人気ブログランキング |


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/23月曜発売の週刊ポスト
at 2019-12-22 23:19
iPad2019
at 2019-12-21 21:17
いつでも、どんな時でも。
at 2019-12-20 23:51
みんなで歌うWO
at 2019-12-19 23:46
自家製ラーメン初心者の為に ..
at 2019-12-18 13:56
日曜日、Perlebergか..
at 2019-12-17 17:35
贅沢な悩み
at 2019-12-16 23:20
東独デザイン、まだまだ残って..
at 2019-12-15 22:21
第3アドヴェントのコンサート..
at 2019-12-14 23:47
A. Rau 作の弓
at 2019-12-13 17:17
かなり久々になっております。
at 2019-12-12 14:18
有楽町「川上」さんへ 10/17
at 2019-10-23 23:59
文京シビックホールでリハーサル。
at 2019-10-22 23:59
東麻布リハーサル
at 2019-10-21 23:59
R.グリエールのデュエット
at 2019-10-20 23:59
さんさき坂カフェへ
at 2019-10-19 23:59
室内楽リハーサルwithチェロ編
at 2019-10-18 23:59
東麻布、2013年から東京で..
at 2019-10-17 23:59
鷗外記念館特別展オープニング..
at 2019-10-16 23:59
10/11 金曜日、東麻布に..
at 2019-10-15 23:59

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018
鷗外の縁
AMPELMANN Japan 2019

最新のコメント

kemtaさん、初コメン..
by Toruberlin at 13:27
自己満足の演奏をしている..
by kemta at 09:24
そうなのよ。目指したのは..
by Toruberlin at 20:08
って事は… 違う店に入..
by charlie1030 at 11:57
7515とは!仲良し姿を..
by Toruberlin at 02:43
お忙しいなか、ようこそお..
by yu at 10:30
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 09:03
夏に日本でお会いしたのは..
by r子 at 02:23
そうだね、札幌のO澤とな..
by Toruberlin at 18:39
僕もRenzに育ててもら..
by yusuke at 07:57
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 11:45
おめでとうございます。
by Zeiss_Mania at 10:28
ありがとう!それなら、夏..
by Toruberlin at 21:08
いつもながらに完璧な焼き..
by charlie1030 at 17:41
p.s.友人が調べたらイ..
by Toruberlin at 21:58
3年近く経ってますが、書..
by Toruberlin at 16:47
調べましたら、なんとドイ..
by Toruberlin at 03:30
↓5/15に書いたコメン..
by Toruberlin at 16:29
x 大津の幼稚園児が二..
by Toruberlin at 16:11
BRAUN,ALTIX、..
by Toruberlin at 01:19

検索

以前の記事

2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
イタリア子連れ放浪記
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...
材木屋茶人の徒然な毎日
ベルリンに思いを馳せて

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:津和野 ( 85 ) タグの人気記事

津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで

津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19470923.jpg
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19470119.jpg
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19465301.jpg
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19464220.jpg
津和野に到着した翌日、朝御飯前にお散歩がてら古橋さんの酒蔵を訪ねました。
午後に鴎外記念館を拝観してる時に大雨になりましたが、朝はご覧の通りの晴天!気持ち良い朝でした。
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19463314.jpg
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19462345.jpg
津和野のメインストリートをマルコスたちと歩く、の図。
津和野二日目(2016年春)Vol.1 古橋酒造さんから明月の朝御飯まで_c0180686_19461573.jpg


More
by Toruberlin | 2017-05-23 23:59 | AMPELMANN JAPAN 2016 | Comments(0)

成澤文京区長、ベルリン着。

成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19035368.jpg
文京区長と職員のMさんは定刻にTXL着、専用車でホテルへ。アンペルマンのフラッグシップストアも入ってるホテルに御滞在でした。古橋さんとULAでの「鴎外晩餐」(翌日でした)MTGからアンペルマンMINIでホテルに伺いました。
Welcomeビールは欠かせない、お疲れなら(だったでしょうが)ホテルからすぐのミュンヘンの老舗アウグスティーナもありましたが、やはり我がアンペルマンレストランにお連れしました。
今回は文京区の姉妹都市カイザースラウテンにおいでになる前に、文京区がTokyo2020のドイツホストとなったので関係各所へご訪問と、森鴎外の縁で文京区と姉妹都市の津和野の下森町長ともご相談の上、鴎外つながりの縁を深めるべくベルリンミッテ区をご訪問になりました。津和野町とミッテ区の友好は20年を上回り、森鴎外が生まれた津和野町、ドイツ留学の際に暮らしたベルリンミッテ区、そして30余年を過ごした終の住処文京区、鴎外記念館を持つ三自治体の友好交流が始まろうとしています。

その津和野町とベルリンミッテの姉妹都市交流に最初から尽力したのが私の母Nobuko Fuhrmannで4月に急逝した義父Wernerとともに津和野訪問は数知れず。私がミッテと津和野の橋渡しを引き継いだのですが、交流初期には幾たびもの短期交換留学がありました。その第一回のベルリンから津和野に行った一人がS君。名前は聞いていましたが初めて会ったのは義父の追悼式でした。
「津和野に行ったことあるんだねー!」との話から、森鴎外繋がりで津和野の古橋さんだけじゃなく鴎外が長く暮らした東京文京区の区長もおいでになるんだよ!と話したら、彼はベルリン市交通局職員で地下鉄の運転士なんですが運転席に同乗の許可を取ってくれました。
彼はU9というベルリンを南北に走ってる線と、最新のU55に乗務しています。U9ならそう簡単じゃないんですがU55はまだ未完成、中央駅から二駅しか開通していません。(これもそう遠くない将来に延びますから、今回は好機でした)連邦議会とブランデンブルク門、そして二両編成で一編成が往復しているだけなので、同乗しやすいのだそうです。
S君の休憩時間は聞いてました。それ以外は、どの駅でも運転してるのは彼しかいませんから「いつでもOK」と言ってくれてました。ホテルで区長と再会し、ビールの前に?とご提案しブランデンブルク門前駅に向かいました。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19013200.jpg
かなり新しい駅です。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19032349.jpg
始発が中央駅、この駅の先もAlexあたりまでは出来上がっていて、先に線路は続いてますが車止めがある。なのでこの駅に入るときはもしものことも考慮して、自動的に減速になります。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19030429.jpg
きっと彼からはホームにいる僕らが速く見えていたでしょう「お、来たなー!」と。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19033250.jpg
津和野町に行ったことがあるS、まずは古橋さんにご挨拶。共通の知人も多いです。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19012479.jpg
四人でまずは記念撮影。
3つの駅を往復する地下鉄、戻るわけですから運転席が反対側になります。ホームを話しながら一緒に歩き、規定で3人までなのでMさんと古橋さんは交代で客車へ。区長と僕は中央駅までの往復を運転室に同乗しました。
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19004198.jpg
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19011511.jpg
成澤文京区長、ベルリン着。_c0180686_19005362.jpg


More
by Toruberlin | 2017-05-14 23:59 | AMPELMANN | Comments(0)

翌日(5/11)は良い天気でした。

翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01430531.jpg
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01424222.jpg
古橋さんがベルリンに到着、Savigny広場で「いらっしゃいませビール」して就寝、翌日は朝から晴天で、まずはブランチでした。
ホテルに11時頃伺い、F田さんをベルリン銀座クーダム裏のホテルでピックアップしました。森の中のレストラン日和だったんですが、ドイツ料理の老舗@湖畔は土曜日に成澤区長をご案内したかったので、この日は我がテニスクラブのレストランにしました。
ハンガリー女性のシェフは育児との両立が難しく退職してしまいましたがシューベルトの鱒を演奏した年末クラブ晩餐会でもとっても美味しく、新しい調理スタッフも◎です。
今は白アスパラの季節、クラブの湖を見下ろす席で、まずはビールでした。
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01401878.jpg
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01400826.jpg
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01395904.jpg
春の日差しはかなり強い!メルセデス車中にあった僕が昔愛用していたレイバンのウエイフェラー、古橋さん決まりすぎです。FBでは新しい渾名「タカポーネ」が生まれました。(古橋さんは貴正さん、タカさんなんです)
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01393850.jpg
食事はもちろんシュパーゲルメイン、あとは好きな料理を合わせます。F田さんはオリジナル定番の生ハムとスクランブルエッグ、タカポーネと僕はステーキを選びました。(←二人ともブランチ!)
翌日(5/11)は良い天気でした。_c0180686_01395043.jpg


More
by Toruberlin | 2017-05-13 23:59 | ベルリンー津和野 | Comments(2)

5/10 津和野から古橋さん到着。

5/10  津和野から古橋さん到着。_c0180686_01422360.jpg
永らくお待たせいたしました。6/7(水曜日)ブログ再開します。
義父の水葬からPfingstenの週末に4回の本番が終わり、今週は比較的穏やかな予定で、休むと書けなくなってしまうのはトレーニングと同じですが余裕がないと書けないのと、あとは写真を撮る余裕がないと例え数十回分は貯まっていても自然には進まないのです。ブロガーと呼ばれるくらい長く頻繁に書いてはいますが、それで利は得ていないしどこに義理も(仕事としての)ない。それだからブログを書いて楽しくもあるのです。趣味であり、そして自分のために書いているから。
時間や労力を使うと、それに見合った利が生まれないと「馬鹿」とか「損」と思う考えがあります。
そう考えると楽器を練習したんだからコンクールで成果を出したり、地位を得ないと❌とする考えもある。
自分のため、自分の愉しみ、または修行。
プロとしてその仕事を行うときは、矜持を持って恥じない結果を出すべきです。
でも、それ以外の時間にたくさんの楽しみや学びがある。
面倒なこともあるけれど、人と(仕事などでのマスト以外で)集うことも大事。自分の時間を持つことも、人に貢献することも、大事なことは山ほどある。それをバランスとって日々を過ごすことが大事ですね。
前置きが長くなりました。

成澤文京区長が来伯なさるのに合わせて、今まで行って来た「津和野晩餐」を今年から「鴎外晩餐」と名を変え行うために津和野地酒初陣のオーナー杜氏古橋さんが5/10の夜にロンドン経由でJetroの契約社員(元商社マン)F田さんと到着しました。
今回は拙宅前の湖畔にあるホテルが確保できず、お二人は別々のホテルでした。夜遅いので空港で別れ僕は古橋さんと拙宅側の老舗プチホテルへ。ここがなかなか良かったんです!大アパートを改造した一番奥の大きな部屋で、天井は高く家具はシンプルなアンティークで清潔。お値段も東京のビジネスホテル並み。これからの古橋さんホテルは湖畔とココを季節で使い分けたら?と勝手に考えてます。
さて、10月末にベルリンで会い、11月末のアンペルマン室内楽in東京には津和野からはるばる来ていただきましたが楽器のネックが折れた日でいろいろと予定が変わり終演後はご一緒できず、まずはビールということで深夜でも営業してるSavigny広場の行きつけにご案内しました。
5/10  津和野から古橋さん到着。_c0180686_01421341.jpg
冬の酒の仕込みの直前にオーナー杜氏が海外に来るのは大変なことなんです。案の定、丸二日(機内でも眠れなかったそうで)ほぼ徹夜の古橋さん、でも美味しいビールでまずは乾盃!
5/10  津和野から古橋さん到着。_c0180686_01420430.jpg
5/10  津和野から古橋さん到着。_c0180686_01415591.jpg


More
by Toruberlin | 2017-05-12 23:59 | ベルリンー津和野 | Comments(2)

鴎外晩餐inベルリン

鴎外晩餐inベルリン_c0180686_18002882.jpg
Ougais Festmenü @Restaurant ULA-Berlin am 12.5.17 ab 18 Uhr haben wir noch 1 Platz frei (möglich auch zwei) bitte per Message an mich direkt reservieren!
Menü + 4 Gläser SAKE und Nachtisch direkt aus Tokio-Bunkyo lohnt es sich auf jeden Fall!
ULAベルリンで金曜の1830から開催します鴎外晩餐、あと1席空きがあります。ご希望なら2席にすることも可能です。ご希望の方は夕方までに私宛てにメッセージをお願いいたします。
ベルリントップの和食コースに津和野地酒初陣4杯(追加も有料ですが出来ます)鴎外の終の住処東京都文京区から和菓子と津和野名産の「まめ茶」をお楽しみいただきます。
和菓子は本郷三原堂の抹茶茶漬け(鴎外の好物の饅頭茶漬けを和菓子にした銘菓)と吉々丸です。
ULAのフルコースに津和野時酒の新酒4杯、デザートとまめ茶で50ユーロは超特別です。
鴎外晩餐inベルリン_c0180686_17594372.jpg
鴎外晩餐inベルリン_c0180686_17592584.jpg

「鴎外晩餐」献立です。

発泡日本酒プリンセスフラウ
前菜 シェフのおまかせ前菜3種盛り
  SpargelとBärlauchの湯葉巻き
  バイエルン産鴨の和風ロース Rhabarberの土佐餡掛け
  胡桃豆腐 台湾産焼姫筍添え

初陣 純米酒or笹山
焼物 ノルウェイ産 自家製鯖のみりん干し
高知仁淀川山椒の香ばし焼き 茗荷の甘酢添え

初陣 純米酒「ひげ文」
強肴 USショートリブの照り焼き 山葵が香るマッシュポテト添え

初陣大吟醸酒
本菜 特選江戸前鮨4貫1巻(赤だし付き)
地中海産キハダマグロの赤身漬け
スコットランド産天然鮭の昆布締め   
   北海道産帆立 柚子高知産小夏味噌漬
宮崎産ハマチの柚子胡椒漬
冬子胡瓜巻き

デザート 津和野名産まめ茶付き
  文京区本郷三原堂の抹茶茶漬けと吉々丸

鴎外晩餐inベルリン_c0180686_17593317.jpg
鴎外晩餐inベルリン_c0180686_18001294.jpg






by Toruberlin | 2017-05-09 23:59 | AMPELMANN Japan 2017 | Comments(0)

「鴎外晩餐」

「鴎外晩餐」_c0180686_02052923.jpg
津和野出身の森鴎外が帝国陸軍軍医として医学(防疫学)を学ぶべく留学した際に住んでいたBerlin-Mitte(中央区)、そして30年居住し終の住処となった東京都文京区。世界で3つしかない鴎外記念館を有する町を繋いでの「鴎外晩餐」をMitteの和食レストランULA-BerlinでAMPELMANN社と津和野地酒初陣の古橋酒造さん主催で行います。
5/12(金曜日)の1830からです。
文京区の成澤区長御来伯に合わせて、津和野から初陣のオーナー杜氏古橋社長も来伯、アンペルマンCEOのヘックハウゼンとアンペルマン日本大使の私がお迎えします。
FBなどでの御案内は来週半ば以降を予定していますが、このブログを読んでくださってるみなさんには先にご案内します。
参加ご希望の方は私宛にメールでお願い致します。
toru.takahashi@ampelmann.de
「鴎外晩餐」_c0180686_19064183.jpg
告知用PDFをアンペルマン本社デザインルームのAと作り始めました。まだまだ途中ですがご紹介します。
「鴎外晩餐」_c0180686_19062974.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-10 23:30 | ベルリンー津和野 | Comments(2)

初陣新酒の会Vol.2

初陣新酒の会Vol.2_c0180686_09100082.jpg
初陣新酒の会Vol.2_c0180686_09093836.jpg
津和野の古橋さんから頂いた初陣生酒、「しぼりたて」と「いざ初陣」を堪能する会Vol.2はお菓子教室に先日参加してくださった奥様三人組と思ったのですが二人はご都合悪くW子さん、そしてずっと新年会やろう!と言いつつ今になってしまったあーちゃんを招きました。ハンブルクのY嬢は当分時間がないとのことで、新年会はまた来年です。
今回は二日前と比べると、居酒屋メニュー。酒を呑むのに普段はワインが多いからイタリアン中心の献立になりますが、例えば「川上」で呑むような感じで、と作ってみました。これで炭火焼きがあればパーフェクトですが、でも炭火を熾したら焼きがメインになります。そう考えると居酒屋(チェーン店は、その定義には入ってません)は、いろいろ揃っていて便利でありがたい存在ですね。
そういう店、ベルリンにできるとかできないとかが長く、Alexのそばに出来たとか?!まともな居酒屋ができたら流行ると思うけれど、まあ出す方から考えればラーメン店の方が確実ではあります。それだけ居酒屋メニューを細々と準備するのは大変ということです。
この日は色々と初トライがありました。中でもトップは上の写真の芋煮。鯛の出汁で作る津和野の芋煮です。芋はアフリカ産のかなり美味しいのが手に入ります。鯛は、津和野では小振りのを炙って出汁摂るそうですが、二日前の鯛茶漬けの出汁、とびきり美味しいのがあったので、それで煮ました。津和野で食した芋煮を思い出す味です。
初陣新酒の会Vol.2_c0180686_09093440.jpg
仕込み途中に純米酒の翌日の味を知りたくて昼にタコブツと。コシヒカリの純米酒生酒、ワインのように開けてから時間経つと落ち着くというか美味しくなるのが面白い。

津和野初陣 しぼりたて&コシヒカリ純米酒を楽しむ居酒屋料理会
口開け 鮭汁
前菜  野菜のグリル キノコと山芋
煮物  芋煮 (津和野風)
お造り 鮭、蛸
口直し 鶏もつ煮(砂肝とハツ) だし巻き卵 生蓮根のきんぴら
煮物  大根とオックステール
御飯  葱鮭丼と鮭汁
甘味  プリン

初陣新酒の会Vol.2_c0180686_09090064.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-06 00:59 | ベルリンー津和野 | Comments(2)

初陣生酒会

初陣生酒会_c0180686_08535140.jpg
初陣生酒会_c0180686_08534279.jpg
初陣の生酒をオーナー杜氏の古橋さんが贈ってくださいました。この生酒は早めに呑まないと勿体ない、味が変わってしまいます。それで前回はイタリア人にイタリアンナイトでしたが、今回は和にしました。
古橋さんの酒に敬意を評して、また酒との相性も試したくて豪華な献立となりました。

津和野地酒初陣 「しぼりたて」「いざ、初陣」を愉しむ伯林晩餐

生牡蠣 

船場汁 

お造り  鮭、蛸 しめ鯖 Sashimi Lachs ,Pulpo und Makrele

口替わり 数の子 だし巻き 茸のグリル鰹の塩辛風味

焼きもの 鯖の塩焼き

お食事  鯛茶漬け

初陣生酒会_c0180686_08532895.jpg
買い出しはいつものLindenberg。ここも35年以上の付き合いです。フランスの牡蠣。
初陣生酒会_c0180686_08532169.jpg
蛸と鯖。
初陣生酒会_c0180686_08531335.jpg




More
by Toruberlin | 2017-03-04 00:44 | ベルリンー津和野 | Comments(0)

日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。

日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。_c0180686_08122527.jpg
津和野の古橋さんから初陣の出来立ての生酒「しぼりたて」と「いざ初陣」とリキュールを贈っていただきました。全部で12本。しかし時間かかるなー!と思っていたら、またもや破損。
3本割れてドイチェポストがリパックしてましたが、それで時間がかかったか?+ 税関郵便局に呼び出されました。割れなければ家まで届くことがほとんどなんです。そして古橋さんはプロですから梱包もちゃんとなさってます、どんな扱いしてるんだか、、、。
日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。_c0180686_08120005.jpg
古橋さんが書いてくださった価値は卸値、頂戴するものですが、古橋さんならではの「価値」な訳です。
嘘じゃないので、いろいろ言われたら、それで押し通すつもりでした。
しかし、僕も知らなかった落とし穴があったので、ブログに書いておきます。
日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。_c0180686_08114437.jpg
課税は主権国の正当な権利で、各国の判断による(多くは現場の)
だからヴァイオリン課税事件もあった。
で、贈り物と認められるか?支払った証拠(領収書)がなくても
いや、逆になくて、でも課税対象となると、もっと実際よりも高い額と査定され、それに20数パーセント課税されることになる。
ここで大事なのが、友達が会社から送ったり、会社名と苗字が同じで住所も同じ場合(正確には違っても)注文したものとみなされます。
逆に言えば、誰かに買ってもらい何らかの方法で支払い
その品物をその個人である誰かに贈り物として郵送してもらうと
価格によるけれど、無課税になる。
どこかで線を引かねばならないのだろうけれど、辻褄は合いませんが、そういうものみたいです。
あとは額の問題で、ちゃんと調べれば大体の価格は今はwebでわかってしまいますから
新品(ほぼ全ての食品がそうですね)はかけ離れて安く書かずに個人が送れば通りますね。
会社から個人が送った場合、送り主には(好意の贈り物であるのはもちろんですが)原価(卸価格)でも
販売価格が値段になってしまいます。
日本酒が税関郵便局で止まってしまってました。_c0180686_08240821.jpg


More
by Toruberlin | 2017-03-03 23:00 | これはおすすめ! | Comments(4)

山陰経済ウイークリー

山陰経済ウイークリー_c0180686_00270613.jpg
山陰経済ウイークリーに10月末から11月はじめの津和野地酒初陣古橋社長訪独をJETROデュッセルドルフの福井氏が書いてくださいました。
AMPELMANNも鴎外が繋いだベルリン中央区と島根県津和野町、また鴎外の終の住処の東京都文京区(津和野町と姉妹都市)の友好をベルリン中央区生まれとしてバックアップさせていただきます。
山陰経済ウイークリー_c0180686_00270129.jpg
山陰経済ウイークリー_c0180686_00265256.jpg



by Toruberlin | 2017-02-28 23:59 | ベルリンー津和野 | Comments(0)