ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

友人たちと横浜のMちゃん家で..
at 2018-09-25 09:04
色が変わった反射板Steher
at 2018-09-24 16:01
淡路町シシニイク→飯田橋太田福
at 2018-09-23 15:33
CPN-NRT 9/22
at 2018-09-22 15:58
NRT-CPN 5/3
at 2018-09-21 14:53
麻布「たこ八」 5/2
at 2018-09-21 14:37
料亭千鳥にて 5/2
at 2018-09-21 12:06
The Glory of C..
at 2018-09-20 03:37
神楽坂で 5/1
at 2018-09-19 02:34
RIKIフィルの皆さんと 4..
at 2018-09-18 23:16
お久しぶりのK君と 4/30
at 2018-09-17 23:59
東京タワーとビール飲んで、麻..
at 2018-09-16 01:46
東麻布の極上鮨屋 4/27
at 2018-09-15 23:05
東京でもアイロンかけ
at 2018-09-14 22:04
武蔵新田酒菜亭 4/23
at 2018-09-14 21:50
横浜のMちゃんちへ 4/22
at 2018-09-14 19:29
AMPELMAN室内楽リハi..
at 2018-09-13 19:34
ヴィオラのカタリーナ
at 2018-09-12 09:08
御大邸の子猫フジ。
at 2018-09-11 00:47
日曜日、花工房から桜華楼、そ..
at 2018-09-10 00:48

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:食材 ( 118 ) タグの人気記事

トルコの鯵がなけりゃ、フランスの鰯って手があるさ!

c0180686_00080591.jpg
c0180686_00075357.jpg
c0180686_00074468.jpg
Markthaklleに行った翌日(7/25)、8時には入る!って言ってたんですがサイトで調べたら開店は9時!行ってみましたが僕の顔を見るなり「鯵、入らなかったよ、、、」と残念な一言。でも仕方ない。「また来るよ!」とLindenbergに向かいました。
鯖か鰯か?水曜だから何かあるだろうと向かうと、両方ありました。
鯖はシメサバはやめて翌日の晩御飯で鯖塩焼きに、鰯は晩餐に刺身で食べて、半分はマリネにしました。
c0180686_00073632.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-31 17:06 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

Markthalle 7/24

c0180686_23054501.jpg
メルセデスで買い物に出かけた目的は「鯵」でした。久々に鯵丼、または新鮮な鯵の刺身が目当てでした。しかし魚屋には入荷しなかったそうで「明日の朝、入るよ!」を信じて別の献立に決めました。
鷗外が明治時代に暮らしたミッテ区は3つの区(ミッテ区、ティアガルテン区、ヴェディング区)の合併です。壁があった時代は東独のMitte、旧西ベルリンのTiergartenとWedding。ミッテというのは「中央」文字通り、今でもベルリンの中心部の区です。
ダッセル・ミッテ区長はこのティアガルテン区庁舎に部屋を持っています(訪日団の団長、ゴーテ副区長はヴェディング区庁舎)がその真裏に由緒正しきMarkthalleがあります。
西ベルリン時代はKreuzbergに2つとここが現存し稼働してるMarkthalleでした。そうマルシェ、公設常設市場です。
スペインやイタリアにはいまも多く残ってます。パリにはマルシェ文化はありますが野外が多いですよね?それともこういう屋内のマルシェもあるのかなー?極端に暑い、または寒い季節は屋内が◎です。ブタペストにも巨大なのがありますね。
ベルリンには屋外のマークト文化は日常に生きています。今のように大スーパーが多く出店していても場所によって曜日が決まってるMarktは、そこでしか買い物しない人も多い。生産者が直接販売してるのも人気の訳の一つです。
ベルリンのMarkthalleに話を戻しますと、一番好きだったベルクマン通りのHalleは数年前に大改装され、中はただのモールかデパートの食品売り場化して、風情も何もなくなりました。生き残りのためだったのか?残念です。
このティアガルテンのは西ベルリン時代からかなり寂れてました。近年、少し手直しされましたが、嬉しいことに飲食店が多く入っただけで八百屋、魚屋、肉屋etc.は数軒残ってくれました。昔ながらの雰囲気も外観だけじゃなく残ってます。
c0180686_23053389.jpg
c0180686_23050734.jpg
嬉しいのはレストランの一角にカウンターができ、クロイツベルクのクラフトビールが飲めるようになったことです。
c0180686_23052419.jpg


More
by Toruberlin | 2018-07-30 16:03 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

笊貝と鯛の塩漬け

c0180686_10111673.jpg
笊(ざる)貝、ドイツではHerzmuscheln。身の色は赤貝に似てますがとり貝の仲間です。
名前の由来は貝殻の模様が笊の様だからだそうです。
日本ではもっと大きい、大きめのハマグリくらいらしいですが(でもたくさん獲れないから流通はしてない)浅利よりも小振りです。味はかなり濃い、貝が好きじゃない人には、新鮮でも匂いは少しキツイかもしれない。
新鮮で活きが良くても、匂いが気になったり、または日本人は誰でも貝といえば砂出ししたがりますよね。
c0180686_10103137.jpg
ここで❌なのが、ベルリンは地下水だからまだ良いかもしれないが、でも硬水。もっともっと水が硬い土地もある。で、硬水に浸けると塩を加えても貝は死んでしまうのです。この貝もヴォンゴレも放っておくと少し開きます。それを塩水で洗う程度なら良いのですが、30分とか浸けてると弱ってしまいます。活きの良さは味に影響します。命を奪うのですが、感謝して美味しく食べるのが僕らの義務ですから、気をつけたいですね。
まず最初にボールいっぱいの水で貝殻の外を洗うのは◎です。それで放置しておくと開きますから、塩水で洗うと、かなり貝の中もキレイになります。
c0180686_10102081.jpg
オリーヴオイルでニンニクとペペロンチーニを焦がさない様に焼き、この貝を投入し蓋を閉めて強火で貝が開けば食べ頃です。そこに茹でたてアルデンテパスタを加える。9分の茹で時間なら、パスタ入れてから4-5分でフライパン調理を始めるくらいがピッタリです。

キノコは洗っちゃいけない!
と同じくらい
硬水に浸けて貝の塩出ししちゃいけない。
です。

スペインはカディスからの鯛を買いました、先週。鯛は3-4日冷蔵庫に入れておいても大丈夫です。
捌いて、今回は鯛茶漬けなんですが、刺身での正当鯛茶漬けはやめて、三枚におろして塩漬けしました。
c0180686_10095122.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-16 23:03 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

今の旬、ふたつ(パスタ編)

c0180686_02143193.jpg
c0180686_02123488.jpg
c0180686_02122495.jpg
それはサマートリュフとあんず茸。
パスタにして美味しい食材は数あれど、この二つは意外と目立たない、しかしピカイチです。

トリュフは黒、そしてかなり高価な白があります。キャビア、フォアグラに並ぶ三大珍味。
パスタにして美味しいのは、トリュフか?
そういえば昔、缶詰のベルーガキャビアを頂戴し(92年ごろ)それは大きな缶で今ならKaDeWeで5-6万円じゃないかと思います。キャビアは船旅でも食しましたが、美味しいけれどビスケットに載せたりゆで卵と食べても、そうは感動しない。
でも高価で貴重なのは知ってましたから1-2年は持っていたか?
で、いざ食べる時、イクラが美味しいんだからとひと缶使ってパスタにしました。ものすごく美味しかった!記憶があります。
トリュフはかなり濃厚な香りですが、今のイタリアからのサマートリュフは味がある。そう、香りが強すぎず、でも深い。かなりナッツっぽくてたっぷり使ってパスタを作ると最高なんです。
c0180686_02142122.jpg
削ると細かくなったり切れたりしますが、問題なし。加熱した方が香りも味も出るからほとんどはそうして、最後に飾りに綺麗に切れた分を加えます。この「生」は無いと、また美味しくないのです。
c0180686_02141288.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-14 18:11 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

ショスタコーヴィチ後のブランチ

c0180686_21293665.jpg
c0180686_21292949.jpg
ミラノのクリスチャン、一泊でベルリンに来てました。拙宅じゃなく泊まりはホテル、来てることも彼のSNSで木曜の夜中に知りました。訊けば木曜も金曜も終日会議、金曜の夜に仕事の後すぐのフライトでイタリアに戻り、最近スカラ座が忙しくて平日の朝しか会ってないというカタリーナと子供たちとドイツからの友達の誕生日をリグーリア海に面した別荘で祝う予定だったそうです。しかし金曜の夜、ポツダムのサンスーシ宮殿の教会で本番中の雷を伴った大雨、かなり激しかったんですが空港が冠水、全面停電で全フライトキャンセルとなり、本番終えて帰ったら「Toru、明日の昼時間ある?フライト変更になったから昼ごはん食べない?」と連絡入ってました。1時頃に「14時まではリハだから、15時には拙宅で始められるよ!」テーゲル空港までは拙宅からTaxiに乗ったら5分、フライトは18時なので間に合いました。
14時にリハ終わり帰宅は1430過ぎ、1445にはどうぞ!とメッセージしたら、本当にぴったり到着。
リハ前に早朝買い出しに。鶏のレバーはゲット、あとは骨つきラム肉を仕入れて塩してオリーヴオイルでマリネしておきました。
c0180686_21291967.jpg
日曜の晩餐で使おうと思ってたイカを捌いて一部使いました。
c0180686_21285547.jpg


More
by Toruberlin | 2018-06-04 18:26 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

大吟醸赤城山と炭火焼と鯖寿司+和美人

c0180686_19550653.jpg
c0180686_19594751.jpg
c0180686_20000490.jpg
c0180686_19595301.jpg
日曜日、Kagodonと母を招いて炭火焼でした。土曜日に鶏レバーを買いに行ったら、まだ入荷してなかった。交通渋滞なのかエンコしたのか運転手がさぼってるのかは不明だそうですが、昨日のブログに書いた火曜日は売り切れ、このところ外れてます。
砂肝もやめて仕込みは腿肉とハツにしました。というのも山芋やレンコンもですが、鯖の押し寿司は作ってあったし、写真の貝も手に入ったからです。
c0180686_19593173.jpg
これ、大きさはハマグリくらいある二枚貝。Meermandel、海のアーモンド。こちらで人気らしく高価なヴォンゴレルピーノよりも少し高価。前回焼いてみたら美味しかったのです。今は炭火焼の季節だがフライパンで蒸し焼きも美味しいかもしれないな。
c0180686_19593839.jpg
団扇がないドイツ、商工会や日本人会のイベントにはあるのか?炭火焼にはマストアイテム、本郷三丁目のマグロの旨い店MEGRO、成澤区長にお連れいただいたのが初めてで津和野の古橋さんやM内東京事務所次長と何度か行ってますし、秋のアンペルマン室内楽コンサートin茗荷谷の打ち上げでも伺いました。いつだったかそこで「文京区さいこう」団扇を見かけ貰ってきました。
c0180686_19591150.jpg


More
by Toruberlin | 2018-05-31 13:51 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

いつもの市場でbuon giorno!

c0180686_00161748.jpg
水曜日の朝、リンデンベルクへ。
今でこそプレンツにもあるFrischparadiesですが僕がベルリンに来た1980年頃はSavigny広場裏にありました。ベルリン銀座クーダムの傍にあったわけですから築地と位置的には似てます。当時は本当の問屋で一般人は入れない倉庫のような市場でした。
今はMoabitにありますが外観はお洒落倉庫、内部はまるで高級デリのようなレイアウトになりました。ここも10年くらい前まではプロ専門、今でも一般客は11時以降にどうぞ!と書かれてます。
せいぜい名乗っても料理(研究)家、一般人の僕がなんで?そのキッカケは82年ごろに通い始め、店の人と知り合い職人と思われ、事務所は(もちろん)そうじゃないのは調べればわかるが、あまりに顔見知りになったからか業者番号をくれました。
それ以来36-7年通ってます。数年前から(当然ですが)経理上ちゃんとした会社組織の登録がないとプロ価格はダメ、会員価格になりそうでしたが正式な番号を新たにもらい仕入れてます。
朝はかなりガラガラ、月水金がフランスやイタリアetc.から鮮魚が入荷する日ですが、8時には出揃ってます。
この日、鰯はなく、またマテ貝などの面白い貝もなかったけれど鯖と鰹が手に入りました。
c0180686_00161191.jpg
46cmだからかなり小ぶりの鰹でした。
でも、アラから摂った出汁はエクセレント。身は三枚におろしてバーナーでタタキにしましたが、ちゃんと美味しかった!


More
by Toruberlin | 2018-05-24 23:11 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

一番最近の「さーて何を食おうかな?」

c0180686_02590434.jpg
5/11金曜日、ドイツのHerrentag(Vatertag)の翌日の夜に写真の二人を招きました。
ピアノのYちゃんとヴァイオリンのAちゃん、東京藝大の同期生の二人、一緒に住んでます。
夜、20時過ぎてるんですがキッチンでこの明るさ!いまは2130頃はまだ薄明るいです。(5/17に書いてます)
まだ5週間、ずっと日は伸び続ける訳ですから嬉しい。例年より天気の良い今年の5月、だから尚更そう感じるんだと思います。
c0180686_04232424.jpg
19世紀初頭のグラスを初陣の升に収める、最近の冷酒を呑むスタイルです。でも銘柄は初陣じゃなく
c0180686_04231527.jpg
相模の蔵、泉橋酒造の新酒「とんぼラベル」
生原酒らしい。亀の尾は酒米の名前です。JapanBrucknerSinfonieorchesterでチェロを弾いてるYご夫妻が前回のポツダム公演の時にも持って来てくださった、お住まいに近い酒蔵の一本。今回は特別な一本!東京で頂戴したのが3/30に新橋で。麻布のアパートでも一人ではこういう酒は開けませんし、他の貴重な酒とともにベルリンに運び冷蔵庫に入れてありました。
c0180686_04230787.jpg
今回の炭火焼で楽しみだったのは、この貝。大きさは蛤クラス。市場で訊けば、最高に美味い!との答え。価格はキロあたりヴォンゴレより少し高いくらい。一般で買うと30ユーロくらいかな?
c0180686_04230038.jpg


More
by Toruberlin | 2018-05-08 23:55 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

チェロのMちゃん、来伯

c0180686_04000820.jpg
c0180686_04001687.jpg
c0180686_03595980.jpg
チェロの仲間Mちゃんが「明後日日帰りでベルリンに行くんですが、お時間ありますか?」と連絡くれました。
バスで来るから到着は拙宅の傍。訊けば昔の大家さんに誘われてベルリンフィルのGPを夕方聴くという。
ならば!とミッテでの予定は変更してブランチに誘いました。12時過ぎには着くらしい。GPは1615からだから15時までは時間あります。早朝にいつもの市場に行きました。
ヴォンゴレは確保!
c0180686_03594687.jpg
5/9、この日も早くから良い天気でした。
c0180686_03593753.jpg


More
by Toruberlin | 2018-05-07 23:54 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

ベルリンでさーて何を食おうかな?

c0180686_03355493.jpg
5/17の夜です。春の帰国日記、いつもよりも盛り沢山だったのにずっと書いてなかったものですから、まとめて書いてます。帰国日記がかなり続いてますので、今月の普段の食事編です。
いや、食事というよりもまずは酒の肴か。
イタリアからの生のスルメイカ、一部冷凍してあったのを解凍したんですが、お客さんがなくなり冷蔵庫にありました。もう一回冷凍は出来ないから、僕のワインの肴に。
濃厚な味付けなら写真のシチリア産ネロダーヴォラにはピッタリです。
c0180686_03354659.jpg
鮨ネタとしても好きですが、パスタにもこうやってオリーヴオイルで焼いただけでも烏賊は美味しい。いわゆる炭焼きで+醤油はそこまで好きじゃないんですが(アタリメも)こうやって食すのは大好きです。
c0180686_03354083.jpg
鶏のレバー、母が来ると思って炭火焼の時に用意した新鮮なレバー、流石に多かった。1日経っても全く臭いがないくらい新鮮!訊けば毎朝入荷したのを販売してるそうです。その日、または翌日ならレバー嫌いだった人も食べられるくらい(まあ、嫌い度によるけど)嫌な臭いはしないし、半生で食せます。焼きすぎた固いレバーほど美味しくないものもありませんから。
c0180686_03352614.jpg
数日前は久々に中華麺も打ちました。日本では全くやってなかったわけですが、極めた!と大げさに書いてましたが、もう失敗することはないみたいです。
c0180686_03351994.jpg


More
by Toruberlin | 2018-05-06 23:49 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)