ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

津和野町長、津和野町議会表敬訪問
at 2018-07-23 02:41
ベルリンミッテ区代表団、来日..
at 2018-07-22 16:05
「げんごろう」でイノシシの夜..
at 2018-07-22 09:59
出来れば外したくない、津和野..
at 2018-07-21 20:28
日曜日の夜in津和野
at 2018-07-21 16:41
(続)津和野流鏑馬
at 2018-07-21 16:02
津和野流鏑馬 帰国日記@ベル..
at 2018-07-21 08:19
Nach Tsuwano 津..
at 2018-07-20 20:56
東京公演打ち上げは東麻布「た..
at 2018-07-19 19:31
4/6 AMPELMANN ..
at 2018-07-19 17:36
春のピアノカルテット帰国日記..
at 2018-07-19 16:08
Rothenburg o.d..
at 2018-07-18 23:57
Rothenburg o.d..
at 2018-07-18 23:45
日曜はTI VEDO 最終日..
at 2018-07-17 13:21
Cangoxinaと、お休み..
at 2018-07-16 23:09
土曜日、誕生日晩餐
at 2018-07-15 18:13
誕生日の夜はStaatsop..
at 2018-07-14 23:51
7月13日、58歳になりました。
at 2018-07-13 13:13
(続)ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 10:21
ベルリン生まれのH、帰省。
at 2018-07-12 09:39

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56
ありがとうございます!L..
by Toruberlin at 23:25
yuさん、コメントありが..
by Toruberlin at 17:18
お、コメントありがとう!..
by Toruberlin at 21:00
激しく同感だったわ(#^..
by 材木屋茶人 at 02:16
みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:コントラバス ( 230 ) タグの人気記事

東京公演打ち上げは東麻布「たこ八」さんで

c0180686_02234090.jpg
4/6の午後と夜に2公演終えて二人には地下鉄で麻布のアパートを目指してもらい、僕と家内は楽器とともにタクシーで。東京ではコントラバス運ぶのが至難の技、何故かと言えば載せられるタクシーが皆無だった。Japanタクシーお目見えが秋、この春は明らかに増えていました。天井高く荷物積めて、しかも車椅子を畳まずに載せられるJapanタクシー、どんどん増えるそうです。春には予約は出来ず、麻布からも道で待ち、この本番後も大通りまでKagodonに付き合ってもらい待ちました。風の強い日だったなー!
かなり待ちました。二人には地下鉄で移動してもらい正解でした。
助手席を折りたたむと左のスライドドアから載せられて、後部座席にあと二人乗れます。とってもありがたいタクシーです。
c0180686_02233499.jpg
「たこ八」さんはアパートから3分くらい、楽器やたくさんの贈り物(いつもありがとうございます!)を部屋に運んだら二人到着。すぐに打ち上げに向かいました。お腹もだけど、ビール!!!
c0180686_02232796.jpg
c0180686_02232020.jpg
c0180686_02224846.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-19 19:31 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

4/6 AMPELMANN Klavierquartett 19時公演

c0180686_00365578.jpg
1時間の休憩後、もう一度。
これ、疲れませんか?って質問いただきます。大丈夫なんです、楽しいから。
そして同じ室内楽プログラムの公演は、3回はやりたいと思っています。本当は5-6回を目指すべきで、そうすればシリーズも安定します。目指しています。
楽しい=楽に適当に、ではありません。義務での演奏じゃない楽しい室内楽は、お客さんの前なら複数回続けるのも問題ありません、私は。
c0180686_00364591.jpg
ステージ写真、たくさんあるんですが昼間公演と同じ絵柄ですから数枚にしておきます。
気になる出来は?
これは面白く、2回目の方が良いわけでもない。音楽は活きてます、その上に演奏する各人も生きている。それぞれが弾きたいことを出来、それはリハから知り合った趣味や好みに加えて、瞬間にどうしたらどうするか?それがぴったりと合うこともあれば、そうじゃないこともある。まさに演奏する側も、そしてお聴きになる側も「ライヴ」の面白さです。
何回聴いてもアラを見つけられない完璧なあざやかな演奏、素晴らしいです。が、それで面白いか?
もちろんベストは尽くす!でもタイミングだって音程だって、一人でも毎回同じには歌わないし、一緒の仲間もそうで、一緒に歌う響きは変わります。どのくらいの幅で変えるのが許されるか?その尺度をセンス良く持ち、どうしたいのか?!が在る演奏。
そういうのを楽しんでいただきたい!その為に、いや、それが楽しいから音楽活動しています。
そういう意味で、名刺がわりには良いけれどCD録音には興味がありません。
Keep music liveです。

ライヴ録音はこの秋、少し考えています。さーてどうなるか?
どうせなら映像と一緒が良いかなー!
c0180686_23210282.jpg
ステファノの素晴らしさに感動した!
ヴァイオリンの音色は違うけれど「合った」掛け合いに魅了された!
あんな響きのピアノ、初めて!etc.たくさんのご感想いただきました。
また、このブログにもどうぞどんどんお寄せください。
c0180686_00523232.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-19 17:36 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

春のピアノカルテット帰国日記@ベルリン

c0180686_18142976.jpg
c0180686_18275958.jpg

春の帰国日記、まだまだ3週間分以上あるのにふた月前ほど停滞してました。ブログ、書くことが溜まっていて「書くことなくて、、、」って声を聞くと?ですが、タイムリーに書けないと(特に帰国中は、その余裕がないのかな?)どんどん溜まってしまいます。春はミッテ区代表団が「鴎外の縁で繋がる、、、」で来日、津和野町、新宿区、文京区を訪れました。
津和野には先入りして久しぶりにコンサート抜きで数日を過ごし、青年部のお花見にも参加させていただきましたし、流鏑馬神事を拝見できました。
さて、今日は4/6のアンペルマンカルテットです。プログラムは、
c0180686_18330967.jpg
AMPELMANN室内楽は私が主催してますKAMERENSEMBLE Berlin-Tokioと同じく、コントラバスが加わった作品だけを演奏するアンサンブルです。室内楽作品は楽器中で一番少ないと言っても良いかもしれない、弦楽器では間違いなくそうです。
オリジナル作品(まだまだ日本で演奏してないのあります)に加えて編曲作品、高橋幸代さんの作品を組み合わせたプログラムを続けていきます。
この春はヴァイオリン2本とKBという三声部作品、またそこにピアノを加えた作品をメインコンサートに並べました。
c0180686_18142038.jpg
ステファノは気の毒にフライトキャンセルでロンドンに一泊、1日余分に時間かけて来日しコンサート前日にリハ(充分でした)そして本番当日に1時間ちょっと↑。
c0180686_18141491.jpg
コンサートは16時と19時、100余名のお客様に聴いていただきました。
c0180686_18140683.jpg
c0180686_18135872.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-19 16:08 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

日曜はTI VEDO 最終日でした。

c0180686_19335376.jpg
c0180686_19310719.jpg
日曜日はS.SciarrinoのTiVEDO最終日でした。回を重ねるごとに僕もですが、きっとオケも理解を深めていったか?ソリストのアドリヴも冴え13日と最終日がベストな出来だったと思います。しかし初演のオペラで(演出が、じゃなく作品が)パケットと1.Rangがほぼ満席ってのは素晴らしい!僕はなかなか足が向きません。
c0180686_19295229.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-17 13:21 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

誕生日の夜はStaatsoperで公演でした

c0180686_18552135.jpg
c0180686_18545518.jpg
楽器はオペラに置いてあるので電車通勤、30分ちょっとです。1時間前には着いてるようにしてます。
Friedrich通り駅から歩いても10分ちょっとですが、地下鉄で一駅乗ることが多いです。待っても2-3分で次が来ます。
そう言えば前回の日記に壁があった時代に1日ヴィザでオペラを観に来てマイスタージンガーは23時を回っての終演で24時に検問所を通ってなければならないシンデレラ状態だったから、一番近いチャーリーに暗い道を歩いて向かった(ネオンや発光する看板はなかったから暗い街灯のみでした、街の灯りは)のを思い出しました。で、Firedrich通り駅の検問所のが近いくらいだったのになんでオペラの後はチャーリーだったんだろう?と自問しました。24時までに国境を超えて西に戻るのがマスト。検問所を超えるから地下鉄U6のFriedrich通り駅に入れば、そこは東ベルリンだけれどすでに「西ベルリン」だったのですが、もう終電か、または終電間際だったのか?と一駅先がチャーリーで、そこで乗り換えなければならなかった+車をチャーリーの傍に置いていたからなんだろうなー?とオペラ座に歩きながら気づきました。
c0180686_18550415.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-14 23:51 | 音楽の話 | Trackback | Comments(1)

7月13日、58歳になりました。

c0180686_21445981.jpg
メールを最初にくれたのはノブ君、FBでは名古屋のY介ちゃんetc.メッセージやLINEなどなどで、ありがとうございます。
ベルリンに暮らして38年、今日で58歳になりました。
音楽家として活動しておりますが、オーケストラもオペラも宗教音楽も素晴らしい!どれも好きですが、特にここ数年の関心は室内楽に集中しています。お誘いいただいて一緒に弾くのも嬉しいですが、素敵な仲間を集めて自分で企画する室内楽、KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio、バッロク音楽のL'estroArmonicoBerlin、そしてAMPELMANN室内楽を活動のメインにしています。
この秋は初めての道東は鶴居村で9/29、東京では文京シビックホールの小ホールで10/3と10/4の連夜、19時開演で行います。
まだFBイベントやSNSでご案内を始めてません。リーフレットデータも鶴居村は完成、東京版はほぼ完成で今日は誕生日のご挨拶に載せましたが、まだ細部の変更と補足を経て、来週には印刷に入る予定です。データが完成しましたらブログや各SNSに表裏両面を載せますので、シェアなどでどうぞ情報を広めてください。コンサートはみなさんに聴きにきていただかないと成立しません。どうぞよろしくお願いいたします!
アンペルマンコンサートに来てくださったことがある方はきっと東京では延べ1000人くらいか?と考えますが、今回は370席あるホールで連夜ですから700超、皆さんに「誰かと」おいでいただきたいです。
前売券(事務局へのメールでの予約券)は5000円、この一枚で2名さままでご入場いただける形にしました。まず手に入れて誰かご一緒の方を後で探すもよし、最初からご夫婦、カップル、ご友人でご利用ください。
シビックホール(文京シビックセンター2階)のシビックチケット(10時から19時)で8/6から前売券(各公演)100枚を発売します。
メールでのご予約で当日お支払い(各公演50枚)は事務局 ampelmannkammermusik@gmail.com へ今すぐメールで!
どうぞ、お誘い合わせてお出かけください!
c0180686_21451886.jpg
c0180686_21444289.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-13 13:13 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(4)

Salvatore Sciarrino TI VEDO

c0180686_02483439.jpg
Berliner Staatsoper (ベルリン国立歌劇場)ウンター・デン・リンデンにあるオペラハウスで現在上演してるシャリーノのオペラ TI VEDO TI SENTO MI PERDO に出演しています。壁があった時代はテオ・アダムのハンス・ザックス目当てに1日ヴィザで東ベルリンにチャーリー検問所から徒歩で入り(24時に西に戻らないとならないから、ここがオペラから一番近かった)マイスタージンガーを聴いたオペラハウスに月曜日、初出演しました。オペラは大好きですから、感慨深いです。
そう言えば何故チャーリーだったんだろう?フリードリヒ通りまで出て、右(北)に進めばフリードリヒ通り駅、左に行けばチャーリーでしたが、距離的には右のほうが近いくらいだったか?駅の北側の、今も当時の様子を知らせるために保存してある別名「涙の宮殿」で検問を抜け地下鉄に乗る手があったけれど、何か理由があったのかな?
c0180686_02481476.jpg
この作品の無料パンフレット、色彩を大事に=音の色にこだわってます。その色は、僕がよくブログに書いてる色とは違う、作曲家によって指定され、誰が弾いても(まあ少し乱暴な表現だけど方向的にはそう)オケ全体の響きは作曲家の意図の様に出る様書かれてる。ここ、良し悪しじゃなく、今の音楽の特徴と思います。だって(正しい、を論じ始めると大変だが)バッハからロマン派まで、いやシェーンベルクでさえも、奏者の腕で色が全く変わる。
シャリーノを始め、現代曲は、その領域までも指定されてます。もちろん、単純な四分音符、ピチカートのクオリティの差は、当然出ます。首席のMが(昨日は隣で弾きましたが)Toruが戻って来てくれてよかった!何を弾いてるか聴こえないのは困る!と二人きりの時にこぼしてました。現代曲の世界は、まだまだ「え?」という奏者に仕事が多いこと、確かにあります。
Mは「僕には(あまりに現代ばかりやってるからか)クラシックのオファーは来ない」と断言してましたが、初演を始め超現代ではヨーロッパ中で引っ張りだこの様です。彼は僕と同世代、なんと80年に生まれ故郷から移動したのも同じ。僕は東京から西ベルリンへ、彼は東ベルリンからリヨンへ。ドイツは西でも嫌だったそうです。フランスの後はケルン、そして20年前からベルリン。奥様はイタリア人。ベルリンに戻ったのは旧東?と問えば西(南)だそうで、でもそれにはあんまりこだわりはなかった様子でした。
c0180686_02480562.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-10 19:43 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

Hohenlohe 音楽祭

c0180686_01160149.jpg
ホーエンローヘ音楽祭に参加しました。Weikersheimの中央広場に面した大教会で土曜日の1830開演でした。
ベルリンをY子ちゃんの車で7時半に出発、電気自動車なので二回充電がてら休憩して14時過ぎに到着しました。他のメンバーは9人乗りのMBで来ましたが僕らよりも少し早く到着はしてましたが休憩はほとんどなし、ランチを教会横のイタリアンで摂ってました。なので譜面台準備したりして設営、30分くらいは教会でリハ前に弾けました。これは◎でした。
僕らは充電中に塩じゃけ焼いて家内が握ったおにぎりと焙じ茶、お弁当は大正解でした。
c0180686_01154071.jpg
テスラを入り口前に横付け。結局、本番後までこのままでしたが問題なかった。おおらか、です。
c0180686_01155073.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-09 23:46 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

ラグーの仕込み

c0180686_19403235.jpg
ベルリン、今日あたりから夏がちゃんと戻って来ました。7月中旬までは少なくとも最高気温30℃前後、朝晩はかなりヒンヤリの15℃以下という理想的な日々が続きそうです。
しっかりした味の白ワインに(もっと酷暑になったらフラスカーティみたいな軽いのも良い)氷を入れて飲みます。家でビールを飲むの止めて久しいですが、これが美味しい!このワインはコテデュロンの白、かなりヘビー級です。
c0180686_19402224.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-02 17:52 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

プレミエ前にシャリーノオペラ、観ました。

c0180686_17474943.jpg
7/7プレミエのシャリーノオペラ、ミラノ・スカラ座に続いてのドイツ初演です。同日にEnsamble L'estroArmonicoBerlinでフランケンのホーエンローエ音楽祭でコンサートがありシュターツカペレ初出演は受けられなかったんですが、リハには5日参加してました。これはコンサートマスターもそうですが、カペレの団員も数人は交代してリハに出ています。小編成でスタンダード作品じゃないから、もしもの時の代役としても(その為かは知りませんが)少なくとも僕は2回目公演からはスタンバイできます、今のところ。
昨日はステージリハ二日目、6月初旬の初めてのオケリハで弾いた、ステージ上(横、ロジェ席で)の小編成パートでした。初回は初のシュターツカペレですしどちらの楽譜も研究していきましたから弾くのは問題なし。昨日は第二幕でしたが、弾かない箇所も多いので近くで舞台を観られました。演出はかなり面白い!プレミエ以降、出演はなくとも一度は観にいきたいと思ってます。
c0180686_17482955.jpg
オケピットの真上、バックステージからヴァイオリンやチェロは入れますがKBを持っては難しい。非常階段を使い客席ゾーンを通り、このロジェ扉から入ります。
c0180686_17475786.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-01 09:49 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)