ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

横浜山手の友人邸へ 10/28
at 2018-11-19 19:39
パスタ、新作。
at 2018-11-18 14:26
メンデルスゾーンのパウルス
at 2018-11-17 23:06
独り谷根千 10/26
at 2018-11-16 23:59
横須賀から金谷港、ドライヴの..
at 2018-11-15 23:58
銀座で乾杯 10/24
at 2018-11-14 23:55
九段仲間たちと神楽坂で 10..
at 2018-11-13 23:57
新橋ダイヤ菊 10/22
at 2018-11-12 23:54
成田から京成電車、なら柴又!..
at 2018-11-11 23:55
最後の夜は麻布十番で 10/21
at 2018-11-10 23:50
伊達から東京へ
at 2018-11-09 23:51
伊達の宴 10/20
at 2018-11-08 23:51
(続)戻り鮎の炭火焼
at 2018-11-07 23:52
戻り鮎の炭火塩焼き
at 2018-11-06 23:52
10/19の夜、伊達へ。
at 2018-11-05 23:55
根津界隈 10/18
at 2018-11-04 23:52
麻布にて
at 2018-11-03 23:55
江ノ島から腰越、根津から谷中..
at 2018-11-02 23:52
西麻布でフレンチ 10/15
at 2018-11-01 23:58
谷中に墓参、のんびりやから乃..
at 2018-10-31 23:36

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁

最新のコメント

Sさん、はじめまして! ..
by Toruberlin at 03:01
> ルガーノさん 愛さ..
by Toruberlin at 14:21
徹さん、ナイスセレクショ..
by ルガーノ at 17:34
植木さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 03:32
10月3日 楽しい演奏会..
by 植木信勝 at 01:13
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:津和野 ( 80 ) タグの人気記事

淡路町シシニイク→飯田橋太田福

c0180686_15383562.jpg
c0180686_15384255.jpg
c0180686_15383080.jpg
帰国した夜、春に続いて成澤文京区長との晩餐となりました。場所は、このボトルでわかりますか?
淡路町に先月開店した「シシニイク」本郷三丁目のマグロ料理店MEGROのゆーくんが津和野のイノシシに目をつけて東京で日本酒と(他にも美味しいビールからずらっと酒は並んでますが)イノシシ料理の店、というよりバルをオープンしました。
そう、猪鍋の店じゃありません。肴と酒のバルです。
津和野町東京事務所のM内さん(芋煮と地酒の会で初陣の古橋さんに会わせてくれた人です)と紅一点、可愛いT山さんもご一緒でした。
c0180686_15382119.jpg
楽器を調整して(ガット弦だし長く弾いてなかったから、音はまずは出ない)17時過ぎに一休みしたら(目覚ましは18時にかけてました)1757くらいに目覚めました。40分くらいか、深く眠りました。
神谷町から霞ヶ関経由で淡路町、駅からは1分です。
c0180686_15381681.jpg


More
by Toruberlin | 2018-09-23 15:33 | 日本で何を食おうかな? | Trackback | Comments(0)

津和野最終日 安野光雅美術館 4/12其の三

c0180686_06075057.jpg
c0180686_06073917.jpg
c0180686_06072115.jpg
津和野町とミッテ区のMTGの後、開催場所の安野光雅美術館コレクションを拝観しました。齋藤副館長がご案内くださいました。そう、齋藤さんは鴎外記念館と兼務です。
コレクション展示は「ABCの本」原画でした。
c0180686_06065630.jpg
c0180686_06064754.jpg
c0180686_06063500.jpg
c0180686_06062794.jpg
c0180686_06061734.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-28 08:47 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

津和野最終日 姉妹都市交流MTG 4/12其の二

c0180686_02264176.jpg
津和野最終日の午前中は下森町長、山岡国際交流協会長、教育長、国際交流担当の観光課長、交流担当課員のみなさんとミッテ区代表団のMTGでした。場所は安野光雅美術館会議室。
c0180686_02262474.jpg
c0180686_02261650.jpg
c0180686_02260829.jpg
c0180686_02255445.jpg
c0180686_02254695.jpg



More
by Toruberlin | 2018-07-27 18:24 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

朝の津和野を歩く 4/12

c0180686_06504520.jpg
おはようございます。7/27のベルリンは朝から晴れ!昼ごろから雲が広がる予報です。
32℃まで気温は上がる予報ですが目覚めた2時間前は17度、8時を過ぎた今でも21度と、外はものすごく「夏」の光なのに窓から入ってくる空気は「冷たい」真夏の理想!です。
気温と湿度があまり変わらなかった数日前の東京とベルリン(今日は東京、ベルリンよりずっと涼しいらしいですね)唯一の違いは最低気温、これは大きいです。
新築のおしゃれアパートやペントハウスはお気の毒ですが120年以上を経た古アパートは石の壁厚く、冬に暖房してもなかなか暖まらないのと同じで12-3時間の真夏でも部屋の中までは暑くならない、なのでクーラー要らずです。
このクーラー要らず=クーラーなんて普及してないのが、快適な夏を過ごせてる大きな要因と思います。
緑が多い、夏休みで人が極端に少ない、それもあるでしょうが涼しい風が吹く。
気温は大気の温度、クーラーの室外機がずらっと並び、すべての車がクーラーガンガン効かし、それは周りに熱を出す。暑いと感じる大きな要因になってますね。夜中に30℃の日があると、流石に「暑い」と口にしますが、暑い真夏を楽しめる環境、ありがたいです。
さて、2017年秋のAMPELMANN Duettをブログに書き忘れてましたので2つ間に挟みましたが、春の津和野続きます。ミッテ区代表団が東京に移動した滞在3日目、早起きしました。
せっかくの良い天気!太鼓谷稲成神社が散策から外れてましたので、夜に「明日の朝食後にいかがです?」と提案したら若い二人は保留(夜中、コンビニに行ったり呑んだり、楽しんだようです)ゴーテ団長はご希望で出発前に行ってきました。
この日は荷物を車に積んで安野光雅美術館で姉妹都市交流のMTG、美術館見学、そして石見空港から羽田への予定でした。
c0180686_06503500.jpg
ふたりは参加せず、出発前は最後のお土産購入していたそうです。
c0180686_06502703.jpg
殿町通りの沙羅の木さんまえに齋藤さん。通学路を見守るお役目でした。津和野くらい交通量少なくとも、おはよう!と声をかけてくれる父兄が居るのは子供達嬉しいですね。朝からお疲れ様です!
c0180686_06501351.jpg
稲成さまは、この参道を上らないとはじまりません。
c0180686_06495956.jpg
c0180686_06495033.jpg
c0180686_06494321.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-27 08:15 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

(続)AMPELMANN室内楽in 津和野堀庭園

c0180686_04192198.jpg
c0180686_04190986.jpg
c0180686_04185904.jpg
10/28は朝から雨でした。しかし足元の悪い中、津和野中心部から車で20分くらいかかる堀庭園に前日と同じくらいのお客様がおいでくださいました。亀井家の法事で津和野に来ていた亀井亜紀子衆議院議員も、沙羅の木の田中社長のお誘いでおいでくださいました。永明寺でのコンサート(2013)に続いて2回目です!ありがとうございます。
前夜の打ち上げ@アルチジャーノ、窓際テーブルを5人で囲んでた方々、明月の側のお寺の住職M上さんとお客さんでした。「明日のコンサート、みんなで行きますよ!」と既にチケットもお持ちだとか。
他の4人も浄土真宗本願寺派で「ともしえ」というグループのみなさんでした。「ともしえ」とは灯す絵でお釈迦様のことや法話をする活動だそうです。翌朝、その明月の近所で法話会があるとご案内受け、朝ごはんの後に一人で行きました。
c0180686_04183930.jpg
写真はこれ一枚しかないんですが、話してる女性僧侶の後ろで「ともしえ」が行われます。間に法話、灯し絵にはナレーションがつきますが、これが上手で驚きました。
c0180686_04183029.jpg
c0180686_04182237.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 22:11 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

AMPELMNN Duett2017秋 10/27

c0180686_03193729.jpg
4月の津和野日記を書いていて4/11の津和野散策、最後の堀庭園で昨秋のアンペルマンコンサートの様子をリンクしようと思ったら、無い。AMPELMANN in Japan2017は東京での2つのデュエット公演in茗荷谷のあと、津和野コンサート直前で止まってました。こういうこと、稀にですがあります。今までもありました。
春の津和野日記のまだ途中ですが、昨秋の堀庭園コンサート編を2回、書きます。

堀庭園は堀氏が津和野町に寄贈した、元は堀家の住居でした。周りの景色も昔のまま庭の借景として残り、離れの楽山荘(コンサート場所)は、素晴らしい日本庭園を望む二階建てで、上階からの俯瞰する眺めも、また下の大広間からの眺めも素晴らしいのです。
アンペルマンコンサートは「鴎外の縁」と銘打つ前、2011年に津和野町の大きな援助も頼りに始まりました。3年で独立採算できたら、つまりコンサートの収益で賄えることを目指しましたが、それは叶わず。
初陣の古橋さんや秀翠園の田中社長、沙羅の木の田中社長が特にご尽力くださり2014年には郷土史研究家の山岡さんにもご出演いただき沙羅の木さんのお座敷でコンサートを行いました。それは大盛況でした。コンサート実行委員会の御蔭です。
昨年は、もともとアンペルマン室内楽を聴きに来てくださってたKご夫妻、奥様のY子さんが堀庭園勤務となり、沙羅の木さんの座敷でのコンサートの経験から(なかなか音響、良かったんです!)堀庭園でやりませんか?!と古橋さんと相談してご提案くださいました。津和野町施設である堀庭園で昨年秋の、紅葉美しいベストな時期の週末ふた晩の公演が実現しました!
c0180686_03171525.jpg
お座敷用の高い座椅子というか、低い椅子。座りごごち良いのをたくさんご用意くださいましたが前の方は座布団席でした。
c0180686_03172276.jpg
c0180686_03170726.jpg
c0180686_03162979.jpg
c0180686_03165847.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 20:58 | AMPELMANN Japan 2017 | Trackback | Comments(0)

津和野散策 堀庭園からアルチジャーノで晩御飯 4/11其の六

c0180686_02170262.jpg
c0180686_02155890.jpg
紅葉の時期が美しくて有名な「旧堀氏庭園」春もなかなか綺麗です。
昨年の秋にはここで初めて紅葉の時期にアンペルマンコンサートを行いました。写真の楽山荘大広間でヴァイオリンとコントラバスのデュエット、連夜満席をいただきました。



c0180686_02154688.jpg
ここ堀庭園も、2009年から訪れてるのですが昨年初めて拝観しました。元は個人の邸宅です!
c0180686_02153416.jpg
c0180686_02150077.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 19:48 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

津和野散策 鷗外記念館 4/11其の五

c0180686_01282833.jpg
津和野の鷗外記念館。
「鷗外の縁で繋がる日独3自治体の友好交流」が今回のミッテ区訪日のキーワードです。
鷗外が生まれた島根県津和野町、留学先のベルリンで居住したミッテ区、そして60年の人生の後半生を過ごした東京都文京区。鷗外記念館を有する自治体の交流、まさに「鷗外の縁」です。
↓3:50から始まる「鷗外の縁で繋がる」冒頭の成澤文京区長の挨拶でも3つの鷗外記念館にふれています。

c0180686_01270337.jpg
さて津和野の鷗外記念館、まずは鷗外の生家を訪ねました。
c0180686_01265436.jpg
齋藤鷗外記念館副館長がご案内くださいました。
c0180686_01264680.jpg
この時代の日本の武家の建物としても興味深いですが、鷗外が10歳まで生活した家が残ってる、これは素晴らしいことです。
c0180686_01263691.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 18:19 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

津和野散策 覚皇山永明寺 4/11其の四

c0180686_22481886.jpg
c0180686_22473503.jpg
c0180686_22475764.jpg
c0180686_22480973.jpg
津和野散策は続きます。鷗外の菩提寺でもある永明寺、「ようめいじ」と読みます。
こちらを訪れ、御本堂や亀井家霊廟の良い気を感じ「ここでコンサートやりたい!」と口にしたのが2009年秋。2011年にアンペルマンオクテット公演が実現しました。
↓拙ブログはカテゴリーごとでも検索できます。AMPELMANN2011日記がずらっと並んでます。

c0180686_22472685.jpg
c0180686_22471692.jpg
4月は新緑が美しかった!オクテット公演時は紅葉、これもまた綺麗です。夜にライトアップしてのコンサートでした。素晴らしかったんですが経費もかかる、いつかまた実現したいなー!2-3人の室内楽でしたら昨年の堀庭園さん、最高でした!
c0180686_22470859.jpg
c0180686_22465817.jpg
c0180686_22464781.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 16:33 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

津和野散策 沙羅の木さん 4/11其の三

c0180686_03021066.jpg
c0180686_03012948.jpg
初陣古橋酒造さんから本町を殿町通りに向けて歩きます。前日に拝観したカトリック教会前の角に「沙羅の木」さんがあります。
初日の夕方散歩で田中社長とはお出かけ前に偶然会えました。津和野藩家老屋敷の庭を眺められる大座敷(2014年にはこのお座敷でコンサートでした)と松韻亭が庭を囲んでいます。
c0180686_03011890.jpg
その松韻亭でお茶休憩の席をご用意くださってましたが、座る前に奥の部屋も見せてくださいました。
c0180686_03010905.jpg
c0180686_03010105.jpg
こういう部屋は日本人でもなかなか入る機会ないですが、これぞ日本!的連続に3人の目が輝いてました。
c0180686_03005222.jpg
c0180686_03004329.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-26 15:14 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)