ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

友人たちと横浜のMちゃん家で..
at 2018-09-25 09:04
色が変わった反射板Steher
at 2018-09-24 16:01
淡路町シシニイク→飯田橋太田福
at 2018-09-23 15:33
CPN-NRT 9/22
at 2018-09-22 15:58
NRT-CPN 5/3
at 2018-09-21 14:53
麻布「たこ八」 5/2
at 2018-09-21 14:37
料亭千鳥にて 5/2
at 2018-09-21 12:06
The Glory of C..
at 2018-09-20 03:37
神楽坂で 5/1
at 2018-09-19 02:34
RIKIフィルの皆さんと 4..
at 2018-09-18 23:16
お久しぶりのK君と 4/30
at 2018-09-17 23:59
東京タワーとビール飲んで、麻..
at 2018-09-16 01:46
東麻布の極上鮨屋 4/27
at 2018-09-15 23:05
東京でもアイロンかけ
at 2018-09-14 22:04
武蔵新田酒菜亭 4/23
at 2018-09-14 21:50
横浜のMちゃんちへ 4/22
at 2018-09-14 19:29
AMPELMAN室内楽リハi..
at 2018-09-13 19:34
ヴィオラのカタリーナ
at 2018-09-12 09:08
御大邸の子猫フジ。
at 2018-09-11 00:47
日曜日、花工房から桜華楼、そ..
at 2018-09-10 00:48

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

最新のコメント

ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 15:32
えりさん、それは良かった..
by Toruberlin at 14:17
さて、どうしたら良いでし..
by Toruberlin at 06:54
甲南ソラのメンバーを探し..
by エリ at 16:39
おはよう、早いね。 春..
by Toruberlin at 17:24
懐かしい(#^.^#) ..
by 材木屋茶人 at 16:57
柳沼くん、こちらこそあり..
by Toruberlin at 22:26
徹さん、有難うございます..
by n.yaginuma at 15:09
ああそうだったね、思い出..
by Toruberlin at 02:17
10月は全く身動き出来な..
by Yusuke at 00:23
ブログコメント禁止にして..
by Toruberlin at 16:46
同感です…体育会系出身者..
by Yusuke at 03:00
yuさま、おはようござい..
by Toruberlin at 16:40
徹さま、遅ればせながらお..
by yu at 08:11
原田くん、ありがとう。と..
by Toruberlin at 02:44
すっかりご無沙汰して失礼..
by mitsugu-ts at 01:05
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 16:42
おはよう。平成2年は19..
by Toruberlin at 16:32
しかし…相変わらずのご多..
by Yusuke at 03:13
平成元年2月に帰国したん..
by 材木屋茶人 at 18:56

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:AMPELMANN ( 177 ) タグの人気記事

色が変わった反射板Steher

c0180686_08133815.jpg
c0180686_08134431.jpg
c0180686_08065601.jpg
AMPELMANNのReflektor(反射板)Steher (止まれ)の色が新しくなりました。
この反射板、ドイツではランドセルにぶら下げるのがポピュラーで様々な形があります。アンペルマン社製も数年前まではリング無し、紐でぶら下げる従来のタイプでした。2011年のANA国際線就航25周年のコラボでANAブルーのレフレクターを10万個製作しましたが、その時にリング付きを採用しました。今までの当たり前、からの変更は簡単ではないことですが、しばらくは紐とリング付きが共存し、3-4年前からは全てリングになってます。
キーホルダーとしても使えますし、犬の首輪やリードに付ければ夜の散歩の安全に繋がります。
c0180686_08065070.jpg


More
by Toruberlin | 2018-09-24 16:01 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

NRT-CPN 5/3

c0180686_21492303.jpg
春の帰国日記、最後です。
いま、この写真と同じコペンハーゲンのSASラウンジにいます。
あと40分で日本に向けて飛び立ちます。
まだまだ夏の日記も書いてないのありますが、春は(やっと)終わりました。
秋のコンサートのメンバー紹介も東京で書きます。
11月初めまで、みなさんよろしくお願いいたします!
c0180686_21491535.jpg
c0180686_21481959.jpg
早起きして、白湯だけ飲んでベルリンからのフライト。ここでもサラダとチーズでした。
機内食が楽しみです。
c0180686_21484316.jpg
c0180686_21482772.jpg
c0180686_21483614.jpg
秋のアンペルマン室内楽も、どうぞよろしくお願いいたします!








by Toruberlin | 2018-09-21 14:53 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

麻布「たこ八」 5/2

c0180686_21311022.jpg
c0180686_21305984.jpg
最後の夜はアパートのご近所「たこ八」さんに伺いました。
今回はkagodonと家内、ステファノたちとetc.4-5回伺いました。ご近所で遅くまで営業してくれてるから行きやすいんです。昨年秋に初めて伺ったのも茗荷谷でのコンサートの後コントラバスと帰って来て「さーて?」と歩き出して、前からあるのは知ってましたが、あまりに近くて入らなかった店(麻布界隈にはそういう名店、きっとまだまだあります)のひとつです。
c0180686_21305000.jpg
お好み焼き屋さんですが、鉄板があるから美味しいものを焼いてくれます。
c0180686_21303921.jpg


More
by Toruberlin | 2018-09-21 14:37 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

AMPELMAN室内楽リハinBerlin

c0180686_03283394.jpg
c0180686_03281331.jpg
昨日の昼前到着のフライトでミラノからカタリーナが来てくれました。
目的は秋の室内楽リハーサル。スカラ座の仕事の合間に、しかもクリスチャンは新しい仕事の関係でミラノに居ない+子供達は友達の家に泊まり、学校へはシッターが迎えに行くetc,アンペルマン室内楽日本公演のためにものすごくお世話かけてます。
9/26にメンバーが揃ったらすぐに釧路たんちょう空港に飛んで鶴居村へ。翌日から丸2日リハで29日には本番です。明日にでもコンサートは可能ですが、まだまだやりたいことはあり、それを北海道で本番前に行います。
カタリーナとは今朝の8時過ぎから1時間強グルエールを愉しみ、夕方はチェロのティルが来てRossiniのデュオを2時間、音楽絵巻はほぼ完成させました。細かいところを残すのは良いことなんです、本番前までに。でもティルは週末はバレリーナとの公演ですが火曜日にどうしても!ともう一度来ます。
今回のメンバー紹介は昨日、カタリーナから始めました。



More
by Toruberlin | 2018-09-13 19:34 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

ヴィオラのカタリーナ

c0180686_16291464.jpg
秋のアンペルマン室内楽inJapanで一緒に演奏するヴィオラのカタリーナ。
ミラノ在住。彼女はルクセンブルク響の副首席でしたが「イタリアに住みたくて!」いや、それだけじゃないでしょうがメインの理由はイタリアに住みたくてミラノのスカラ座のオーディションを受けたんだそうです。僕も「イタリア最高」って言ってますが、行動して実現したカタリーナは偉い!ご主人クリスチャンもイタリアにずっと居たくて(リグーリアに家も買ったし)今月から職を変わりました。
彼らを尋ねた夏の日記は近日書きますが、滞在中に「知り合って15年記念」でした。一緒に彼らのとっておき海のレストランで祝いました。
c0180686_16292488.jpg
c0180686_16293771.jpg
さっき電話がありました。今日は「鱒」から始めてRossiniiなど全てのリハーサルです。
「飛行機、一時間遅れてるの!」
それ以上遅れなければ大丈夫!昼ごはん含めて2時間以上余裕を持って予定組んでます。
その電話で「グリエール、素晴らしい!あんな曲、あったなんて!」そう彼女が言うことは確信していました。「5つの曲、全てが素敵!それぞれ別の色があって!後で合わせるの楽しみだわ」
そう、僕も今日は鱒もロッシーニも弦楽トリオも楽しみですが、一番の楽しみは初めて合わせるグリエールのデュエットです。
c0180686_16184208.jpg
彼ら夫婦が知り合って15年、これは僕らが知り合った時、13年前の夏か?
ベルリン郊外のお城の音楽祭でメインは「鱒」この写真はキール郊外のお城(個人所有、そこに住んでる)でのコンサートです。ピアソラと「鱒」の組み合わせプロでした。この時から親しい付き合いが始まりましたが、彼女のヴィオラに惚れて、いつか日本に一緒に!が子供達も大きくなってきてやっと実現します。
c0180686_16185463.jpg
幸代ちゃんのBERLIN1920sのピアノクインテット版も今日初めて音にします。これも楽しみ!ヴィオラ、チェロ、KBのトリオバージョンは初のヴァイオリン抜き、これもまた楽しみです。
c0180686_16190824.jpg
拙宅のリハーサル室は準備完了。コンサートで皆さんに聴いていただくのも楽しみですが、リハーサルで一緒に音を紡いで作りあげていくその過程も、とっても楽しいのです。
c0180686_16294999.jpg
これは先月、彼らの家にて。料理も上手なカタリーナ、ブルスケッタやカプレーセに加えて庭で採ったばかりのバジリコでジェノヴェーゼの昼ごはんでした。左側にはリグーリア海が広がります。イタリア日記は近日、お楽しみに!

c0180686_17155358.jpg
ヴィオラ  カタリーナ・ラオフォ
ハンブルクに生まれ、ヴァイオリンを6歳で始め、のちにヴィオラを専攻。少女時代から受賞歴多数。ハンブルク、リューベック、ザルツブルグの各国立音大で勉強後、ハンブルクフィルハーモニー、北ドイツ放送響、ベルリンフィルなどに出演。
ルクセンブルクフィルハーモニー副首席を経て2004年からミラノ・スカラ座に在籍しながら配偶者の仕事に合わせてベルリン、ハンブルクに在住し、その頃にシューベルトの「鱒」をベルリン郊外の音楽祭で演奏、コントラバス奏者高橋徹と知り合い、以後室内楽仲間としても長い交流が始まる。
世界最高峰のオペラ座の一つ、ミラノスカラ座管弦楽団を軸に、室内楽も活動の中心と考えている。現在、ミラノ在住。

c0180686_16381807.jpg

コンサート前売券は5000円、これで2名様ご入場いただけます。シビックチケットで各公演100枚限定でご用意しています。
メールにて事務局にご予約いただき当日に入り口でご精算いただく方法もあります。
チケットはせっかく印刷しましたからシビックチケットにおいでになれる方は是非!電話注文ですと代引きで郵送となり手数料がかかりますから、ご遠方の方は事務局枠をお薦めします。各公演50枚用意しています。

ampelmannkammermusik@gmail.com

今回席数が多いので満席にする為に前売り券5000円で2名様の試みなんですが、特にコンサートには独りで!を好む方が多いそうで価格差が大き過ぎるとの指摘がありました。
5000円で前売券をまず確保していただいて誰かを誘っていただく!ってプランなんですが「お一人様」の為の前売券も新たにコンサート事務局にメールでご予約いただけます。3500/1500 (学生さん)

お得な5000円前売券はシビックチケットと事務局へのメール予約限定です!
詳しくは(プログララムも)↓数日前のブログをどうぞ!




















by Toruberlin | 2018-09-12 09:08 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

この秋の室内楽プログラム

c0180686_00470232.jpg

2011年にベルリンドイツ交響楽団の仲間たちとアンペルマンオクテットを結成し、サントリーブルーローズ、森鷗外の菩提寺である津和野の永明寺で始めましたベルリンから室内楽をお届けするAMPELMANN Kammermusikシリーズもこの秋で13回目です。
コントラバス奏者であります私、高橋徹が音楽監督を務めておりますが、演奏する全てはコントラバスが加わった作品です。
室内楽の世界ではコントラバスの出番が少ないです。2011年に演奏しましたシューベルトのオクテットとドヴォルザークのクインテットはその代表作、ほかにベートーヴェンのゼプテット、今回演奏しますシューベルトの「鱒」、有名どころはこのあたりです。
しかしバロックから近現代にも探せばまだまだ存在し、またチェロのために書かれた、例えばシューベルトの傑作「弦楽五重奏」のセカンドチェロパートのようにコントラバスに編曲しての演奏もしております。また今回演奏しますBERLIN1920sを始め、高橋幸代さんには新曲を4曲委嘱しています。
c0180686_00512453.jpg
今回はロッシーニ作曲の弦楽ソナタ2番から始めます。この作品は以前に「もう一つの弦楽四重奏」と題しまして演奏しましたが、ヴァイオリン2とチェロ、コントラバスのカルテットです。チェロがヴィオラの中音域も担当し、コントラバスはカルテットのチェロの楽しさが味わえるありがたい作品です。ロッシーニ本人が管楽四重奏に後に編曲してますが、今回はミラノ・スカラ座で長年弾いてるヴィオラのカタリーナを迎え、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、4種類の弦楽器で演奏します。
R.グリエールは近現代の作曲家、ドイツ人を父に持つロシア人です。コントラバスソロ作品も多く残してくれています。1909年作曲のヴァイオリンとチェロのための8つの小品(Op.39)から5曲編曲されたヴィオラ・コントラバス版選びました。美しい音を持つ名手カタリーナの来日が実現し、以前はヴァイオリンとの演奏を考えましたが見送ったこの作品、ヴィオラとコントラバスにピッタリでとても楽しみです。
前半最後はロッシーニのデュオです。この作品はロッシーニに委嘱したロンドンの銀行家サロモン家の書庫から大英博物館に移り1960年代になって発見されました。チェロとコントラバスのデュエットの代表作品です。ティル君が弾くチェロはジェノヴァ生まれのP.カステロ、コントラバスは有名なJ.B.の孫にあたるガエターノ・ガダニー二作、イタリアンデュオをお楽しみください。(そう言ったら今回の弦楽器は全てイタリアンオールドですが)
c0180686_00511448.jpg
後半は室内楽の珠玉の名曲、シューベルトの鱒です。この名曲を私の解釈で仲間と演奏します。上に触れました弦楽五重奏も、もしかしたらシューベルトはセカンドチェロをコントラバスにしたかったんじゃないか?音域はかなり高くなりますが可能です。ベートーヴェンのゼプテットに影響されて書いたと言われるオクテットと並んで、この鱒を残してくださったのは幸甚です。
最後は高橋幸代のBERLIN1920s ベルリンが最も華やかだったと言われてる1920年、まだ第二次大戦までは遠く、景気が良かったわけではないけれど戦争がなく落ち着いた時期の大都会ベルリン、キャバレー文化が花開きサロンコンサートも盛況でした。オペレッタが盛んでカフェ全盛時代でもあります。その頃を曲にしてもらいました。2013年初演はカルテットでした。今回はピアノクインテット版を演奏します。

「鷗外の縁」
文豪森鷗外は津和野に生まれ、軍医時代にはベルリンミッテ区に居住し、後半生を東京の文京区で過ごしました。
鷗外の功績を顕彰する記念館を有する3自治体の友好交流をミッテ区生まれのアンペルマンもお手伝いしています。
シビックホール小ホールでの10月3日と4日のコンサートは、このご縁で実現しました。


c0180686_07410965.jpg

コンサート前売券は5000円、これで2名様ご入場いただけます。シビックチケットで各公演100枚限定でご用意しています。
メールにて事務局にご予約いただき当日に入り口でご精算いただく方法もあります。
チケットはせっかく印刷しましたからシビックチケットにおいでになれる方は是非!電話注文ですと代引きで郵送となり手数料がかかりますから、ご遠方の方は事務局枠をお薦めします。各公演50枚用意しています。

ampelmannkammermusik@gmail.com

当日券はお一人様用でいつもと同じ4000/2000(大学生以下小学生まで)です。お子様は静かに座って聴いてくれるなら年齢制限はしたくありませんが、基本的には就学児童以上です。ヴァイオリンなどを早くから習ってるお子さんをお持ちでしたらご相談ください。

今回席数が多いので満席にする為に前売り券5000円で2名様の試みなんですが、特にコンサートには独りで!を好む方が多いそうで価格差が大き過ぎるとの指摘がありました。
5000円で前売券をまず確保していただいて誰かを誘っていただく!ってプランなんですが「お一人様」の為の前売券も新たにコンサート事務局にメールでご予約いただけます。3500/1500 (学生さん)
「ぴあ」でのお一人様前売券販売ご案内も近日できると思います。
お得な5000円前売券はシビックチケットと事務局へのメール予約限定です!
今までも学生さん、特に大学生の来場は少ないんですが限定前売券は大人+学生と同じ額になります。
大人二人なら5000円券が断然お得です!
学生さんだけなら5000円の前売券にメリットはなく新たな前売券は1500円にしました。1000円ならば行かれるのに!ってブログ読者の音楽学生(または音楽好きな学生さん)はこっそりコメントください。

コントラバスから、和音の土台から流れる音楽をお楽しみに!
c0180686_08084064.jpg





















by Toruberlin | 2018-09-04 01:13 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

UNO夫妻買い物日Vol.2 AMPELMANN

c0180686_07034709.jpg
c0180686_07015134.jpg
c0180686_07010566.jpg
まずは1961年10月13日にアンペルマンが歩行者信号機として初設置されたウンター・デン・リンデンとフリードリヒ通りの交差点にあるアンペルマンメインストアでメインお土産調達中です、UNOご夫妻。
c0180686_07011488.jpg


More
by Toruberlin | 2018-08-22 23:56 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

UNO夫妻買い物日Vol.1チェントロイタリア

c0180686_06461797.jpg
月曜日(8/13) の朝、まずは晩餐のための買い出しに市場Lindenbergへ。何を仕入れたかは晩餐編をお楽しみに!
この日はUNO夫妻のお土産調達日(+のんびりとお散歩etc.)、アンペルマンとチェントロイタリアがメインです。食材仕入れの後はチェントロイタリアでブランチでした。Yちゃんが思い出した「ベルリンでやりたいこと!」のひとつだったのです。
c0180686_06460811.jpg
c0180686_06460063.jpg
前菜プレート、これで小。
c0180686_06454671.jpg
c0180686_06453230.jpg
日本へのお土産を手に入れ、一度帰宅。そしてミッテへ。
c0180686_06450529.jpg
もちろん行き先はAMPELMANN、ウンター・デン・リンデン店へ。
Yちゃんの面白写真。さすがMINI、でも肩は触れてないのが流石のヨーロッパ規格です。
c0180686_06445771.jpg











by Toruberlin | 2018-08-21 23:39 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

新宿から渋谷 4/13

c0180686_04122765.jpg
c0180686_04123576.jpg
文京シビックセンターでの信号機贈呈を終え、昼食はトンカツでした。夕方にミッテ区の姉妹都市である新宿区の吉住区長を表敬訪問しました。新宿区役所は歌舞伎町の入り口にあります。
新宿駅で1時間の自由行動をしました。みなさん買い物したいものは違う、KさんがサッカーユニやTは息子さんに必ず!なので東口のアディダス前を集合地点としました。
ミッテ区代表団は時間通りに吉住区長を区長室に訪ねました。新宿区とミッテ区は青少年交流が定期的に行われていて数日前にベルリンに戻ったばかり。そのお話を中心にお二人の副区長や関係者、コーディネート役の多文化共生推進課長との時間でした。
私はここでは通訳でしたから、そしてお願いする機会も逸し(津和野町ではつわの暮らし推進課、文京区ではアカデミー推進課の方々が私のカメラで撮影してくれたので写真がたくさんあるのです、ありがたい)吉住区長との記念写真はミッテ区カメラにはあるのですが私のところにはございません。
長い公式行事の一日を終えて、まだ宵の口。この夜の皆さんのご希望は世界一のスクランブル交差点でした。
まずは歩いてすぐの思い出横丁へ。歌舞伎町でよりもビール飲むのに良いと判断しました。
時間が早かったので座れました。餃子とビールでお疲れさま乾杯!
c0180686_04120465.jpg
c0180686_04122044.jpg
なかなかディープな横丁、一人で店に入ることは皆無なので座ったの初めてでした。
築地の牡蠣専門店、まだ開店したところでガラガラだったんですが、生牡蠣ですからドイツ人には、、、しかも旅行中。残念ながら通り過ぎました。原宿までJRに乗って表参道で買い物、そこから渋谷まで散歩がてら歩いて
c0180686_04113047.jpg


More
by Toruberlin | 2018-08-07 21:37 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)

「鷗外の縁」文京区訪問

c0180686_04123663.jpg
c0180686_03171673.jpg
c0180686_03170810.jpg
この春のミッテ区訪日は姉妹都市の津和野町と新宿区(吉住区長のご都合で夕方に新宿区庁舎に伺いました)訪問はもちろんですが「鷗外の縁」、鷗外の縁で繋がる日独3自治体の友好交流もメインテーマでした。
ミッテ区代表団は羽田経由で4/10に津和野町をまず訪れ、4月13日の11時に成澤廣修区長を文京シビックセンターに訪ねました。
私はミッテ区代表団に随行しましたが、アンペルマン日本大使としても大事な日でした。
この日「鷗外の縁」で繋がる文京区にミッテ区からアンペルマン信号機が贈呈されました。アンペルマンはミッテ区生まれ、ベルリンの目抜き通りUnter den LindenとFriedrich通りの角に1961年10月13日に初めて設置されました。鷗外は既にベルリンを去って久しかったですが、おそらく何度も渡ったであろうミッテ区にある交差点です。
c0180686_03162311.jpg
c0180686_03163081.jpg
c0180686_03165715.jpg
成澤区長のご挨拶から会は始まりました。
c0180686_03161313.jpg


More
by Toruberlin | 2018-08-06 20:21 | AMPELMANN Japan 2018 | Trackback | Comments(0)