ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

1日練習しないと、、、。
at 2018-06-24 10:07
(続)お菓子教室ランチ編
at 2018-06-23 13:37
お菓子教室
at 2018-06-23 00:13
真っ赤なスポーツカー
at 2018-06-22 18:01
自分の時間。
at 2018-06-21 23:55
電気自動車、全盛です。
at 2018-06-20 23:39
前日の日記に写真を使った鯖で..
at 2018-06-19 23:55
気をつけなければイケナイこと..
at 2018-06-18 23:55
バッハカンタータ76番
at 2018-06-17 19:00
笊貝と鯛の塩漬け
at 2018-06-16 23:03
焼き鳥と赤ワイン
at 2018-06-15 00:46
今の旬、ふたつ(パスタ編)
at 2018-06-14 18:11
6/3 母の誕生日
at 2018-06-13 23:31
NKOP シーズン最後の定期
at 2018-06-12 23:47
AMPELMANN室内楽20..
at 2018-06-11 23:55
あるウイークデーのブランチ
at 2018-06-10 23:56
何で世に出なかったんだろう?
at 2018-06-09 11:10
日本贔屓の外国の方の写真から..
at 2018-06-08 10:13
見附さん特製ゴムで、チェロと..
at 2018-06-07 23:38
ご存知でしたか?「日本で最も..
at 2018-06-06 23:28

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

激しく同感だったわ(#^..
by 材木屋茶人 at 02:16
みさちゃん、塩焼きそばも..
by Toruberlin at 16:47
丸い幸せの丸幸、最高です..
by みさ at 10:29
S野ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:42
TORU さん 素..
by S野 at 09:45
R子ちゃん、早速コメント..
by Toruberlin at 22:24
徹さん、あの時はお忙しい..
by r子 at 17:28
S野ちゃん、それは災難。..
by Toruberlin at 16:14
ricaちゃん、ありがと..
by Toruberlin at 16:06
おはようございます。木曜..
by Toruberlin at 16:01
TORUさん 帰国..
by S野 at 10:22
お忙しそうで、やはりお会..
by rica at 10:04
こんばんは!コメントあり..
by Toruberlin at 02:44
習慣で先にFBへコメント..
by S野 でございます at 14:04
Kazukoさん、ありが..
by Toruberlin at 18:40
こんにちは。お疲れのこと..
by Kazuko at 11:38
中野信也さま、ありがとう..
by Toruberlin at 02:39
4月6日のコンサート遅い..
by 中野信也 at 00:29
Hさま、ありがとうござい..
by Toruberlin at 09:58
U木さま、奥様と! あ..
by Toruberlin at 09:49

検索

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:北海道鶴居村 ( 9 ) タグの人気記事

ご存知でしたか?「日本で最も美しい村」連合

c0180686_18033704.jpg
日本で最も美しい村連合ってご存知ですか?
3月に初めて道東の鶴居村を訪れました。
鶴居村教育委員会K教育長にも面会の時間をいただき「鶴居村ベルリン室内楽コンサート」で訪れた際に、どんな活動ができるか?などを実行委員長押味博士と話しましたが、戴いた教育長の名刺の裏には
c0180686_18001925.jpg
ここから検索してサイトにたどり着きました。
ページには日本中の「美しい村」がずらっと並びます。私は名前も知らない村も多い。
「失ったら、戻すことは難しい」
これに気づくのは大事なことです。
美しい村。生活を良くするために!を旗印に開発して、残るのは醜い姿、という地方都市はたくさんあります。
個人単位ではなかなかできないことをするのが行政の強み、
初めて訪れた鶴居村、明治にできた村で旧市街はありませんが、釧路湿原半分以上を占め、これぞ北海道!という景色が連なります。最寄りの空港は釧路タンチョウ空港(釧路に近いです)北には摩周湖、少し離れれば屈斜路湖、摩周湖。景色もですが温泉でも有名ですね。道東はこの春に初めてでしたから秋が楽しみです。

9/29土曜日の14時から鶴居村役場隣の「鶴居村総合センターホール」にで
AMPELMANN Klavierquintett BerlinでF.シューベルトのピアノ五重奏曲「鱒」をメインのコンサートを行います。

「日本で最も美しい村」のひとつ、鶴居村。
新しいご縁で「鶴居村ベルリンコンサート」が始まります!
c0180686_01531982.jpeg







by Toruberlin | 2018-06-06 23:28 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

(続)鶴居村を発つ日

c0180686_08561427.jpg
c0180686_08560870.jpg
また少し時間が空いてしまいました。
日本滞在最後は大忙し(遊びに)でした。
鶴居村を発った日、続編。3/21の出来事を、先ほど到着したコペンハーゲンのラウンジで書いてます(5/3)。
c0180686_08552946.jpg
c0180686_08553460.jpg
c0180686_08554159.jpg
釧路空港に実行委員会の押味先生、浦先生が送ってくださいましたが、まずは(また)丹頂を狙いましたが、この朝は全く見かけずでした。釧路も海沿い、でも海辺に魚市場はないそうで(きっと、あってもいわゆる場内、プロ専用だな)町の中心部にある屋内市場に連れて行ってくださいました。「勝手丼」というのが名物だそうで、どんぶりご飯を買って、各店で具を載せるのです。
c0180686_08554861.jpg
c0180686_08552581.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-12 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

鶴居村を発つ日

c0180686_00350563.jpg
c0180686_00493463.jpg
c0180686_00345688.jpg
二泊三日でしたから3/21、春分の日にはもう帰京でした。
祝日だからと前の晩ご一緒だった両先生が釧路空港に送ってくださいました。
その前に、朝ごはん。
僕は普段は、日本で旅館とか友人の家に泊まらないと朝ごはんを食べません。
昼頃に第1食+晩御飯の生活を10数年は続けています。が、もちろん起きてすぐでも美味しく食べられるので帰国時に機会があると1日3食になっています。
「帰る頃どんだけ大きくなるか楽しみだわ!」と幼馴染のSちゃんが言ってますが、美味しいものが多いのもですが摂取量が多くなるのも、またその理由か?酒もいつもはこんな毎日は飲まないしなー!
c0180686_00345265.jpg
ヒッコリーウインドの朝はお粥です。これ、毎日じゃないと思ったら、どうも毎日らしい。
僕はお粥が苦手、それを知ってる人が見たら驚くと思いますが、でも美味しくて前日の朝は3人の同宿者と、この朝は一人でたっぷり食しました。
c0180686_00344642.jpg
左がトッピング、右のおかずは毎日違うようです。
c0180686_00342883.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-11 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

鶴居村での晩餐。

c0180686_00095747.jpg
c0180686_00095276.jpg
コンサート実行委員会の重鎮のお二人、委員長の押味先生と浦先生。
3/20の夕方に丹頂の美しい姿を撮影できたあと、押味先生は浦先生をお迎えに戻りました。送り迎えは押味先生の奥様だったそうでご挨拶しそびれてしまいました。
c0180686_00094711.jpg
さて、3人の宴は北海道限定クラシックから。
c0180686_00094436.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-10 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

丹頂作品、ご覧ください!

c0180686_23563751.jpg
c0180686_23550688.jpg
3/20、続きです。
露店風呂からロッジに戻り一眠り。O先生が夕方来てくださり「もう一度、丹頂行くでしょう?」と嬉しいお誘い。
夕方でした。暗くて難しかったんですが、寒いなか先生にはお付き合いいただいて、1時間くらい粘って、数羽単位で急に飛び立つところを押えることができました。
次の二枚はO先生撮影です。
c0180686_00125237.jpg
c0180686_00124721.jpg
c0180686_23545230.jpg
c0180686_23545903.jpg
c0180686_23545698.jpg
こんな感じでのんびりと餌をついばんでましたが、暗くなってきたら巣まで飛ばなければなりません、まだ明るいうちに。
c0180686_23544800.jpg
c0180686_23544178.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-09 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

鶴居村二日目

c0180686_22591809.jpg
3/20に戻ります。初めて行った道東、鶴居村の二日目です。
O先生はこの日は釧路の病院で診療、お仲間でコンサート実行委員のお一人でもあるネイチャーガイドの佐藤さんに釧路湿原をご案内いただきました。
佐藤さんの車でまずは展望台へ。
釧路湿原は太古は海、展望台があるのは、かつての岬なんです。
c0180686_22591226.jpg
この日も丹頂狙いでしたから望遠しか持たず。釧路湿原の広角レンズでの雄大な姿は、この秋に!
c0180686_22590390.jpg
c0180686_22590732.jpg
c0180686_22585926.jpg
冬から春になり、もう少しすると青々した大湿原になるんだそうです。


More
by Toruberlin | 2018-04-08 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

鶴居村ベルリン音楽祭実行委員会の皆さんと

c0180686_20045055.jpg
まだ3/19、鶴居村初日です。
ロッジの部屋からこんな景色でした。日が暮れてO先生の呼びかけで加わってくださった実行委員会の皆さん、全員ではありませんがメインメンバーの方々が集まり、私との「はじめまして!」でした。
c0180686_20023105.jpg
たくさんの方々と知り合い、ロッジの美味しい食事を楽しみながら会話が弾みました。まさに鶴居村異業種交流会でした。
c0180686_20015054.jpg
c0180686_20014328.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-05 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

丹頂の里、鶴居村

c0180686_19222453.jpg
c0180686_19222793.jpg
c0180686_19223221.jpg
丹頂という鶴に今回初めて出会いました。
釧路湿地帯にある鶴居村。この鶴居村に世界中からカメラを持った人々が冬に集まるのには理由があります。
僕も、みなさんのように渡り鳥だと思ってました。
いや、普通はそうなんですが明治時代に出来た鶴居村、ここの鶴は大陸には渡りません。ずっとここにいるんです。
居るんですが、僕が訪れた3月下旬は群れで見られる最後くらいだそうです。
なぜ渡らないか?
まずは外敵から身を守るために丹頂は川の中流などで眠ります。狐狸とかに襲われないように。
この辺り、温泉が湧いていて真冬でも凍らない。氷点下の季節でも水面があるんです。それが飛び立たなくて良い理由の一つ。
春は恋の季節、カップルができます。このカップル、なんと縄張り意識が強くだいたい半径6kmくらいのテリトリーが必要なんだそうです。かなり広い縄張りです。そうなると広大な土地が新婚用新居として必要ですが、それがここにはあるんです。そう釧路湿原です。
冬は群れで過ごす丹頂、昔から鶴居村が餌場を設けてるから、そのサンクチュアリに冬は森に餌がないから大挙して飛んでくる。それで真っ白な平原に丹頂が真っ赤な鶴が居るという、最高のシャッターチャンスが存在するのです。
この秋から私が音楽監督で鶴居村での音楽祭が始まります。まだ名前は決まってませんが「鶴居村ベルリン音楽祭」ベルリンで知り合った仲間、ベルリンにいる仲間=アンペルマン室内楽やKAMMERENSENBLE Berlin-Tokioでやって来たことを、ゆくゆくは編成も大きくしてコントラバスが動かす弦楽アンサンブルまで持っていきます。もちろんシューベルトのオクテットやベートヴェンのゼプテットも行います。
それで秋には伺うんですが是非とも冬に写真を撮りに伺いたいと思ってます。
今日の日記の写真は3/19の撮影です。
c0180686_19221525.jpg


More
by Toruberlin | 2018-04-04 23:55 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

釧路から鶴居村へ

c0180686_06572962.jpg
月曜日は勝どきのアパートをチェックアウトして羽田から釧路に飛びました。このアパートはベルリンフィルOBの土屋邦雄さんに教えていただきました。もう10数年日本での滞在場所だそうです。
日曜の朝、GP前にお部屋に伺いました。そこで何と、土屋さんが昔からベルリンフィルのステージで膝の上に一眼レフ載せて撮影してきた作品集からWitt先生の写真、まだ僕が見たことなかった(ということはWitt家にもない)先生の写真を頂戴しました。
土屋さんはベルリンフィルに最初に入団した日本人ですが、そもそも1950年代に留学してオケに入った人は皆無、土屋さんが初めてと思いますが、そのきっかけとなった「藝大奏楽堂でヒンデミットの前で同氏の作品を演奏」はお話を聞いてましたが、その写真も頂戴しました。なんとPaul Hindemithのサイン入りです。後年にベルリンフィルに入団してからサインしてもらった貴重な写真のコピーをくださいました。
部屋で30分ぐらいお話ししてから紀尾井ホールへ。
c0180686_06591609.jpg
懐かしい!前回もこの団体だったかな?紀尾井シンフォニエッタには昔お誘い戴いたこともありましたが結局は縁遠くなってしまってるなー。この素晴らしいホールで弾ける室内オケ、羨ましいです。
c0180686_06590955.jpg
c0180686_06590512.jpg
本番写真はないのでGP前の写真です。
c0180686_06584741.jpg


More
by Toruberlin | 2018-03-24 08:23 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)