定の6時間で何とかクリア!を1時間以上早く完成しました。
手前味噌ながら、写真でも得られる達成感は出来上がりが目的で作品だから。音楽は録音専門じゃなければ、違う。
そこが大変であり、かつ面白く、また相乗効果がある。
ありがたい仕事でした。
経済の常だけど、音楽の数倍の報酬が戴けるのは、、、だが素直に嬉しい。
二桁のスタジオを知ってますが、ここは初めてでした。
60年代の典型的西ベルリン建築、裏は映画撮影所。
ティアガルテンのたびたび弾いていた教会裏にありました。
久しぶりの。_c0180686_07090799.jpeg
帰りはリンデンベルクに寄りましたが、目当てのシュパーゲルはなし。魚には惹かれず。
鶏腿を8本、塩に馴染ませてます。
今日の午後か明日にスキレットで焼きます。8本だから4回の焼き作業、レストラン厨房みたいで楽しい!
ちょいと体調芳しくない母宅へ明日運びます。
鶏塩脂は保存しておき、それで焼き直しても美味いはず。
先日冷めたのを食しましたか塩加減大成功で冷めたのが素敵に美味かったのです。
土曜日、予報通り雨。
今日はBachの3曲と過ごし、夜はグスティと、さーてどこに行くかなー?
久しぶりの。_c0180686_15173638.jpeg











by Toruberlin | 2020-06-20 07:39 | 日常の出来事 | Comments(0)

週末Stayhomeコンサート

週末Stayhomeコンサート_c0180686_06305412.jpeg
今週末は日曜日の18時から行います。先週は雨予報で中止、前回も雨でした。プログラムは再演にいくつか加える予定です。
僕らは前に弾いたバッハのガンバソナタ2番の3+4楽章を加えます。
木曜日の夕方、ヴィヴァルディのトリオを上階のJと中庭に面した窓越しに行いました。
週末Stayhomeコンサート_c0180686_06333732.jpeg
昼は炭水化物メインじゃないメニューでした。ビール飲み過ぎ?と書いたとこなので、白ワインにしました。
週末Stayhomeコンサート_c0180686_06320071.jpeg


More
by Toruberlin | 2020-06-20 00:01 | ご馳走/料理 | Comments(0)

August Rau

August Rau_c0180686_03383669.jpeg
ドイツの弓では最高の造り手A.Rau。
A.Nürnberger、初代H.R.Pfretzchnerと並び、最高です。
前の世代にはBausch、Knopfがいます。
ヴァイオリンからチェロまでは、弓は、弦楽器のトップがイタリアなのと同じくフランスが格上です。
考え様ですがドイツのトップはフランスの(オールドの話です、もちろん)中の下くらいの価格ですから、とくにオーケストラで使うならドイツ弓のトップクラスはアリな選択です。

さて、コントラバスです。
世界のプロオケの半数がドイツにあり、ドイツスタイルの弾き方が大多数を占めて来ましたから、弓もドイツ式が多い、主流です。フランスの素晴らしい弓も多々ありますが。
やはり上述の造り手が最高で、加えて、Weidhaas、Renzがいます、最高クラスに。
個体差、好みがありますから、まだまだ他にも名職人が造った弓は、もちろんあります。
August Rau_c0180686_03380671.jpeg


More
by Toruberlin | 2020-06-19 01:02 | 楽器と弓の話 | Comments(2)